« 2015年 宝塚記念(馬券予想) | トップページ | 2015年 アイリッシュ・ダービー(アイルランドダービー) »

2015年6月28日 (日)

2015年 宝塚記念

6月28日は、3歳以上のグランプリGⅠレース、宝塚記念(阪神芝2200m)が行われました。

1-1 ショウナンパンドラ(牝4、池添謙一・高野友和)
1-2 トーセンスターダム(牡4、武豊・池江泰寿)
2-3 ネオブラックダイヤ(牡7、秋山真一郎・鹿戸雄一)
2-4 アドマイヤスピカ(牡5、幸英明・松田博資)
3-5 カレンミロティック(セ7、蛯名正義・平田修)
3-6 デニムアンドルビー(牝5、浜中俊・角居勝彦)
4-7 ワンアンドオンリー(牡4、M.デムーロ・橋口弘次郎)
4-8 ディアデラマドレ(牝5、藤岡康太・角居勝彦)
5-9 トウシンモンステラ(牡5、和田竜二・村山明)
5-10 オーシャンブルー(牡7、松山弘平・池江泰寿)
6-11 ヌーヴォレコルト(牝4、岩田康誠・斎藤誠)
6-12 レッドデイヴィス(セ7、松若風馬・音無秀孝)
7-13 ラキシス(牝5、C.ルメール・角居勝彦)
7-14 トーホウジャッカル(牡4、酒井学・谷潔)
8-15 ゴールドシップ(牡6、横山典弘・須貝尚介)
8-16 ラブリーデイ(牡5、川田将雅・池江泰寿)

単勝人気は、以下の通りです。

①ゴールドシップ 1.9
②ラキシス 5.1
③ヌーヴォレコルト 9.1
④ワンアンドオンリー 10.6
⑤カレンミロティック 14.1

3連覇のかかるゴールドシップは、ここ1番人気はしょうがないとして、5番人気までがGⅠホースですね。
でも2番人気、ラキシスは意外でした。
宝塚記念はハイペースになりやすく、最後の直線はスタミナと底力比べになりやすく、かの歴史的名牝、ブエナビスタ、ジェンティルドンナですら勝てていません。
ラキシス?ヌーヴォレコルト?・・・です。

まあ普通に考えたら、ゴールドシップのタダもらい・・・みたいなレースに見えますよね。
良馬場発表ですが、競馬中継によると芝が剥がれて飛んでいるそうですので、下は緩かったでしょう。
つまり、パンパンの良馬場ではなく、力の要る時計のかかる馬場と言う事ですね。
これまた、ゴールドシップに有利な条件です。

ゲートが開く前からゴールドシップがゲート内で暴れ、大きく立ち上がったところでゲートが開き、あまりに大きな出遅れ。
普通なら、ここでレースは終わりですね。

逃げたのは押してレッドデイヴィス。
まずは逃げ馬予想が外れましたが、これはしょうがないでしょう。
2番手には早くもラブリーデイ、3番手トーセンスターダムでしたが、1コーナーでオーシャンブルーが交して行きました。

スタートからの3F(600m)が36.0ですから、ここまでは平均ペース。
しかし次の2Fは、13.4 - 13.1と、昨年以上にペースダウンして、1000m通過が1分2秒5のスローペース。
それでいて、逃げたレッドデイヴィスを誰もつつきません。

このスローペースに、先行馬群の中には、行きたがっている馬も見受けました。

向こう正面の絶妙なタイミングで、ゴールドシップ鞍上の横山騎手が追い出し、上がって行きました。
ゴールドシップは1000mくらい、ロングスパート出来る稀有な馬です。
3-4コーナーまでに先団に取り付けば、勝ち負けできるでしょう・・・と思ったのもつかの間、3コーナー過ぎ、後方3番手まで上がると、進まなくなってしまいました。

3-4コーナーでペースが速まりました。
スローペースで折り合いがつかない馬は、ここで置かれ気味に・・・
また牝馬の有力どころは、3-4コーナーで脚を使ったかも知れません。

直線向いて、終始完璧に2番手で折り合っていたラブリーデイが、満を持して追い出します。
逃げたレッドデイヴィスは一杯で、抗う事が出来ません。
ゴールドシップは横山騎手が終始追いますが、走る気がありません。
最後方を、我が道を行く・・・です。

インコースで、前に馬を置き、完璧に折り合っていたショウナンパンドラが、インコースを突いて上がって来ました。
最後方からデニムアンドルビーが、凄い脚で飛んで来ました。

ラブリーデイは切れはしませんが、しぶとい脚を使い、デニムアンドルビーをクビ差抑えて優勝。

スローペースの追い込み馬、デニムアンドルビーは、絶好の展開でしたが一歩及ばず2着。
インコースからしぶとく伸びたショウナンパンドラ3着。

メンバーに恵まれ、芝状態にも恵まれた大本命ゴールドシップは、走る気なく15着。
やはり謎です・・・この馬は。

時計が遅いのは、ペースが遅かったが故。
上りのタイムがかかっているのは、最後4F(800m)のペースが速まったため。
このペースアップで道中脚を使わされ、直線で止まってしまった馬もいた事でしょう。

人によっては、このレースを訳が分からなく思うかも知れませんが、大本命ゴールドシップが出遅れて走る気を失くし、後は道中折り合って直線良い脚を使えた馬が上位に来た感じです。
普通にスタートして、中間超スローに落ちて、最後4F(800m)のペースが速まった、緩急のあるレースでしたので、一本調子の馬、かかりクセのある馬はお呼びではありませんでした。
とは言え、レース後検討しても、取れるレースではなかったですね。
昨年に続き、スローペースになるとは、思いもしなかったです。

1着 ラブリーデイ 2:14.4
2着 デニムアンドルビー クビ
3着 ショウナンパンドラ 1 1/4

|

« 2015年 宝塚記念(馬券予想) | トップページ | 2015年 アイリッシュ・ダービー(アイルランドダービー) »

H8015.2015年 JRA GⅠレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467659/60548806

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 宝塚記念:

« 2015年 宝塚記念(馬券予想) | トップページ | 2015年 アイリッシュ・ダービー(アイルランドダービー) »