« 2015年 ジャパンカップ | トップページ | 2015年 有馬記念(馬券予想) »

2015年12月19日 (土)

2015年 チャンピオンズカップ

12月06日は、3歳以上ダートGⅠレース、チャンピオンズカップ(中京ダ1800m)が行われました。

1-1 ノンコノユメ(牡3、C.ルメール・加藤征弘)
1-2 サウンドトゥルー(セ5、大野拓弥・高木登)
2-3 ワンダーアキュート(牡9、和田竜二・佐藤正雄)
2-4 サンビスタ(牝6、M.デムーロ・角居勝彦)
3-5 ニホンピロアワーズ(牡8、酒井学・大橋勇樹)
3-6 ナムラビクター(牡6、秋山真一郎・福島信晴)
4-7 コパノリッキー(牡5、武豊・村山明)
4-8 ダノンリバティ(牡3、A.アッゼニ・音無秀孝)
5-9 ローマンレジェンド(牡7、岩田康誠・藤原英昭)
5-10 グレープブランデー(牡7、R.ムーア・安田隆行)
6-11 コーリンベリー(牝4、松山弘平・小野次郎)
6-12 クリノスターオー(牡5、H.ボウマン・高橋義忠)
7-13 ホッコータルマエ(牡6、幸英明・西浦勝一)
7-14 ガンピット(セ5、Z.パートン・C.ファウンズ)
8-15 グランドシチー(牡8、津村明秀・相沢郁)
8-16 ロワジャルダン(牡4、浜中俊・戸田博文)

1番人気は前走JBCクラッシック2連覇のコパノリッキー、2番人気は交流GⅠ9勝のホッコータルマエ、3番人気はジャパンダートダービー勝ちの驚異の追い込み馬ノンコノユメ。
今年は香港から、ガンピットも参戦しました。

コーリンベリーが行こうとしましたが、内枠を利してコパノリッキーが逃げました。
2番手は外を被せるようにクリノスターオー。
3番手はニホンピロアワーズと外にガンピット。
ホッコータルマエは、その後に付けました。
追い込み馬のノンコノユメは、定位置のブービー。

スタートからの3F(600m)は35.1の芝のレースですか!?と言うハイペース。
それにも関わらず、先行グループは付いて行って団子状ですが、付いて行けない馬は置かれ、縦長の馬群です。
1000m通過は59.8と、ダートのレースにしてはハイペースで、ペースが落ちません。

3-4コーナーで早目にホッコータルマエが動き、4コーナー回る頃にはコパノリッキーの外まで迫りました。
ブービーを追走していたノンコノユメは、インコースを突きました。
直線向いて、ホッコータルマエが懸命に追いますが、コパノリッキーとの差がなかなか縮まりません。
インコースから、ノンコノユメが馬群をごぼう抜きします。
ホッコータルマエと同じ位置を追走して、直線まで仕掛けるのを待ったサンビスタが、外から悠然とホッコータルマエ、そしてコパノリッキーを交して先頭に立ちました。
最後方にいたサウンドトゥルーが、凄い脚で突っ込んで来ました。

脚色衰えなかったサンビスタが、1馬身1/2差を付けての楽勝。
良くインコースを突いて伸びて来たノンコノユメ2着、サウンドトゥルー3着。
2着、3着が離れた後方にいた馬ですから、ハイペースのこのレースは、本来なら前総崩れのレースのはず。
それを先行したサンビスタが、最後までしっかりした脚色で、セイフティリードを保ちました。
このレース、牝馬初優勝。

3歳のノンコノユメ2着は立派ですが、今回はサンビスタに届きそうになかった。
それにしても、サンビスタ鞍上のミルコ・デムーロは、今回も思い切った騎乗をしましたね。
天才的騎乗と言われるゆえんでしょう。

1着 サンビスタ 1:50.4
2着 ノンコノユメ 1 1/2
3着 サウンドトゥルー クビ


|

« 2015年 ジャパンカップ | トップページ | 2015年 有馬記念(馬券予想) »

H8015.2015年 JRA GⅠレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467659/63043197

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 チャンピオンズカップ:

« 2015年 ジャパンカップ | トップページ | 2015年 有馬記念(馬券予想) »