« 2015年 秋華賞 | トップページ | 2015年 天皇賞秋(馬券予想) »

2015年10月28日 (水)

2015年 菊花賞

10月25日は、3歳牡馬GⅠレース、菊花賞(GⅠ京都芝3000m)が行われました。

1-1 ミコラソン(牡3、武幸四郎・小崎憲)
1-2 サトノラーゼン(牡3、岩田康誠・池江泰寿)
2-3 タンタアレグリア(牡3、蛯名正義・国枝栄)
2-4 キタサンブラック(牡3、北村宏司・清水久詞)
3-5 ベルーフ(牡3、浜中俊・池江泰寿)
3-6 レッドソロモン(牡3、武豊・庄野靖志)
4-7 スティーグリッツ(牡3、内田博幸・友道康夫)
4-8 ミュゼエイリアン(牡3、横山典弘・黒岩陽一)
5-9 アルバートドック(牡3、藤岡康太・松田博資)
5-10 ブライトエンブレム(牡3、田辺裕信・小島茂之)
6-11 リアルスティール(牡3、福永祐一・矢作芳人)
6-12 ワンダーアツレッタ(牡3、M.デムーロ・河内洋)
7-13 マサハヤドリーム(牡3、和田竜二・今野貞一)
7-14 マッサビエル(牡3、戸崎圭太・小笠倫弘)
7-15 ジュンツバサ(牡3、石橋脩・勢司和浩)
8-16 タガノエスプレッソ(牡3、菱田裕二・五十嵐忠男)
8-17 リアファル(牡3、C.ルメール・音無秀孝)
8-18 スピリッツミノル(牡3、酒井学・本田優)

1番人気は前走神戸新聞杯(阪神GⅡ芝2400m)をまんまと逃げ切ったリアファル。
2番人気は神戸新聞杯2着、悲願のGⅠ制覇を狙うリアルスティール。

逃げたのはレッドソロモンでしたが、スピリッツミノルが交して先頭に立ちました。
2番手スピリッツミノルと争ったリアファル。
今回は逃げられませんでした。
3番手ミュゼエイリアン。
2番人気リアルスティールは先団、キタサンブラックは4-5番手につけました。

スタートからの3Fは、35.4、1000m通過タイムは60.2ですからペースは速いです。
しかしここから、ハロン(200m)のラップは13秒台に落ちます。
2000m通過タイムは2分4秒6ですから、ややスローペース気味になりました。

向こう正面から、ミュゼエイリアンが上がり先頭に。
そこから各馬ペースの遅さにじれたのか、アルバートドックが前に行ったり、タガノエスプレッソも上がったり、出入りが激しくなります。
3-4コーナーでは各馬上がって行き、先団は団子状態になりました。

4コーナー回り、先頭のミュゼエイリアンに1完歩ずつリアファルが迫ります。
キタサンブラックがインコースを突き、ミュゼエイリアンとリアファルの間を割って、先頭に立ちました。
リアファルは少し抵抗しましたが、脚色は劣ります。
リアルスティールがじわじわ迫って来ましたが、交される前にクビ差おさえ、キタサンブラックが優勝。
2着は、ゴールが50m先なら優賞していた、リアルスティール。
3着は良く粘ったリアファル。

キタサンブラックが優勝で、GⅠ初制覇。
鞍上の北村宏司騎手は、3度目のGⅠ制覇。
馬主はかの、歌手の北島三郎で、レース後「祭」を熱唱しました。

キタサンブラックは展開も向いたとは言え、インコースを突いて最短距離を走り、薄氷の勝利でしたが、絶妙の騎乗ではありました。
リアルスティールは最初速く、中だるみして、終いが速い競馬に、乗りにくかったでしょうが、勝てたはずのレースでした。

1着 キタサンブラック 3:03.9
2着 リアルスティール  クビ
3着 リアファル 1/2

|

« 2015年 秋華賞 | トップページ | 2015年 天皇賞秋(馬券予想) »

H8015.2015年 JRA GⅠレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467659/62252483

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 菊花賞:

« 2015年 秋華賞 | トップページ | 2015年 天皇賞秋(馬券予想) »