« 2015年 キングジョージⅥ世&クイーンエリザベス・ステークス | トップページ | 2015年 インターナショナルステークス »

2015年8月 3日 (月)

2015年 ハスケル招待ステークス

8月2日、アメリカ合衆国ュージャージー州オーシャンポートにある、モンマスパーク競馬場で、3歳馬限定戦、ハスケル招待ステークス(GⅠダート9F約1810m)が行われました。
招待ステークス・・・招待選手協議会で、招待された馬が参加できる競争です。
とは言え、その年の活躍している3歳馬は、もれなく招待されますが。

例年ならレポートしませんが、今年は37年振りの三冠馬、ケンタッキーダービー(チャーチルダウンズGⅠダート10F約2012m)プリークネスステークス(ピムリコGⅠダート9.5F約1911m)ベルモントステークス(GⅠダート12F約2414m)優勝の、アメリカンファラオが出走して来ました。

1か月後に真夏のダービーと言われる、トラヴァーズステークス(サラトガGⅠダート10F約2012m)がありまして、この前に出走馬がこのレースを叩くケースを見受けます。
もう1つこのレースに優勝すると、日本の有馬記念(中山GⅠ芝2500m)に相当する、ブリーダーズカップ・クラッシック(2015年はキーンランドGⅠダート10F=約2012m)への優先出走権が与えられます。

これは、ブリーダーズカップ・チャレンジと言われ、世界中のレースが指定され、指定されたレースに優勝すると、ブリーダーズカップとして開催される、様々な条件のレースに出走出来ます。
ちなみに日本でも、宝塚記念(阪神GⅠ芝2200m)がブリーダーズカップ・チャレンジに指定され、優勝馬にはブリーダーズカップ・ターフ(2015年はキーンランドGⅠ芝12F=約2414m)への優先出走権が与えられます。

1番人気はもちろんアメリカンファラオ。
1着賞金1億3千6百万くらいで、美味しいですが、それよりブリーダーズカップ・クラッシックの出走権を確実に・・・と言う想いがあるのではないでしょうか?
逆にどんなローテーションであれ、3冠馬がブリーダーズカップの選に漏れたら、前代未聞ではありますが。

逃げたのはコンペティティヴエッジで、何が何でもアメリカンファラオに逃げさせない構えです。
2番手はアメリカンファラオで、無理はしません。
3番手ミスタージョーダン。
コンペティティヴエッジの外に被せアメリカンファラオ、アメリカンファラオの外に被せミスタージョーダンと続きます。
これは逃げ馬には辛い展開。

3コーナー手前には、ペースに付いて行けずミスタージョーダンが脱落して、4番手のアップスタートが3番手に上り、アメリカンファラオの外に被せました。
3コーナー回るとアメリカンファラオが仕掛け、コンペティティヴエッジを交して楽々先頭に立ちます。
アップスタートは遅れまいと手が動きますが、アメリカンファラオとの差が縮まりそうにない。
4コーナーを楽々コンペティティヴエッジの大外回しますが、必死に追うコンペティティヴエッジに余力はありません。

直線向いて、アメリカンファラオは追わず、持ったままですが、後方と距離が離れて行きます。
直線半ばに、アップスタートがコンペティティヴエッジを交しました。
後方に付けていたキーンアイスが、もの凄い脚を繰り出して、並ぶ間なしにアップスタートを交しました。
キーンアイスは、そのまま楽な手応えのアメリカンファラオへ2馬身差くらいまで迫りますが、捕えきれずアメリカンファラオが優勝。

アメリカンファラオは、着差以上の大楽勝でした。

2着は、良く伸びたキーンアイス。
ベルモントステークスの時も、凄い脚で追い込んで来ましたが、相手が悪いですね。
しかしレースがもっと厳しいペースになったら、差し切る場面もあるかも知れません。
3着は、良く粘ったアップスタート。

1着 アメリカンファラオ 1:47.95
2着 キーンアイス 2 1/4
3着 アップスタート 3

アメリカンファラオは恐らく、3歳同年代で、ダート10F(約2012m)前後の距離なら、敵なしでしょう。
後は古馬との力関係ですね。

この後アメリカンファラオは、ステップレースを経て、ブリーダーズ・カップ・クラッシックに出るのでしょうが、今後も目が離せません。


|

« 2015年 キングジョージⅥ世&クイーンエリザベス・ステークス | トップページ | 2015年 インターナショナルステークス »

H5015.2015年 海外競馬」カテゴリの記事

コメント

シーバードの英ダービーを彷彿させるレースぶりでしたね。勝負がついたと判断してキャンターに移ったと語られましたが(笑)。

どのようなステップを踏むのか分かりませんが、BCクラシックで有終の美を飾って欲しいですね。

投稿: シーバード | 2015年8月 4日 (火) 14時51分

シーバードさん、コメントありがとうございます。

>シーバードの英ダービーを彷彿させるレースぶりでしたね。勝負がついたと判断してキャンターに移ったと語られましたが(笑)。

自信か過信か、エスピノーザ騎手は後ろを見ませんでしたね。
足音で、差してくる馬が分かるとは言います。
勝ったから良かったですけど、慌てて追ってもすぐには伸びませんからね。

>どのようなステップを踏むのか分かりませんが、BCクラシックで有終の美を飾って欲しいですね

現段階で、古馬に強い馬もなく、BCクラッシック行けそうな気がします。

投稿: 醍醐 | 2015年8月 4日 (火) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467659/61017682

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 ハスケル招待ステークス:

« 2015年 キングジョージⅥ世&クイーンエリザベス・ステークス | トップページ | 2015年 インターナショナルステークス »