« You are the flower / TOTO | トップページ | ポリリズム / Perfume »

2015年4月19日 (日)

2015年 皐月賞

4月19日は、3歳牡馬クラッシックGⅠレース、皐月賞(中山GⅠ芝2000m)が行われました。

1-1 ブライトエンブレム(牡3、田辺裕信・小島茂之)
2-2 ドゥラメンテ(牡3、M.デムーロ・堀宣行)
2-3 スピリッツミノル(牡3、酒井学・本田優)
3-4 ワンダーアツレッタ(牡3、柴田大知・河内洋)
3-5 リアルスティール(牡3、福永祐一・矢作芳人)
4-6 タガノエスプレッソ(牡3、菱田裕二・五十嵐忠男)
4-7 キタサンブラック(牡3、浜中俊・清水久詞)
5-8 サトノクラウン(牡3、C.ルメール・堀宣行)
5-9 ミュゼエイリアン(牡3、柴山雄一・黒岩陽一)
6-10 ベルーフ(牡3、戸崎圭太・池江泰寿)
6-11 ダノンリバティ(牡3、岩田康誠・音無秀孝)
7-12 ベルラップ(牡3、三浦皇成・須貝尚介)
7-13 コメート(牡3、嘉藤貴行・土田稔)
8-14 クラリティスカイ(牡3、横山典弘・友道康夫)
8-15 ダノンプラチナ(牡3、蛯名正義・国枝栄)

単勝人気は、以下の通りです。

①サトノクラウン 3.1
②リアルスティール 3.8
③ドゥラメンテ 4.6
④キタサンブラック 9.7
⑤ダノンプラチナ 10.3

父サンデーサイレンス系は8頭!?内ディープインパクト系2頭、全兄のブラックタイド系3頭。
ブラックタイドは賢弟ほど活躍しなかったので、種付け料安いでしょうしね・・・競馬はブラッドスポーツ、こうして活躍馬を出すのは素晴しい事です。

母父サンデーサイレンス系は3頭で、出走馬15頭中、11頭にサンデーサイレンスの血統が入っています。
普通なら、キングカメハメハ産駒2頭(母父含むと3頭)と言うのも凄いんですけどね。

個人的には、ミュゼエイリアンの父、スクリーンヒーローと言うのが渋くて良いですね。

ワンダーアツレッタの父、エンパイアメーカーはアメリカで活躍しましたが、2011年から日本軽種馬協会静内種馬場で供用されています。
日本軽種馬協会の場合、種付け料が安い利点がありますが、そのため良い牝馬が集まらず、種馬の評価を下げてしまうように思います。
エンパイアメーカー産駒には、活躍して欲しいものです。
ワンダーアツレッタの母父、キンググローリアスも日本軽種馬協会静内の種牡馬でした。

ちなみにキンググローリアスは、サンデーサイレンスと同期で、イージーゴア、オウインスパイアリングと共に、この年代の4強の1角と目されていました。
キンググローリアス産駒が活躍しなかったのは、日本軽種馬協会と言うのもあったでしょうが、サンデーサイレンスの種牡馬成績が凄過ぎて、良い牝馬がサンデーサイレンス系に集まっちゃったせいでしょう。

小雨は降ったものの、馬場に影響を与える程でなく、良馬場。
素人目には、全く雨の影響はないように見えました。
しかしレース後の、岡部元騎手の弁によると、これくらいの雨量でも、切れを身上とする馬には切れを鈍らせるんだとか。

ゲートが開いて、サトノクラウンはダッシュがつかず後方。
逃げると思われていたスピリッツミノルもダッシュがつかず。
馬なりにワンダーアツレッタが先頭に立つかと思いきや、行き脚の良いキタサンブラックが交し、その外から強引にクラリティスカイが交して逃げました。
2番手キタサンブラック、3番手ワンダーアツレッタ。
1番人気サトノクラウンは後方、2番人気リアルスティールは中団前目、3番人気のドゥラメンテは後ろから3頭目。

スタートの3F(600m)は35.2、1000m通過が59.2。
先週の桜花賞とは異なり、ハイペースです。
しかしレースのペースを見ると、800m過ぎくらいから1F(200m)12秒台に落とし、クラリティスカイは逃げ切る気満々だったのが伺えます。
そのせいか、馬群はそれほど長くならず、3コーナー手前には馬群が詰まって来ました。
3番人気のドゥラメンテは、進出して中団馬群に入れました。
それでも1番人気サトノクラウンは、行き脚が良くなく、まだ後方のまま。

4コーナー手前には、後方にいた馬が仕掛けて前に進出しました。

4コーナー回る際に、後方馬群が割れた事もありますが、追い出したドゥラメンテが大きく外に振られ斜行。
ドゥラメンテ自体は、他馬に接触しませんでしたが、タガノエスプレッソ、ベルラップ、ダノンプラチナの進路を妨害してしまいました。
サトノクラウンも影響があったように思いますが、審議対象ではなかったので、問題なしと判断されたのでしょう。

万全の乗り方のリアルスティールとキタサンブラックが伸びて、逃げるクラリティスカイを交して先頭に立ちました。
リアルスティールとキタサンブラックが競り合い、リアルスティールが競り潰したところ、後方から凄い脚で鹿毛の馬が飛んで来て、リアルスティールを並ぶ間なしに交し、1馬身1/2差をつけ勝ちました。
一瞬何が起こったか分かりませんでしたが、アナウンスで斜行したドゥラメンテが優勝したと、やっと気づく始末(苦笑)。

2着は完璧な乗り方も、豪脚に屈したリアルスティール、3着はこちらも完璧な乗り方だったキタサンブラック。

ドゥラメンテは、未勝利、セントポーリア賞と、ぶっちぎり圧勝で共同通信杯(東京GⅢ芝1800m)で1番人気になりましたが、リアルスティールに敗れ人気を落としていました。
皐月賞を勝った後、調べて気付いたのですが、共同通信杯は道中気負っていたそうで、本来のレースが出来なかったんだそうです。

レースのビデオを見ると、道中は鞍上ミルコ・デムーロが、馬の行く気に任せ、リラックスさせて走らせているように見えます。
それが最後の、笑っちゃうような鬼脚になったのでしょう。
通常あんな脚は、実力の劣る相手でなければ見せられないものですけどね。
この馬は気難しいのが難点だそうですが、母系は3代がGⅠホース、父は人気種牡馬のキングカメハメハと超良血。

2着のリアルスティールも立派で、もしこのまま勝ったなら、強い勝ち方だったのですが、それを子ども扱いして勝つ馬がいるなんて・・・
ドゥラメンテにまともに走られて敵(かな)う相手はいるのでしょうか?
次走のダービーも制して、凱旋門賞に駒を進めて欲しいものです。

サトノクラウンは行き脚悪く、直線も弾けず6着。
どうしちゃったのでしょうか?
脚質はダービー向きと思いますので、巻き返して欲しいものです。

1着 ドゥラメンテ 1:58.2
2着 リアルスティール 1 1/2
3着 キタサンブラック 2 1/2


|

« You are the flower / TOTO | トップページ | ポリリズム / Perfume »

H8015.2015年 JRA GⅠレース」カテゴリの記事

コメント

ダンシングブレーヴを彷彿させる物が違う豪脚でしたね。さすがにドゥラメンテも何度も再現できるとは思いませんが、ロンシャンへの夢をもたせてくれて嬉しいですよ。
ダービーで本物であることを証明してほしいですね。
ダービーが待ち度しいです。。

投稿: シーバード | 2015年4月20日 (月) 09時19分

シーバードさん、コメントありがとうございます。

>ダンシングブレーヴを彷彿させる物が違う豪脚でしたね

1986年凱旋門賞に例えると、キタサンブラックがトリプティク、リアルスティールがベーリング、豪脚で差し切ったドゥラメンテはダンシングブレーヴみたいでしたね。
ハイペースで、後方に控えていたとは言え、次元の違う脚色でした。

ダービーでもあの脚を見たいですね。
もし超スローになっちゃったら、末脚不発というのも考えられますが・・・

投稿: 醍醐 | 2015年4月20日 (月) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467659/59701530

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 皐月賞:

« You are the flower / TOTO | トップページ | ポリリズム / Perfume »