« 2015年 天皇賞春 | トップページ | 2015年 かしわ記念 »

2015年5月 7日 (木)

2015年 羽田盃

4月22日、大井競馬場で、南関東公営競馬の3歳の3冠レース第1弾、羽田盃(大井SⅠダート1800m)がありました。
羽田盃は、南関東公営限定のレースで、統一グレード競争ではありません。
中央競馬だと、皐月賞になります。

すいません、レポートするのを忘れてました。

1-1 ジャジャウマナラシ(牡3 田中学、小久保智)
1-2 コンドルダンス(牡3 本橋孝太、斉藤敏)
2-3 ドライヴシャフト(牡3 真島大輔、荒山勝徳)
2-4 クラバズーカー(牡3 森泰斗、田辺陽一)
3-5 ウインバローラス(牡3 岡部誠、河津裕昭)
3-6 レーザー(牡3 楢崎功祐、三坂盛雄)
4-7 ヴェスヴィオ(牡3 吉原寛人、鈴木啓之)
4-8 ルコンポゼ(牡3 赤岡修次、的場直之)
5-9 アヴァンシア(牡3 柏木健宏、佐野謙二)
5-10 アロマベール(牡3 矢野貴之、藤田輝信)
6-11 オウマタイム(牡3 左海誠二、林正人)
6-12 ラッキープリンス(牡3 今野忠成、小久保智)
7-13 ストゥディウム(牡3 石崎駿、矢野義幸)
7-14 イナズマアリオーン(牡3 増田充宏、加藤誠一)
8-15 パーティメーカー(牡3 的場文男、小久保智)
8-16 フラットライナーズ(牡3 繁田健一、林正人)

1番人気は、前走京浜盃(大井SⅡダート1700m)を8馬身差圧勝したオウマタイム。
2番人気は京浜盃は11着惨敗も、前々走ハイセイコー記念をオウマタイムを破って優勝したストゥディウム。
3番人気は、京浜盃3着のヴェスヴィオ。

逃げ争いをしますが、コーナーを利して逃げたのはドライヴシャフト。
2番手ヴェスヴィオ、3番手オウマタイム。
ストゥディウムは、中団後方。
1コーナー過ぎには、ヴェスヴィオを交してオウマタイムが上がりました。
スタートからの3F(600m)のタイム38.4と、ペースはやや遅目。

向こう正面では、オウマタイムが仕掛け、逃げているドライヴシャフトを交しにかかります。
ドライヴシャフトは鞭打って抵抗しますが、3コーナーには交されオウマタイムが先頭に上がりました。

3-4コーナーには、オウマタイムが後続を5馬身引き離します。
4コーナー回り、先行していたヴェスヴィオ、ラッキープリンスが追いかけますが、差が縮まりません。
中団からがストゥディウムが、凄い脚で突っ込んで来て、ヴェスヴィオ、ラッキープリンスを並ぶ間なく交し、その勢いのままオウマタイムを1/2馬身差交して優勝。

2着は良く粘ったオウマタイム、3着はラッキープリンス。

ストゥディウムは凄い脚で差し切ったものの、この強さが本物なのか?
6月3日の東京ダービーが楽しみです。

1着 ストゥディウム 1:54.6
2着 オウマタイム 1/2
3着 ラッキープリンス 3/4


|

« 2015年 天皇賞春 | トップページ | 2015年 かしわ記念 »

H6015.2015年 地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467659/59902410

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 羽田盃:

« 2015年 天皇賞春 | トップページ | 2015年 かしわ記念 »