« 食材と調理法 第十一回 ソース・スービーズ(Sauce Soubise) | トップページ | 食材と調理法 第十二回 オルロフ(Orloff) »

2015年7月 9日 (木)

2015年 ジャパンダートダービー

7月8日、大井競馬場で、南関東3冠レース第3弾、統一GⅠ交流競走のジャパンダートダービー(ダート2000m)がありました。

1-1 コスモエポール(牡3、畑中信司、佐賀・中川竜馬)
2-2 マイネルサクセサー(牡3、柴田大知、美浦・畠山吉宏)
3-3 フジノサムライ(牡3、石川倭、北海道・米川昇)
4-4 ポムフィリア(牝3、戸崎圭太、美浦・高橋裕)
4-5 マイネルジャスト(牡3、真島正徳、佐賀・真島元徳)
5-6 クロスクリーガー(牡3、岩田康誠、栗東・庄野靖志)
5-7 ストゥディウム(牡3、石崎駿、船橋・矢野義幸)
6-8 インディウム(牡3、木村健、兵庫・田中範雄)
6-9 ノンコノユメ(牡3、C.ルメール、美浦・加藤征弘)
7-10 ライドオンウインド(牡3、古川吉洋、栗東・木原一良)
7-11 パーティメーカー(牡3、的場文男、浦和・小久保智)
8-12 ラッキープリンス(牡3、今野忠成、浦和・小久保智)
8-13 ディアドムス(牡3、三浦皇成、美浦・高橋裕)

1番人気は、前走兵庫チャンピオンシップ(園田JpnⅡダート1870m)優勝の、JRAのクロスクリーガー。
2番人気はJRAで2連勝、前走JRAのユニコーンS(東京GⅢダート1600m)勝ち、JRAのノンコノユメ。
3番人気は、前走JRAの鳳雛S(京都オープンダート1800m)優勝の、JRAのライドオンウインド。
東京ダービー馬ラッキープリンス、羽田盃馬ストゥディウム、兵庫ダービー(園田オープンダート1870m)優勝のインディウム、九州ダービー栄城賞(佐賀オープンダート2000m)2着のイネルジャスト、北海優駿(門別オープンダート2000m)優勝のフジノサムライも出走し、まさに3歳ダート日本一決定戦。

折からの雨で、馬場コンディションは不良。

逃げたのは好スタートを決めたJRAクロスクリーガー、2番手はJRAポムフィリアでしたが、JRAライドオンウインドが交し2番手に上がりました。
スタートから3F(600m)が37.2。
地方馬には早いかも知れませんが、重馬場を考えるとJRAだと少し遅目。
1000m通過が1分3秒ですから、ペースはさらに遅くなります。
それでも、地方馬の中には付いて行けず、大きく遅れる馬が出ました。

3コーナ手過ぎて、東京ダービー馬ラッキープリンスが上がって行きました。
ポムフィリアは脱落し、先団はクロスクリーガー、ライドオンウインド、ラッキープリンス。
少し間が空いて、羽田盃馬ストゥディウム、ノンコノユメが上がって来ました。

直線向いて、逃げるクロスクリーガーをラッキープリンスが追いかけますが、差が詰まりそうにない。
ノンコノユメが追い出すと、物凄い末脚を使い、残り50mくらいでクロスクリーガーを捕え、並ぶ間なしに交し、2馬身1/2つけて優勝。
2着は粘り切ったクロスクリーガー。
3着はさらに大きく置かれた、ラッキープリンス。

ユニコーンSもそうですが、ノンコノユメの末脚は素晴しいですね。
これなら古馬にも通用するかもです。

ラッキープリンスは地方勢最先着ですが、これだと現時点でJRAとの差は大きいですね。

1着 ノンコノユメ 2:05.6
2着 クロスクリーガー 2 1/2
3着 ラッキープリンス 5

|

« 食材と調理法 第十一回 ソース・スービーズ(Sauce Soubise) | トップページ | 食材と調理法 第十二回 オルロフ(Orloff) »

H6015.2015年 地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467659/60669884

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 ジャパンダートダービー:

« 食材と調理法 第十一回 ソース・スービーズ(Sauce Soubise) | トップページ | 食材と調理法 第十二回 オルロフ(Orloff) »