« 平成三強物語 - 1990年 京都大賞典(京都GⅡ芝2400m) | トップページ | 平成三強物語 まとめページ »

2015年1月31日 (土)

平成三強物語外伝 - ロジータ

競馬には、あいつさえいなければ・・・と言う事は良くありますが、平成の初めに、3頭の偉大なサラブレッドが、しのぎを削って、GⅠレースを取り合った時代がありました。
これは、昭和の3強、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスになぞらえ、この3頭を平成3強と呼びました。

オグリキャップ・・・1988、1990 有馬記念、1989 マイルCS 1990 安田記念
イナリワン・・・1988 東京大賞典(大井)、1989 天皇賞春 1989 宝塚記念 1989 有馬記念
スーパークリーク・・・1988 菊花賞、1989 天皇賞秋、1990 天皇賞春

今回は、間違えなく公営最強牝馬、そしてもしかすると公営歴代最強馬にも挙げられる伝説の牝馬、ロジータについて書きます。

ロジータの父は、イナリワンと同じミルジョージ。
ミルジョージの父は、英ダービー(エプソムGⅠ芝12F約2414m)、キングジョージ(アスコットGⅠ芝12F約2414m)、凱旋門賞(ロンシャンGⅠ芝2400m)勝ちの名馬、ミルリーフ。
ミルジョージはアメリカで走り、4戦2勝と凡庸の成績ながら、名馬ミルリーフの仔と言う事で、1970年代後半から日本で種牡馬として供用されるようになり、この時期、南関東公営でもロッキータイガーやイナリワン等、一流馬を輩出していました。

この当時他にも、オサイチジョージ、翌年にはエイシンサニーと活躍馬を出し、ミルジョージの血統が爆発していました。

母はメロウマダングで、競争成績は4戦3勝。
繁殖に入り、最初の産駒は競争馬デビュー出来ず、次がこのロジータでした。
通算10頭産んで、8頭が競争馬デビューし、分かる範囲で7頭が1勝以上、ロジータ以外にも重賞勝ち馬を出す優秀さ。

生まれた高瀬牧場の片隅に、百合の1品種、ロジータが咲いていたため、それを馬名にしました。
ロジータは本格化してからは非常に後肢の力が強く、馬房で暴れた際には天井の板を蹴破って壊したこともあったそうです。
所属厩舎は、川崎競馬の福島幸三郎。
この時点での調教師成績は、調べましたが分かりませんでした。

主戦騎手は、野崎武司。
1979年11月デビューでしたが、初勝利は翌年2月、ここまで重賞勝利がない地味な騎手。
当時川崎には、後に前人未到の通算7151勝する当時から生ける伝説の騎手、佐々木竹見もいましたが乗り変わる事なく、引退までずっと野崎騎手がパートナーとして騎乗し続けました。

デビューは1988年10月7日、川崎競馬場の新馬戦、不良馬場のダート900mで、1番人気に応え、2馬身差で優勝しました。
10月25日、川崎競馬場の2歳(※1)条件戦、良馬場のダート1400mで、キタサンコールに0.7秒も離された2着。
11月20日、川崎競馬場の2歳カトレア特別、良馬場のダート1400mで、1番人気に応え、2着レピユートに0.4秒差をつけ優勝。


12月14日ロジータは、南関東の2歳牝馬最強決定戦、重賞の東京3歳優駿牝馬(大井重賞ダート1600m※2)に出走しました。
ちなみに当時の公営競馬では、中央競馬と異なりグレード制はなく、何段階かの条件戦、重賞の区別しかありませんでした。

1番人気は当時、大井の帝王と呼ばれた騎手、的場文男のエスエスレデイー。
新馬2着以降2連勝中で、的場人気もあったでしょう。
2番人気は、南関東で毎日騎乗していると言われて、前年から年間200勝越えの南関東のトップジョッキー、石崎騎手のフジノダンサー。
ここま6戦3勝でしたが、前走は2歳重賞の星雲賞で、牡馬に交じって出走し、5着と健闘。
さらにこちらも、石崎人気もあったでしょう。
3番人気がロジータ。
このレースは映像もなく、レース展開情報もありませんので結果を書きますが、上記人気通りの着順でした。

1着 エスエスレデイー 1:44.5
2着 フジノダンサー 2 1/2
3着 ロジータ クビ

2歳時は、4戦2勝とまあまあですが、ミルジョージ産駒はおおむね、奥手の傾向がありました。
2歳早くから勝ちまくる産駒は、少なかったです。
また休み明けに強く、使い減りする産駒も多かったですが、逆に連闘にもへこたれないタフな産駒も、少ないですがいました。


翌1989年1月3日ロジータは、中2週で浦和競馬場の3歳重賞、ニューイヤーC(浦和重賞ダート1600m)に牡馬と混じり出走しました。

1番人気はここまで8戦4勝の牡馬で、前回川崎の2歳最強決定戦、全日本3歳優駿(※2)3着で、これが評価されたと思われます。
2番人気は東京3歳優駿牝馬(※2)3着のロジータ。
3番人気はここまで5戦2勝の牡馬で、前走船橋の2歳重賞、平和賞で2着のガバナーホウリユウ。

このレースも映像もなく、レース展開情報もありませんので結果を書きます。

1着 ロジータ 1:41.1
2着 クインスワロー 1
3着 マクシミリアン 1 1/2

ロジータも鞍上の野崎騎手も、併せて重賞初勝利しました。
ちなみに父ミルジョージの特徴の1つに、連闘など間隔を詰めて使うと活躍する特徴がありました。
反面、使い減りしやすいので、何度も同じ手を使うと、馬が潰れましたが。


2月8日ロジータは、中4週で大井競馬場の3歳重賞、京浜盃(大井重賞ダート1700m)に牡馬と混じり出走しました。

1番人気はここまで5戦2勝ながら、前走大井競馬のオープン競争勝ちのトウケイグランデイ。
2番人気はここまで7戦3勝で、前走全日本3歳優駿(※2)勝ちのミルユージ。
3番人気はここまで4戦3勝2着1回と、連対率100%で、前走東京3歳優駿牝馬(※2)勝ちのエスエスレデイー。

6番人気ロジータは前走重賞勝ちでしたが、グレードの低い重賞でしたし、南関東競馬では大井より格下に見られていた浦和で勝利しても、大井競馬で通用するか疑問に思われていたのでしょう。
このレースも映像もなく、レース展開情報もありませんので結果を書きます。

1着 ロジータ 1:50.5
2着 トウケイグランデイ 1/2
3着 ダイカツペーサ 4

年開けて本格化したロジータが、重賞2連勝。
奇しくもこの後ライバルとなる牡馬、トウケイグランデイとの初対決を制しました。


4月4日ロジータは、中8週と間隔をあけて、南関東牝馬クラッシックの浦和競馬場の3歳牝馬重賞、浦和桜花賞(浦和重賞ダート1600m)に出走しました。

1番人気はここまで6戦4勝で、重賞2連勝中のロジータ。
前走牡馬混合の大井の重賞で、2歳牡馬チャンピオンと、2歳牝馬チャンピオンを負かしたので人気になったのでしょう。
2番人気はここまで8戦5勝、3連勝中の川崎競馬所属ケイシユウマドンナ。
3番人気はここまで5戦3勝、地元浦和競馬所属、ゴールドメロデイ。
これは鞍上の生ける伝説の騎手、佐々木竹見人気もあったでしょう。

逃げたのは2番人気ケイシユウマドンナ、2番手は3番人気ゴールドメロデイ、3番手リアルトーク。
ロジータは5番手の中団。
ゴールドメロデイは、先頭に立とうとケイシユウマドンナの外から被せて行きますが、ケイシユウマドンナはコーナーを利して先頭を譲らず。
2コーナー回り、向こう正面で先行グループは、早くも仕掛けて上がって行きました。
中でもロジータは脚色良く、3コーナーからひとまくり、先頭に並びかけます。
4コーナー手前では、大外を回ったのに、危なげなく先頭に立ち、後続からは何も来ません。
一度は後退するかに見えたケイシユウマドンナは、直線で再び盛り返しますが、ロジータに追いつけません。
後退したゴールドメロデイに代わり、リアルトークが追いかけますが、ケイシユウマドンナさえ交せそうにありません。

1着 ロジータ 1:41.7
2着 ケイシユウマドンナ 2 1/2
3着 リアルトーク 2

着差以上に、ロジータの楽勝でした。
しかも目いっぱいの競馬ではなく、直線余裕さえありました。


5月10日ロジータは、中4週で南関東牝馬クラッシックへは進まず、牡馬クラッシック第1弾、大井競馬場の羽田盃(大井重賞ダート2000m)に出走しました。
羽田盃は、中央競馬で言うと皐月賞(中山GⅠ芝2000m)に当たります。

1番人気はここまで7戦5勝で、重賞3連勝中の紅一点、ロジータ。
2番人気は7戦3勝2着4回で、前走大井競馬場の重賞、黒潮杯に勝利したトウケイグランデイ。
3番人気はここまで4戦3勝、前走黒潮杯で3着のホクテンホルダー。
多分に鞍上の大井の帝王、的場騎手人気もあったでしょう。

逃げたのはホクテンホルダー、2番手リバテイリツチ、3番手カツノオーザー。
その後黒潮杯カゴヤツヨシが2番手に上がりました。
トウケイグランデイは中団で、すぐ後ろにロジータが付けました。

3コーナーまで淡々と進み、3-4コーナーで先頭グループは勝負どころと追い出します。
トウケイグランデイもロジータも、じっと中団のまま。

直線向いて、逃げたホクテンホルダーが粘りますが、中団から凄い脚でトウケイグランデイとロジータが上がって来ます。
残り150m、先頭を捉えたトウケイグランデイの鞍上、本間茂騎手は勝ったと思ったかも知れません。
しかしロジータの脚色が勝ります。
ロジータは残り50mでトウケイグランデイにならびかけ、1/2馬身ねじ伏せゴール。
3着は逃げ粘ったホクテンホルダー。

1着 ロジータ 2:10.2
2着 トウケイグランデイ 1/2
3着 ホクテンホルダー 2 1/2

トウケイグランデイは完璧な騎乗でしたが、それでもなおロジータに敵いませんでした。
羽田盃の牝馬優勝は、1981年のコーナンルビー以来2頭目。


6月8日ロジータは、中3週で牡馬クラッシック第2弾、大井競馬場の東京ダービー(大井重賞ダート2400m)に出走しました。
東京ダービーは、中央競馬で言うと日本ダービー(東京GⅠ芝2400m)に当たります。
日本ダービーと同じく、南関東公営所属馬全ての、最大目標のレースです。

1番人気はここまで8戦6勝で、重賞4連勝中の紅一点、ロジータ。
2番人気は8戦3勝2着5回で、前走羽田盃2着のトウケイグランデイ。
3番人気はここまで5戦3勝3着2回、前走羽田盃3着のホクテンホルダー。

逃げたのはこのレースもホクテンホルダー、2番手競ってキクカグツトラツク、3番手離れた後方マンリーケープ。
このレースではトウケイグランデイは5番手と先行、ロジータは中団よりやや後ろ。
ホクテンホルダーはその後ペースを落とし、正面スタンド前ではハツピイージエイクが上がり3番手。
2コーナー回る頃には、スピードの違いか、ロジータはスムーズに先行グループのすぐ後ろに進出。
3-4コーナーで仕掛け、4コーナーでは逃げたホクテンホルダーの大外からロジータが被さって来ました。

直線向くと、ロジータは余裕の手応えで、手綱を押さえていてもホクテンホルダーを交す勢い。
この2頭は脚色違い、後方を離す一方。
残り200mでロジータが追い出すと、あっさりホクテンホルダーを交し、3馬身突き放してゴール。
2着は粘ったホクテンホルダー、3着は追い込んで来たマンリーケープ。

1着 ロジータ 2:40.9
2着 ホクテンホルダー 3
3着 マンリーケープ 1

ロジータは全く危なげない競馬でした。
牝馬による牡馬2冠は、南関東競馬史上初。
恐らく父ミルジョージのステイヤー血統で、距離伸びてますます力を発揮したのでしょう。
王位の帝王、的場文男騎手のトウケイグランデイは2着。

現在も的場文男騎手は東京ダービーを勝てず、現在まで32回挑戦してこのレース含め最高が2着8回。
この事は大井競馬の不思議と呼ばれています。

ちなみに過去には、的場騎乗のマルゼンアデイアル、ナイキジャガーは羽田盃圧勝後、故障で東京ダービーに出走出来ず。
羽田盃で単勝1.0倍と、圧倒的人気を集めたベルモントドリームは、羽田盃競走中骨折、予後不良となりました。
東京ダービー単勝1.1倍のブルーファミリーは、的場騎手には珍しくスタートで出遅れ、良いところなく5着。
呪われているとしか思えません。

トウケイグランデイは見せ場なく、後方のまま8着。
この時点では、距離が長かったとも、差し馬なのに先行した騎乗ミスとも言われました。


7月12日ロジータは中4週で、人気投票で選出され出走出来る川崎競馬場の重賞、報知オールスターカップ(川崎重賞ダート1600m)に出走しました。
川崎競馬では重賞ですが、当時の賞金1千4百万円。
大井競馬の重賞の半分以下の賞金で、大井競馬ならオープン特別程度の賞金。
もしロジータが大井競馬所属なら出走したでしょうか?

1番人気は3歳牝馬で、古馬との初対戦ながら、ここまで9戦7勝で重賞5連勝中のロジータ。
しかも牝馬で史上初、牡馬クラッシックの羽田盃、東京ダービー2冠です。
2番人気は一昨年東京ダービー優勝のウインドミル。
3番人気は前走かしわ記念(船橋重賞ダート1600m)4着のシヤインジヤガー。

逃げたのは2番人気のウインドミル、2番手ニシケンキング、3番手シヤインジヤガー。
生ける伝説の騎手、佐々木竹見騎乗の牝馬、ダイタクジーニアスは4番手。
ロジータはスタートは良かったですが、中段に付けました。
残り3Fから競馬が動いて、2番手ニシケンキングがウインドミルの外に被せて来ました。
ロジータも馬なりで、大外を上って行きました。
ダイタクジーニアスも3-4コーナー中間から手を動かし、上って行き、インコースを突きました。

直線向いて、ニシケンキングは力尽きて脱落。
先頭のウインドミルに、インコースからダイタクジーニアス、大外からロジータが襲いかかります。

一度はロジータが先を行くダイタクジーニアスに迫りましたが、ゴール前で力尽き、1馬身差つけられました。

ダイタクジーニアスが1987年東京プリンセス賞、1988年キヨフジ記念(現エンプレス杯)、1988年浦和記念に続いて重賞4勝目。
コースロスなく、インコースを突いたのが1つの勝因ではありましたが、佐々木竹見の卒のない騎乗、直線での腕っ節も大きかったでしょう。
残念ながらロジータは、古馬との初対戦で敗れました。
3着は良く粘ったウインドミル。

1着 ダイタクジーニアス 1:41.9
2着 ロジータ 1
3着 ウインドミル 1/2

ロジータはステイヤー血統の父ミルジョージと言う事もあり、ダート1400mは距離不足と言う事もあったでしょうね。


9月17日、かねてからの予定通り、ロジータは中央競馬の芝の交流レース、オールカマー(中山GⅡ芝2200m)に出走します。
当時このレースは、数少ない中央競馬と公営競馬の交流レースで、かつこのレースの公営最先着馬がジャパンカップの出走権を得られるレースでもありました。

このレースについては、平成三強物語 - 1989年 オールカマー(中山GⅡ芝2200m)に簡単に書いていますので、こちらを参照願います。
公営川崎所属馬ながら、3番人気に支持されましたが、5着に敗れました。
1着は怪物オグリキャップでしたし、出走した公営馬では最先着して、ジャパンカップの出走権を得ました。


11月3日にロジータは、南関東公営の牡馬三冠最終戦、東京王冠賞(大井重賞ダート2600m)に出走します。
次走はジャパンカップ出走を予定していたロジータでしたが、南関東公営史上初の牝馬による牡馬2冠馬も、怪物オグリキャップを負かせるとは思っていなかったでしょう。
このレースの方が、気合が入っていたと思います。

1番人気はここまで重賞5勝、南関東史上初の牝馬の牡馬クラッシック2冠馬、ロジータ。
2番人気は羽田盃(大井重賞ダート2000m)2着馬、トウケイグランデイ。
前走は、古馬混合のおおとり賞(大井オープンダート2000m)で54kgを背負い、3着と好走しています。
3番人気はおおとり賞(大井オープンダート2000m)で50kgを背負い、2着のマンリーケープ。

スタートして今日はトウケイグランデイが積極的に逃げました。
2番手はゴールデンブロウで、外からトウケイグランデイを抜いて先頭に立とうと、並びかけます。
3番手は間が空きマンリーケープ。
ロジータは中段よりやや後方。
スタートからの1000mは、およそ1分4秒7くらい。

1コーナー過ぎた頃には馬なりで、ロジータが中段まで進出しました。
2コーナー過ぎ、向こう正面ではロジータが先団のすぐ後ろまで進出しました。
3コーナーでは先頭グループ後方、4番手まで進出して、ゴールデンブロウはここで脱落して後退。
4コーナーでは、代わって2番手に上ったマンリーケープの外に、並びかけました。

直線向いて、野崎騎手がロジータを追い出すと、最初モタモタしますがすぐに伸び、残り200mで先頭のトウケイグランデイに並びかけます。
マンリーケープはインコースを突き、これまたトウケイグランデイに迫りました。
ロジータがトウケイグランデイをねじ伏せるように、3/4馬身突き放してゴール。

ロジータが牝馬にして、南関東牡馬公営三冠に輝きました。
これは後にも先にも、ロジータしか達成していません。

1着 ロジータ 2:53.0
2着 トウケイグランデイ 1
3着 カゴヤツヨシ ハナ

ちなみに、南関東の牡馬三冠はその後レース体系を変え、東京王冠賞は廃止。
1999年から南関東の牡馬三冠は、羽田盃(大井SⅠダート1600m・・・現在はダート1800m)、東京ダービー(大井SⅠダート2000m)、ジャパン・ダート・ダービー(大井GⅠダート2000m)となりました。
SⅠと言うのは、南関東公営内のみのGⅠレースのようなものです。
JRA、そして海外から見ると、グレードなし重賞競争の扱いとなります。
ジャパン・ダート・ダービーのみ、他場公営所属馬、JRAが参戦出来るため、日本国内ではGⅠとなります。
しかしジャパン・ダート・ダービーも、外国馬が参戦出来る国際競争ではないため、世界から見るとGⅠレースの認識ではなく、グレードなし重賞競争の扱いとなります。

JRAがダートにも力を入れると、たちまちJRAに追い越され、1999年から制定されたジャパン・ダート・ダービーで、公営所属馬の優勝は16回中4回しかありません。
2011年に、牝馬のクラーベセクレタが羽田盃、東京ダービーを制してロジータ以来の2冠に輝きましたが、ジャパン・ダート・ダービーでJRA勢に敵わず3着に敗れました。

11月26日にロジータは、中央競馬のジャパンカップ(東京GⅠ芝2400m)に出走します。
このレースは、平成三強物語 - 1989年 ジャパンカップ(東京GⅠ芝2400m)後編に詳しく書いていますので、こちらを参照願います。

ホーリックスが驚異的ハイペースで、ジャパンカップ史上初、ニュージーランド馬の優勝。
しかも芝2400mの驚異的世界レコードのおまけまでつきました。
アタマ差迫った怪物オグリキャップがタイム差なく2着。
驚異的ハイペースについて行けなかったロジータは、終始後方のまま、最下位15着に敗れました。
ロジータのタイムは、2分26秒9ですから、中央競馬の芝2400mの重賞なら、悪くない時計です。


12月29日にロジータは、公営競馬の最高額賞金レース、東京大賞典(大井重賞ダート2800m)に出走しました。
東京大賞典は、中央競馬の有馬記念のようなレースです。
昨年までダート3000mの競争でしたが、この年からダート2800mに短縮されました。
その後1998年には、ダート2000mに改められます。
現在は他場公営所属馬、JRA、外国馬が参戦出来るため、国際的にもGⅠ認定ですが、この当時は南関東所属馬しか出走出来ない重賞でした。

1番人気は何と、大井の帝王、的場文男騎手を鞍上に、岩手盛岡競馬の強豪、3歳牡馬スイフトセイダイ。
このレースのために、大井競馬の福永二三厩舎に転厩して来ました。
2歳時は9戦9勝で、岩手競馬2歳チャンピオンに輝き、開け3歳は最初の2戦共に2着に敗れますが、その後敵なく6連勝し、古馬混合の不来方賞(盛岡重賞ダート1900m)、他場公営所属馬交流重賞のダービー・グランプリ(水沢重賞ダート2000m)を含む、重賞4勝。
ここまで17戦15勝2着2回と、完璧な競争成績です。
ダービー・グランプリは、他場公営所属3歳馬が参加可能な交流重賞として、1986年に制定されましたが、当初は南関東大井勢に敵いませんでした。
この年、1989年にスイフトセイダイが、岩手競馬所属馬として初優勝しました。
当時の岩手競馬はレベルが高く、グレートホープと言う強い馬もいましたが、この頃のスイフトセイダイには敵いませんでした。
岩手競馬ではこの頃を、スイフトセイダイ、グレートホープの頭文字を取って、SG時代と言います。
人気でも分かる通り、スイフトセイダイは牡馬と言う事もあり、下馬評はロジータより高かかったです。

2番人気は牝馬でここまで重賞6勝、南関東牡馬3冠に輝いたロジータ。
ロジータの勝ったレースは、ここまで時計が良くなく、かつ強いライバルもいませんでした。

離れた3番人気は、春に金杯(大井重賞ダート2000m)優勝、秋に東京記念(大井重賞ダート2400m)優勝のスーパーミスト。

ちなみに自分、このレースは大井競馬場のスタンドで見ていました。
パドックで初めて見たスイフトセイダイは、550kgを越す雄大な馬体でしたが、その割にはバランスが良かったです。
しかし自分の競馬の師匠との意見が一致したのは、一流馬としては少し太い・・・でした。
残念ながら当時、レベルの高かった大井競馬でも、太い馬は結構いました。

ゲートが空いて、スーパーミスト、トウケイグランディが逃げようとしますが、外から押しつけてスイフトセイダイが逃げました。
2番手は先頭を譲ったスーパーミスト。
3番手は同じく、競り合う事を避けたトウケイグランディ。
ロジータは先団グループのすぐ後ろ、4-5番手を追走しています。

最初の直線向いて、スタートからの1000mがおよそ1分4秒ですから、当時の大井競馬としてはややペースは速いです。
そこにスーパーミストが絡んで来て、逃げたスイフトセイダイは、並みの馬なら直線まで持たないだろうと思いました。
いくら岩手で活躍したからと言って、この辺は大井競馬の意地もあったでしょうね。
ロジータはトウケイグランディの外、4番手に上りました。

3コーナーまで逃げるスイフトセイダイに、スーパーミストが外から絡み、レースを見ていた自分はこの時点で、スイフトセイダイはダメだろうと思いましたね。
3コーナー過ぎからスイフトセイダイがペースを上げ始めますが、スーパーミストもついて行き、併走します。
ロジータはトウケイグランディを交わし、3番手に上りました。
スイフトセイダイの鞍上的場騎手は、手ごたえが良かったのか、2度も後ろを振り返る余裕。

4コーナー周り、競ったスーパーミストの方が手応え悪く、スイフトセイダイが追い出し突き放しました。
もしかすると一瞬、的場騎手は勝ったと思ったかも知れません。
ペースについてゆけなかったか、後方から何も来ません・・・ただ1頭、ロジータを除いては。

歴戦の古馬含む、他馬が直線でもがく中、先頭に立ち懸命に追うスイフトセイダイを馬なりでロジータが交わし、残り200m手前で先頭。
その後スイフトセイダイとの着差を広げ、4馬身差の楽勝。
2着は厳しい競馬を逃げ粘ったスイフトセイダイ。
3着は後方から追い込んで来た船橋のプリンス、コリムプリンス。

1着 ロジータ 2:53.0
2着 スイフトセイダイ 4
3着 コリムプリンス 1 1/2

もしもスーパーミストが終始絡まなければ、どんな結果になっていたでしょう?

スイフトセイダイはこの翌年、岩手競馬場に戻り5戦3勝2着2回と活躍、新潟競馬場に転戦し東北サラブレッド大賞典(新潟重賞ダート1800m)に優勝。
返す刀で、大井競馬に挑戦しますが、グランドチャンピオン2000(大井重賞ダート2000m)、東京大賞典(大井重賞ダート2800m)とも北関東から転籍して来ていたダイコウガルダンに敗れ2着。
大井競馬で重賞勝利はなりませんでしたが、敗れたのは当時、ダートを走らせたら日本一だったかも知れないダイコウガルダン。
この当時のスイフトセイダイは、間違えなく日本のダートでは有数の強豪でした。

このレースの戦前疑問視されたロジータの実力は、それを上回る、文句なしの超一流でした。


明け1990年2月12日、ロジータは引退レースとして、川崎記念(川崎重賞ダート2000m)に出走します。
ちなみに川崎記念は、この年から全国公営競馬の交流レースとなりました。

1番人気はもちろん、ここまで14戦9勝、重賞7勝のロジータ。
2番人気は笠松から遠征して来たイーグルジャム。
東海公営で1989年マーチC(笠松重賞ダート1900m)、1989年東海大賞典(笠松重賞ダート1900m)、1989年ウインター争覇(笠松重賞ダート1900m)の重賞3勝しています。
3番人気は前走条件戦勝利のダービーラウンド。

逃げたのはダービーラウンド。
2番手はイーグルジャム、3番手は生ける伝説の騎手、佐々木竹見騎乗のワールドプラツク。
先団グループと後方グループの2つに分かれ、ロジータは後方グループの前につけました。
最初の直線では、ワールドプラツクが2番手に上りました。
イーグルジャムは控え、後方グループに付け3番手。
3コーナーからロジータが上って行き、ワールドプラツクを交わし、逃げるダービーラウンドの外に付け、4コーナー手前では併走から先頭に出ました。
ダービーラウンドは追いますが、ロジータは馬なりのまま後方を離します。
そのまま直線300mと短い直線だけで、8馬身差を付けて優勝。

2着は逃げ粘ったダービーラウンド、3着直線追い込んだイーグルジャム。
ロジータは、相手関係がかなり楽だったとは言え、ぶっ千切りで勝ちました。

1着 ロジータ 2.10.0
2着 ダービーラウンド 8
3着 イーグルジャム 5


前述のダイコウガルダンが、北関東宇都宮競馬場、東北上山競馬場と転戦して活躍し、1990年に大井競馬場の高岩隆厩舎に転厩して本格化すると、手がつけられないような強さとなりました。
さらに翌年の1991年にはイナリワンの同期、チャンピオンスターが復調して、これまた手がつけられないような強さとなりました。
もしロジータが現役を続けたら、いずれが強かったか、興味は尽きません。

この後繁殖牝馬となり、15頭中14頭が競争馬となり、1勝以上が12頭と、コンスタントに活躍馬を出しました。
カネツフルーヴの2002年帝王賞(大井GⅠダート2000m)で重賞およびGⅠ初制覇します。
初仔のシスターソノは繁殖牝馬としても成功し、ダービー・グランプリ(盛岡GⅠダート2000m)、川崎記念(川崎GⅠダート2100m)、JBCクラシック(大井GⅠダート2000m)とGⅠ3勝のレギュラーメンバーを輩出しました。


これを持ちまして、平成三強物語は、全て終了となります。
1987年頃から、1990年頃までの、JRA、公営競馬を含めた主な日本の競馬について、ほぼ語れたと思います。
長い間、お付き合いありがとうございました。

|

« 平成三強物語 - 1990年 京都大賞典(京都GⅡ芝2400m) | トップページ | 平成三強物語 まとめページ »

H3001.伝説の名レース」カテゴリの記事

H3101.平成三強物語」カテゴリの記事

H3105.平成三強物語外伝」カテゴリの記事

H3111.ロジータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467659/58763496

この記事へのトラックバック一覧です: 平成三強物語外伝 - ロジータ:

« 平成三強物語 - 1990年 京都大賞典(京都GⅡ芝2400m) | トップページ | 平成三強物語 まとめページ »