« 2011年 神戸新聞杯 | トップページ | 隠蔽捜査 / 今野敏 »

2011年9月27日 (火)

Om Natten / Kayo

今回は、またまた珍しいスゥエーデン音楽を紹介します。
カヨ(もしかしてキャヨが正しい?)は、アフリカ系スゥエーデン人で、エキゾチックなルックスの元人気ファッションモデル。
歌も出してヒットし、人気者だったらしいです(良く知りませんw)。
モデルでは、カヨ・セルモニ(Kayo Shekoni)、歌のときのみカヨ名義です。

日本で言うと、ぴったりハマるタレントはいませんが、藤原紀香が歌も出して、ヒットしてるみたいな?
関係ないですが、以前モデルの平子理沙がテレビ番組で歌を披露して、めちゃくちゃ上手くて驚きました。
平子理沙はCD出してたんですね、知らなかった(汗)

最初、ユーロビートみたいなディスコチックな曲を出していましたが、次に1993年に出したアルバム(Kärleksland/邦題:愛の楽園)が、当時ヨーロッパを席巻していたアシッド・ジャズなアルバムでした。
1996年までには、アシッド・ジャズは下火になり、カヨもこんなアシッド・ジャズな雰囲気の曲は、このアルバム1枚となってしまいました。

このアルバム、当時のアシッド・ジャズ系のプロ、アマ含めたDJが、カヨのアルバム聞いた?え!?まだ聞いてないの?みたいな感じで、有名でしたが、一般にはさほど売れなかったんじゃないですかね?
自分はまだ、カヨがそれほど有名じゃない頃に聞いて、このアルバムは名盤だなと思いましたね。
当時カヨって知らなかったので、もしかして日本人?とか思ったりしました。

自分が知り合いのアマチュアDJに教え、その直後、彼がクラブでカヨを流して、この曲誰?って問い合わせが殺到して、ドヤ顔してたの見て、笑いました(笑)。
当時日本では、スウェーデンの音楽と言うと、世界的に有名だったアバくらいで、積極的に聞いていたのは、多かれ少なかれ、音楽関係者のみだったように思います。

しかしスウェーデン音楽を草の根で紹介する人の甲斐もあり、日本でも1995年にスウェディシュ(スウェーデン音楽)ブームになりました。
カヨは、ひと足違いで、日本のスウェディシュブームにも乗れませんでしたが、後のスウェディシュのコンピレーション・アルバムなんかには、カヨの曲が取り上げられる事もあります。

この曲は、シングルカットされた曲で、「静かな夜」って意味のタイトルらしいです。
実は5年前に、レコーディング会社のHPで、この曲のMVを見つけ、MVがあったのにビックリしました。
アルバムジャケット写真も、この曲のMVから取っています。
かなりエロいセクシーなMVで、会社PCのスクリーンセーバーで流すのを泣く泣く断念しました。
007を意識したと言うMVは、何度見てもどこが007やねんと思います(笑)。
むしろ、カヨとのデート映像(笑)。

ところが2年くらい前から、日本からこのMVを公開しているサイトへのアクセスが出来なくなりました。
海外の串経由なら、見れるような気がしますが、試していません。

YouTubeの映像は、スウェーデンの音楽番組なんでしょうね。
スウェーデンの大木凡人(似てませんw)がじゃまくさいです。
海外の音楽番組は、口パクが多いですが、この映像も残念なながら口パクです。
まあ、美しいカヨが見れるって事で(笑)。

イントロや曲中で、ビヨンビヨン言っている音は、インド楽器シタールです。
バッキングのオルガンの音が、クールです。
確証はありませんが、ハモンド・オルガンじゃないですかね?
間奏は、オルガンソロと、アナログシンセソロが、旋律、対旋律として絡んで来ます。
一種類は、オルガンのドローバー(ドローバーで音色を作ります)を適度に引いた厚みのある音、もうひとつは口笛のようなアナログシンセ音。
このシンセ音はもしや・・・ミニモーグでしょうか?

http://www.youtube.com/watch?v=RJE5n4Dykxk

この曲のセクシーなPVが、見れるようになりましたので、画像を張っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=lWi93yC5OiQ

|

« 2011年 神戸新聞杯 | トップページ | 隠蔽捜査 / 今野敏 »

Music.Kayo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467659/42069555

この記事へのトラックバック一覧です: Om Natten / Kayo:

« 2011年 神戸新聞杯 | トップページ | 隠蔽捜査 / 今野敏 »