« 2015年 パシフィッククラシックステークス | トップページ | ドダン・ブーファンのポトフ サーバメンテナンスのためのサイト停止について »

2015年8月31日 (月)

2015年 トラヴァーズステークス

8月2日、アメリカ合衆国ニューヨーク州サラトガスプリングにある、サラトガスパーク競馬場で、3歳馬限定戦、トラヴァーズステークス(デルマーGⅠダート10F約2012m)が行われました。
トラヴァーズステークスは3歳限定で、夏のGⅠレースでは最も格式が高いことから、真夏のダービーとの別称があります。

1番 アップスタート(3歳牡 57.2 I. オルティスJr. R. ヴァイオレットJr.)
2番 アメリカンファラオ(3歳牡 57.2 V. エスピノーザ B. バファート)
3番 ミッドオーシャン(3歳牡 57.2 I. M. フランコ G. ウィーヴァー)
4番 テキサスレッド(3歳牡 57.2 I. K. デザーモ キース・デザーモ)
5番 フラメント(3歳牡 57.2 I. J. オルティス N. ジトー)
6番 フロステッド(3歳牡 57.2 I. J. レスカーノ K. マクラクリン)
7番 キーンアイス(3歳牡 57.2 J. カステリャーノ D. ローマンズ)
8番 テイルオブヴァーヴ(3歳牡 57.2 G. スティーヴンス D. ステュワート)
9番 キングオブニューヨーク(3歳牡 57.2 J. ルパルー K. マクピーク
10番 スマートトランジション(3歳牡 57.2 J.R. ヴェラスケス J. シレフス)


例年ならレポートしませんが、今年は37年振りの三冠馬、ケンタッキーダービー(チャーチルダウンズGⅠダート10F約2012m)プリークネスステークス(ピムリコGⅠダート9.5F約1911m)ベルモントステークス(GⅠダート12F約2414m)優勝の、アメリカンファラオが出走して来ました。
って言うか一流馬は近年、夏は休ませる事が多いので、アメリカンファラオが出走してくると思いませんでした。
トラックを回って来れば、優勝するとでも思ったのでしょうか?

圧倒的1番人気はもちろんアメリカンファラオ。

好スタートを決め逃げたのはアメリカンファラオ。
2番手はフロステッドで、アメリカンファラオの外に被せます。
3番手アップスタートで、フロステッドの外に被せます。
通常なら、逃げ馬には辛い展開。

向こう正面でアップスタートは脱落、後退して行きます。
これで先頭はアメリカンファラオで、アップスタートが並走し続けます。

3コーナー回るとフロステッドが仕掛け、アメリカンファラオを交しにかかります。
アメリカンファラオの手が動きますが、いつものように進んで行きません。

4コーナーをアメリカンファラオとフロステッドが、並走して回りました。
いつもなら後方から追い込んで来るキーンアイスが、早々に離れた3番手に上がって来ました。

一度フロステッドがアメリカンファラオを交しますが、懸命に追うアメリカンファラオが差し返します。
フロステッドも遅れじと追い、粘りますが、もうアメリカンファラオに並ぶ余力はなく、どんどん離されて行きます。

離れた3番手のキーンアイスが、もの凄い脚を繰り出して、アメリカンファラオに迫ります。
アメリカンファラオは、フロステッドを競り落とすのに力を使い果たしたか、キーンアイスに抗う余力はありません。
キーンアイスがゴール直前で、アメリカンファラオを3/4馬身離して優勝。

ハスケル招待ステークスの時に、「レースがもっと厳しいペースになったら、差し切る場面もあるかも知れません」と書きましたが、図らずも予言が当たる形となりました。

1着 キーンアイス 2:01.57
2着 アメリカンファラオ 3/4
3着 フロステッド 2 1/4

アメリカンファラオは厳しいレースではありましたが、2枠だったとは言え、無理に逃げなくとも良かったでしょうね。
騎手も陣営も、レースをナメていた気がします。

アメリカンファラオは使い詰めですね。
この後、ステップレースを叩くのか、直接ブリーダーズ・カップ・クラッシックに出るのか、今後も目が離せません。

アイスに霜(フロステッド)ですから、王(ファラオ)は冷たいのがお嫌いなようです(笑)。

ちなみに、アメリカンファラオは、馬主が馬名を「American Pharaoh」で申請したのに、「American Pharoah」と「o」と「a」間違えて逆に登録されてしまったそうです。
「American Pharoah」・・・普通に読むとアメリカンフェイロアですが、馬主はアメリカンファラオと呼んでおり、実況でもアメリカンファラオ、またはアメリカンフェローと発音しているように聞こえます。

|

« 2015年 パシフィッククラシックステークス | トップページ | ドダン・ブーファンのポトフ サーバメンテナンスのためのサイト停止について »

H5015.2015年 海外競馬」カテゴリの記事

コメント

日本流で考えれば使い過ぎですが、アチラ流ではハードなローテーションを勝ち抜いてこそのチャンピオンですからね。流れが厳しくて余力がなかったかも知れませんが、タフで消耗するチャーチルダウンズのパフォーマンスからしてスタミナや底力は怪物級じゃないこともありますね。
ルドルフがウィンザーノットを振り切ったところをギャロップダイナに差された天皇賞を思い出しましたよ。
引退の噂もありますが、BCクラシックには向かって欲しいですね。

投稿: シーバード | 2015年8月31日 (月) 14時38分

シーバードさん、コメントありがとうございます。

>アチラ流ではハードなローテーションを勝ち抜いてこそのチャンピオンですからね

でも近年、一流馬は以前よりゆったりのローテーションじゃないですか?
例えば以前でも、サンデーサイレンスは2連敗した事もありますが、夏場休んでいます。
ライバルのイージーゴアは、使い詰めでしたけどね。
近年も、カリフォルニアクロームは夏場休んでいます。

>タフで消耗するチャーチルダウンズのパフォーマンスからしてスタミナや底力は怪物級じゃないこともありますね

37年振りの三冠馬ではありますが、相手に恵まれた感を感じますね。
このレースに関しては、アメリカンファラオ陣営は、多少ナメていたような気がします。
あるいは無理に逃げなければ、キーンアイスも差し切れなかったかも。

>ルドルフがウィンザーノットを振り切ったところをギャロップダイナに差された天皇賞を思い出しましたよ

確かに(笑)。

>引退の噂もありますが

え?本当ですか?

>BCクラシックには向かって欲しいですね

最大のライバルは、ビホルダーですかね?
恐らくバイエルンの2連覇はないでしょう。

投稿: 醍醐 | 2015年9月 1日 (火) 00時22分

コメント有り難うございます。

ハードなローテーションは一昔前の話ですね(笑)。
一昔前と言えばG・スティーヴンスが今も現役なのは驚きです。ゴールデンフェザントが驚愕の瞬発力で勝ったJCが忘れられません。BCクラシックでアメリカンファラオvsビホルダー実現して欲しいですね。

投稿: シーバード | 2015年9月 1日 (火) 08時49分

シーバードさん、コメントありがとうございます。

>一昔前と言えばG・スティーヴンスが今も現役なのは驚きです

現在52歳のG・スティーヴンスは、2度引退しましたが、2度目の復帰を果たし、今なおトップジョッキーとして活躍していますね。
2度目の復帰までに8年開きましたが、引退後もトレーニングは続けていたんでしょうね。
5か月後には、プリークネスステークスを優勝しましたからね。

そして今年、アメリカンファラオのライバルになるであろう、ビホルダーの主戦でもあります。

現在、中央競馬に50代騎手はいませんね。
地方競馬なら、船橋競馬の石崎隆之騎手(通算6200勝以上)が52歳現役のはず。
ライバルとも言うべき、大井競馬の的場文男騎手(通算6700勝以上)は51歳現役。
的場文男騎手は順調なら、佐々木竹見騎手の持つ日本最高勝利数、7151勝を超える勢いです。

G・スティーヴンスの通算勝利数は、5100勝以上・・・くらいみたいです。

>ゴールデンフェザントが驚愕の瞬発力で勝ったJCが忘れられません

あの当時はまだ、海外勢の力が、日本馬を上回っていましたからね。
特にアメリカは、芝馬がヨーロッパにヒケを取らないくらい、レベルが高かった時代でしたね。
マニラ、シアトリカル、コタシャーン等、BCターフも北米勢が優勢でした。

>BCクラシックでアメリカンファラオvsビホルダー実現して欲しいですね

本当ですね。
アメリカでは、アメリカンファラオがすごい人気なようですが、自分はビホルダーの方が先着しそうな気がしますね。

投稿: 醍醐 | 2015年9月 1日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467659/61401352

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 トラヴァーズステークス:

« 2015年 パシフィッククラシックステークス | トップページ | ドダン・ブーファンのポトフ サーバメンテナンスのためのサイト停止について »