« 2015年 アイリッシュチャンピオンステークス | トップページ | 2015年 ニエル賞 »

2015年9月16日 (水)

2015年 フォア賞

9月13日、4歳上の凱旋門賞(GⅠ芝2400m)ステップレース、フォア賞GⅡ(ロンシャン芝2400m)がありました。
日本で言うと、全く同じレースはありませんが、京都大賞典GⅡ(京都芝2400m)と言うところでしょうか?
日本からの出走馬はありません。

1番 ポストボンド(4歳牡 58.0 A.アッゼニ L.クマーニ)
2番 ローズバーグ(4歳牡 58.0 K. ストット L.クマーニ)
3番 スピリットジン(5歳牡 58.0 L. デットーリ A. クエティル)
4番 バチオン(5歳牡 58.0 M. ギュイヨン Mme P. ブラント)
5番 ケロジン(4歳牡 58.0 F. ミナリク J-P. カルヴァロ)
6番 フリーポートラックス(4歳牡 58.0 M. バルザローナ F. ヘッド)
7番 ドルニヤ(4歳牝 56.5 C. スミヨン A. ド・ロワイエデュプレ)
8番 ベノホープ(4歳牝 56.5 I. メンディザバル J-C. ルジェ)

1番人気はフロック視されつつも、今年のキングジョージⅥ世&クイーンエリザベス・ステークス(アスコットGⅠ芝12F約2414m)優勝馬のポストボンド。
ペースメーカー(ポストボンドを勝たすための逃げ馬)、ローズバーグを引き連れての参戦。
気合が入っています。
2番人気はあまり差なく、今年のドバイシーマクラシック(メイダンGⅠ芝2410m)勝ちのドルニア。
しかしその後、2連敗中です。

逃げたのは予定通りローズバーグ、2番手はポストボンド、3番手スピリットジン。
レースは淡々と流れ、フォルスストレートあたりからポストボンドが前に進出。
スピリットジンも上がって行きました。

直線ポストボンドは、ローズバーグに並びかけると、先頭に躍り出ます。
一瞬後方を引き離すのか?・・・と思いきや、スパッとは切れません。
置かれそうになったスピリットジンが盛り返し、差そうと必死に追いますが、結局ポストボンドの3/4馬身差までしか迫れませんでした。

ポストボンドが優勝。
2着スピリットジン、3着はスピリットジンと共にインコースを差して来たベノホープ。

1着 ポストボンド 2.32.88
2着 スピリットジン 3/4身
3着 ベノホープ 1 1/4身

骨のある出走馬はドルニヤくらいしかおらず、2線級のスピリットジンに迫られている訳ですから、ポストボンドも大したことないなぁ・・・と言う考え方も出来ます。
しかし一方で、フォルスストレートあたりから仕掛けて、しぶとく粘る訳ですから、ペースメーカー次第では凱旋門賞は面白いかも知れません。
スローに流れたら、切れ味ではトレヴには到底敵いませんが、ペースが速く、フォルスストレートあたりから早仕掛けすれば、しぶとい気がします。

|

« 2015年 アイリッシュチャンピオンステークス | トップページ | 2015年 ニエル賞 »

H5015.2015年 海外競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467659/61634743

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 フォア賞:

« 2015年 アイリッシュチャンピオンステークス | トップページ | 2015年 ニエル賞 »