« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の記事

2015年11月22日 (日)

2015年 マイルチャンピオンシップ(競馬予想)

11月22日は、3歳以上マイルGⅠレース、マイルチャンピオンシップ(京都GⅠ芝1600m)が行われます。

1-1 ヴァンセンヌ(牡6、川田将雅・松永幹夫)
1-2 ケイアイエレガント(牝6、吉田豊・尾形充弘)
2-3 レッツゴードンキ(牝3、戸崎圭太・梅田智之)
2-4 ダイワマッジョーレ(牡6、武豊・矢作芳人)
3-5 イスラボニータ(牡4、蛯名正義・栗田博憲)
3-6 アルマワイオリ(牡3、勝浦正樹・西浦勝一)
4-7 アルビアーノ(牝3、柴山雄一・木村哲也)
4-8 サトノアラジン(牡4、C.ルメール・池江泰寿)
5-9 レッドアリオン(牡5、川須栄彦・橋口弘次郎)
5-10 フィエロ(牡6、M.デムーロ・藤原英昭)
6-11 カレンブラックヒル(牡6、秋山真一郎・平田修)
6-12 レッドリヴェール(牝4、A.アッゼニ・須貝尚介)
7-13 リアルインパクト(牡7、H.ボウマン・堀宣行)
7-14 トーセンスターダム(牡4、武幸四郎・池江泰寿)
7-15 ダノンシャーク(牡7、岩田康誠・大久保龍志)
8-16 モーリス(牡4、R.ムーア・堀宣行)
8-17 ロゴタイプ(牡5、浜中俊・田中剛)
8-18 クラリティスカイ(牡3、横山典弘・友道康夫)

手短に、予想だけを。

近走大崩れしていますが、海外レースから直行、休み明けでスローペースに泣かされているリアルインパクト。
前走見事な勝ちっぷりだったアルビアーノ。
ここでは力上位?イスラボニータ。
当初、3連複1点と思っていましたが、3連単がめっちゃつくので3連単6点で。

3連単 5→7→13(5149.0)
マッチ棒 15本

3連単 5→13→7(11003.1)
マッチ棒 10本

3連単 7→5→13(9720.5)
マッチ棒 10本

3連単 7→13→5(16552.8)
マッチ棒 10本

3連単 13→5→7(20492.7)
マッチ棒 10本

3連単 13→7→5(22171.9)
マッチ棒 10本

自信は・・・ありません。

----------------------

またまた、かすりもしなかったです(涙)。

現在の収支:
マッチ棒 -32,990

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月19日 (木)

2015年 エリザベス女王杯

11月15日は、3歳以上牝馬中距離GⅠレース、エリザベス女王杯(京都芝2200m)が行われました。

1-1 パワースポット(牝7、四位洋文・菊沢隆徳)
1-2 クイーンズリング(牝3、A.シュタルケ・吉村圭司)
2-3 フーラブライド(牝6、酒井学・木原一良)
2-4 リラヴァティ(牝4、秋山真一郎・石坂正)
3-5 タガノエトワール(牝4、川田将雅・松田博資)
3-6 リメインサイレント(牝5、小牧太・田中章博)
4-7 シャトーブランシュ(牝5、藤岡康太・高橋義忠)
4-8 タッチングスピーチ(牝3、C.ルメール・石坂正)
5-9 フェリーチェレガロ(牝5、和田竜二・友道康夫)
5-10 ラキシス(牝5、R.ムーア・角居勝彦)
6-11 ウインリバティ(牝4、松山弘平・飯田雄三)
6-12 マリアライト(牝4、蛯名正義・久保田貴士)
7-13 メイショウマンボ(牝5、武幸四郎・飯田祐史)
7-14 ノボリディアーナ(牝5、武豊・松永昌博)
7-15 ルージュバック(牝3、戸崎圭太・大竹正博)
8-16 スマートレイアー(牝5、浜中俊・大久保龍志)
8-17 シュンドルボン(牝4、A.アッゼニ・矢野英一)
8-18 ヌーヴォレコルト(牝4、岩田康誠・斎藤誠)

雨のせいで、馬場はやや重までしか回復せず、下はすべり柔かかったようです。
GⅠホース3頭出走のみと、少々さびしい顔ぶれ。

1番人気は昨年のオークス馬で、このレース2着だったヌーヴォレコルト。
2番人気は昨年の勝ち馬ラキシス。
3番人気は無冠の天才少女ルージュバック。

逃げたのはリラヴァティでしたが、外からウインリバティが交し先頭に。
2番手は逃げられなかったリラヴァティ。
3番手は馬群が開いてフーラブライド。

1番人気ヌーヴォレコルト、2番人気ラキシスは中団の後ろ、3番人気ルージュバックはさらに後ろで、後方から3番手に付けました。

スローになる事が多いこのレースですが、スタートからの3Fは、36.1と馬場を考えると平均ペース。
そのまま淡々と進み1000m通過が60.7。
縦長ですが、そこまでペースは速くありません。

3コーナー過ぎても後方から差を詰める馬はなく、ウインリバティが快調に飛ばします。
潰れると見ているのでしょうか?

4コーナー回って直線、ウインリバティがそのまま先頭で、2番手リラヴァティ、3番手タガノエトワールは、差が詰まりそうにない。
馬群中段中央からマリアライト、フーラブライドが接近して来ました。
後方外から、ヌーヴォレコルトが突っ込んで来ました。
最後方からルージュバック、タッチングスピーチも飛んで来ています。

マリアライトはウインリバティを交し、力強く先頭に立ちます。
フーラブライドは脚色一杯で、マリアライトに置かれます。
ヌーヴォレコルトが接近してくるものの、マリアライトもバテません。

ルージュバックも突っ込んで来て、その内からタッチングスピーチが差して来ました。

マリアライトがクビ差凌ぎ優勝。
マリアライトは弟リアファル、兄にGⅠ3勝クリソライトと言う良血馬。
考えてみると、大舞台で大駆けして不思議のない血統でした。

鞍上の蛯名騎手は、絶妙な追い出しで、力強く追い粘り切りました。
今年も2着の岩田騎手は、悔しくて今晩眠れないかもしれませんね。

タッチングスピーチ、4着のルージュバックも、位置が後ろ過ぎました。
良い位置なら、勝っていたかもしれません。
馬場も渋っていましたし、行きっぷりが良くなかったのかも知れません。

1着 マリアライト 2:14.9
2着 ヌーヴォレコルト クビ
3着 タッチングスピーチ ハナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

2015年 天皇賞秋

11月01日は、3歳以上中距離GⅠレース、天皇賞秋(東京芝2000m)が行われました。
すいません、忙しさにかまけ、レポート出来ていませんでした。

1-1 ディサイファ(牡6、四位洋文・小島太)
1-2 アンビシャス(牡3、M.デムーロ・音無秀孝)
2-3 サトノクラウン(牡3、C.ルメール・堀宣行)
2-4 ダコール(牡7、三浦皇成・中竹和也)
3-5 クラレント(牡6、田辺裕信・橋口弘次郎)
3-6 カレンミロティック(セ7、福永祐一・平田修)
4-7 ラストインパクト(牡5、菱田裕二・松田博資)
4-8 ラブリーデイ(牡5、浜中俊・池江泰寿)
5-9 エイシンヒカリ(牡4、武豊・坂口正則)
5-10 ペルーサ(牡8、柴山雄一・藤沢和雄)
6-11 ワンアンドオンリー(牡4、内田博幸・橋口弘次郎)
6-12 ダービーフィズ(牡5、C.デムーロ・小島太)
7-13 ヴァンセンヌ(牡6、横山典弘・松永幹夫)
7-14 ステファノス(牡4、戸崎圭太・藤原英昭)
7-15 ショウナンパンドラ(牝4、池添謙一・高野友和)
8-16 イスラボニータ(牡4、蛯名正義・栗田博憲)
8-17 スピルバーグ(牡6、北村宏司・藤沢和雄)
8-18 アドマイヤデウス(牡4、岩田康誠・橋田満)

GⅠホース5頭ですが、ショウナンパンドラを除けば近走不振な馬ばかり。
1番人気は宝塚記念優勝のラブリーデイ。
鞍上浜中俊騎手は、騎乗停止の川田騎手の代役。
2番人気は3連勝中の破天荒な逃げ馬、エイシンヒカリ。
3番人気は今年札幌記念(札幌GⅡ芝2000m)優勝のディサイファ。

大方エイシンヒカリが逃げると思っていましたが、逃げたのは意外にもクラレント。
2番手はエイシンヒカリ、3番手はラブリーデイ。

スタートからの3Fは、36.4とやや遅目のペース。
そこからペースは速くならず、1000m通過が60.6と遅いです。
どう見ても先行有利です。

けやき向こう側からペースが速くなり出し、4コーナー回って直線。
逃げるクラレントに、エイシンヒカリが並びかけますが、その外から早目に追って並びかけたのはラブリーデイ。
残り300mくらいで先頭に立ちます。
粘り切れるのか?

エイシンヒカリはクラレントを交せず脱落。
後方からステファノス、イスラボニータ、ショウナンパンドラ、アンビシャスが追い込んで来ます。

ステファノスが抜け出し、ラブリーデイに1/2まで迫ったところでゴール。
ラブリーデイが優勝しました。

浜中騎手は、早目抜け出して交されてしまったら、騎乗ミスと責められたことでしょう。
かと言ってラブリーデイは切れませんので、絶妙かつ大胆な騎乗でした。

ステファノスはあと50mゴールが先だったら・・・ですが、言ってもせんない事。
イスラボニータは、今年も3着でした。

ラブリーデイは、次走JCに出るんじゃないですかね?

1着 ラブリーデイ 1:58.4
2着 ステファノス   1/2
3着 イスラボニータ 3/4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

2015年 JBCクラッシック

11月3日、大井競馬場で、ダート2000mの、3歳以上統一GⅠ交流競走のJBCクラッシックがありました。
すいません、忙しさにかまけ、レポート出来ていませんでした。
もう今の時期なら、チャンピオンズカップ(中京GⅠダート1800m)の参考レースと言うところですね。

JBCは、ジャパン・ブリーディング・ファームズ・カップの略で、アメリカのブリーダーズ・カップを参考に、生産者が企画・運営するダート競馬の祭典として、2001年に創設されました。
開催競馬場は、毎年公営競馬上の持ち回りとなっています。
今年は、大井競馬場の開催で、馬場コンディションは不良。

1-1 クリソライト(牡5、川田将雅・栗東・音無秀孝)
1-2 オグリタイム(牡5、石川倭・北海道・米川昇)
2-3 タイセイローマン(牡6、張田昴・高知・別府真司)
2-4 ユーロビート(セ6、戸崎圭太・大井・渡辺和雄)
3-5 サウンドトゥルー(セ5、大野拓弥・美浦・高木登)
3-6 クラシカルノヴァ(牡7、岩田康誠・大井・渡辺和雄)
4-7 リワードレブロン(牡7、吉原寛人・高知・雑賀正光)
4-8 ニホンピロアワーズ(牡8、酒井学・栗東・大橋勇樹)
5-9 マヤノクレド(牡7、今井貴大・愛知・川西毅)
5-10 ホッコータルマエ(牡6、幸英明・栗東・西浦勝一)
6-11 メイショウパーシー(牡6、宮川実・高知・打越勇児)
6-12 グランドシチー(牡8、津村明秀・美浦・相沢郁)
7-13 ハッピースプリント(牡4、M.デムーロ・大井・森下淳平)
7-14 サミットストーン(牡7、石崎駿・船橋・矢野義幸)
8-15 コパノリッキー(牡5、武豊・栗東・村山明)
8-16 アウトジェネラル(牡5、矢野貴之・大井・藤田輝信)

1番人気は、今年の川崎記念帝王賞優勝のJRAホッコータルマエ。
2番人気は、トライアルの日本テレビ杯(船橋JpnIIダート1800m)2着、JRAクリソライト。
3番人気は、日本テレビ杯3着、GⅠ4勝のJRAコパノリッキー。

ゲートが開いて、ホッコータルマエが好スタートでしたが、外からジワリとコパノリッキーが先頭、2番手クリソライト、3番手船橋のサミットストーン。
2コーナー回り、4番手からホッコータルマエが3番手に上がりました。
向こう正面で、先行していた大井ハッピースプリントの手応えが怪しくなりました。

馬群はかなり縦長で、先頭からしんがりまで20馬身以上。
3-4コーナーで逃げたコパノリッキーは快調に飛ばし、後方は追ってはいるものの、何も来ません。

直線向いて逃げるコパノリッキーをホッコータルマエが追いますが、むしろ差は広がります。
そのままリードを保ち、コパノリッキーが優勝。
最後に、サウンドトゥルーがホッコータルマエを交し2着。
GⅠ9勝のホッコータルマエ3着。

コパノリッキーはこれでGⅠ5勝。

1着 コパノリッキー 2:04.4
2着 サウンドトゥルー 2 1/2
3着 ホッコータルマエ 1/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年 JBCスプリント

11月3日、大井競馬場で、ダート1200mの、3歳以上統一GⅠ交流競走のJBCスプリントがありました。
すいません、忙しさにかまけ、レポート出来ていませんでした。

JBCは、ジャパン・ブリーディング・ファームズ・カップの略で、アメリカのブリーダーズ・カップを参考に、生産者が企画・運営するダート競馬の祭典として、2001年に創設されました。
開催競馬場は、毎年公営競馬上の持ち回りとなっています。
今年は、大井競馬場の開催で、馬場コンディションは不良。

1-1 タガノジンガロ(牡8、木村健・兵庫・新子雅司)
1-2 コーリンベリー(牝4、松山弘平・美浦・小野次郎)
2-3 レーザーバレット(牡7、戸崎圭太・美浦・萩原清)
2-4 コスモフィナンシェ(牡6、佐藤友則・岩手・関本浩司)
3-5 ジョーメテオ(牡9、坂井英光・浦和・小久保智)
3-6 ダノンレジェンド(牡5、M.デムーロ・栗東・村山明)
4-7 ノーザンリバー(牡7、蛯名正義・栗東・浅見秀一)
4-8 サトノタイガー(牡7、左海誠二・浦和・小久保智)
5-9 バーチャルトラック(牡7、永森大智・高知・雑賀正光)
5-10 ベストウォーリア(牡5、福永祐一・栗東・石坂正)
6-11 セイントメモリー(牡8、本橋孝太・大井・月岡健二)
6-12 アルゴリズム(牡7、森泰斗・大井・堀千亜樹)
7-13 ゴーディー(牡7、赤嶺亮・大井・赤嶺本浩)
7-14 ドリームバレンチノ(牡8、岩田康誠・栗東・加用正)
8-15 ポアゾンブラック(牡6、浜中俊・北海道・田中淳司)
8-16 マルカバッケン(牡8、今野忠成・大井・米田英世)

1番人気は、前走トライアルレース、東京盃(大井GⅡダート1200m)優勝のダノンレジェンド。
2番人気は、前走南部杯優勝のベストウォーリア。
3番人気は、前走東京盃3着のコーリンベリー。

JBCならではなのでしょうか?北海道競馬の所属のポアゾンブラックの鞍上が、JRAの浜中俊騎手です。

スタートダッシュ良く、押してJRAのコーリンベリーが先頭、2番手兵庫のタガノジンガロでしたが、外から北海道のポアゾンブラックが交して2番手。
4コーナー回ってもコーリンベリーの脚色衰えず。
馬群から抜け、1完歩ずつダノンレジェンドが差を詰めます。
しかし脚色衰えないコーリンベリーが、3/4馬身おさえて優勝。

コーリンベリーがGⅠ初制覇。
2着はダノンレジェンド、3着は馬群から抜け出したベストウォーリア。

1着 コーリンベリー 1:10.9
2着 ダノンレジェンド 3/4
3着 ベストウォーリア 2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年 JBCレディスクラッシック

11月3日、大井競馬場で、ダート1800mの、3歳以上牝馬統一GⅠのJBCレディスクラッシックがありました。
すいません、忙しさにかまけ、レポート出来ていませんでした。

JBCは、ジャパン・ブリーディング・ファームズ・カップの略で、アメリカのブリーダーズ・カップを参考に、生産者が企画・運営するダート競馬の祭典として、2001年に創設されました。
開催競馬場は、毎年公営競馬上の持ち回りとなっています。
今年は、大井競馬場の開催で、馬場コンディションは不良。

1-1 ユーセイクインサー(牝5、千田洋・笠松・笹野博司)
1-2 カチューシャ(牝6、福永祐一・栗東・角田晃一)
2-3 ホワイトフーガ(牝3、大野拓弥・美浦・高木登)
2-4 ノットオーソリティ(牝4、赤岡修次・船橋・川島正一)
3-5 リュウグウノツカイ(牝4、山崎誠士・川崎・田辺陽一)
3-6 サンビスタ(牝6、岩田康誠・栗東・角居勝彦)
4-7 アムールブリエ(牝4、浜中俊・栗東・松永幹夫)
4-8 アクティフ(牝3、赤嶺亮・大井・赤嶺本浩)
5-9 タッチデュール(牝6、佐藤友則・笠松・山中輝久)
5-10 ブルーチッパー(牝5、幸英明・大井・荒山勝徳)
6-11 アスカリーブル(牝6、本田正重・川崎・鈴木義久)
6-12 ボーラトウショウ(牝5、高野毅・高知・雑賀正光)
7-13 キャニオンバレー(牝5、武豊・栗東・河内洋)
7-14 サイモンガーランド(牝6、矢野貴之・大井・鈴木啓之)
8-15 ブラックバカラ(牝4、永森大智・高知・雑賀正光)
8-16 トロワボヌール(牝5、戸崎圭太・美浦・畠山吉宏)

1番人気は、前走トライアルレース、レディスプレリュード(大井GⅡダート1800m)を勝っている、JRAサンビスタ。
2番人気は、同上レース4着のJRAアムールブリエ。
3番人気は、同上レース2着のトロワボヌール。

ゲートが開いて、大井ブルーチッパーが押して先頭、2番手JRAカチューシャ(、3番手JRAキャニオンバレー。
向こう正面では、ペースに付いて行けない馬が離され、馬群は2つに分かれます。

3コーナーでブルーチッパーが仕掛け、後続を離しにかかりますが、離されまいと後続も追います。
4コーナー回り、アムールブリエとサンビスタがブルーチッパーを交して先頭に立ちますが、内からホワイトフーガが抜けて先頭に立ち、後続を突き放す楽勝。

サンビスタがそのまま粘り、2着。
後ろから突っ込んで来たトロワボヌール3着。

ホワイトフーガが優勝しました。統一GⅠ初制覇。

1着 ホワイトフーガ 1:51.5
2着 サンビスタ 5
3着 トロワボヌール 2 1/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

2015年 マイルチャンピオンシップ南部杯

10月12日に、盛岡競馬場で、統一GⅠ交流競走のマイルチャンピオンシップ南部杯(ダート1600m)がありました。
すいません、忙しさにかまけ、レポート出来ていませんでした。

1-1 タガノトネール 57(セ5、栗東・鮫島、藤岡康太)
2-2 アドマイヤロイヤル 57(牡8 栗東・橋田、村上忍)
2-3 エーシンビートロン 57(牡9 栗東・西園、武幸四郎)
3-4 ニシノカチヅクシ 57(牡6 高知・打越、別府真衣)
3-5 エアラギオール 57(牡7 岩手・小西、南郷家全)
4-6 ポアゾンブラック 57(牡6 北海道・田中、阪野学)
4-7 ワットロンクン 57(牡4 岩手・千葉、山本聡哉)
5-8 ナムラタイタン 57(牡9 岩手・村上、坂口裕一)
5-9 カネマサゴールド 57(セ8 高知・打越、高松亮)
6-10 コミュニティ 57(牡5 岩手・櫻田、山本政聡)
6-11 オグリタイム 57(牡5 北海道・米川、石川倭)
7-12 ベストウォーリア 57(牡5 栗東・石坂、福永祐一)
7-13 ハッピースプリント 57(牡4 大井・森下、宮崎光行)
8-14 ワンダーアキュート 57(牡9 栗東・佐藤正、和田竜二)
8-15 ダブルスター 57(牡6 美浦・伊藤、関本淳)


昨年の覇者ベストウォーリアが1番人気、GⅠ3勝のワンダーアキュート2番人気、大井2冠馬ハッピースプリント3番人気。

タガノトネール、エーシンビートロン、ポアゾンブラックが並走して逃げますが、次第に先頭タガノトネール、2番手ポアゾンブラック、3番手エーシンビートロンとなります。
1番人気ベストウォーリアはその直後につけ、3コーナー回ったところで、前に進出します。
ワンダーアキュートも、負けじと外から逃げ馬に被せて来ました。

4コーナー回り、逃げるタガノトネールを残り200mでベストウォーリアが交すと、後は突き放す楽勝。
脚色怪しかったワンダーアキュートは、ゴール前突っ込んで来るも3着まで。

ベストウォーリアは、昨年に続き南部杯連覇。
GⅠ2勝目。
2着は逃げ粘ったポアゾンブラック、3着は追い込んで来たアドマイヤロイヤル。

1 ベストウォーリア 1:36.8
2 タガノトネール 2
3 ワンダーアキュート ハナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

2015年 天皇賞秋(馬券予想)

10月31日は、3歳以上中距離GⅠレース、天皇賞秋(東京芝2000m)が行われます。

1-1 ディサイファ(牡6、四位洋文・小島太)
1-2 アンビシャス(牡3、M.デムーロ・音無秀孝)
2-3 サトノクラウン(牡3、C.ルメール・堀宣行)
2-4 ダコール(牡7、三浦皇成・中竹和也)
3-5 クラレント(牡6、田辺裕信・橋口弘次郎)
3-6 カレンミロティック(セ7、吉田豊・平田修)
4-7 ラストインパクト(牡5、菱田裕二・松田博資)
4-8 ラブリーデイ(牡5、浜中俊・池江泰寿)
5-9 エイシンヒカリ(牡4、武豊・坂口正則)
5-10 ペルーサ(牡8、柴山雄一・藤沢和雄)
6-11 ワンアンドオンリー(牡4、内田博幸・橋口弘次郎)
6-12 ダービーフィズ(牡5、C.デムーロ・小島太)
7-13 ヴァンセンヌ(牡6、横山典弘・松永幹夫)
7-14 ステファノス(牡4、戸崎圭太・藤原英昭)
7-15 ショウナンパンドラ(牝4、池添謙一・高野友和)
8-16 イスラボニータ(牡4、蛯名正義・栗田博憲)
8-17 スピルバーグ(牡6、北村宏司・藤沢和雄)
8-18 アドマイヤデウス(牡4、岩田康誠・橋田満)

単勝人気は、以下の通りです。

①エイシンヒカリ 4.0
①ラブリーデイ 4.0
③ディサイファ 8.8
③アンビシャス 8.8
⑤ショウナンパンドラ 10.4

時間がないので、手短に。

トライアルの強さから、ラブリーデイの強さは本物かな?・・・と。
13番以降の外枠は、近年成績が悪いので軽視。
12番以前の馬番で、騎手でチョイスすると。

1-2 アンビシャス(牡3、M.デムーロ・音無秀孝)
2-3 サトノクラウン(牡3、C.ルメール・堀宣行)
6-11 ワンアンドオンリー(牡4、内田博幸・橋口弘次郎)
6-12 ダービーフィズ(牡5、C.デムーロ・小島太)

デムーロ兄は、来週から騎乗停止だからどうかなぁ?
サトノクラウンは、調教VTRを見ましたが、調子が良くは見えませんでした。

と言う事で、内博とデムーロ弟で勝負。
ちなみに例年のデータでは、ダービーフィズは買える要素なく、ワンアンドオンリーも切る有力候補ではありますが。

3連単3連複 8-11-12(1485.7)
マッチ棒 50本

自信は・・・来たらラッキー!

----------------------

またまた、かすりもしなかったです(涙)。

現在の収支:
マッチ棒 -32,925

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »