B4902.隠蔽捜査シリーズ

2012年3月10日 (土)

隠蔽捜査2 果断 / 今野敏

まずは前作と重なりますが、今野敏の簡単な紹介を。

今野敏は、かなりの多作作家、ジャンルも、警察小説、テレビドラマで有名な安積班ものとか、空手・格闘技系の小説、SF、伝奇もの、超能力もの等々。

特に最近よく出版され、売れている警察小説も、ブームになる遥か前から手がけていました。
警察小説とは、警察組織、警察機構を背景に、警察官が事件に当たる小説の事です。
その内容は、勧善懲悪的な、単純なストーリーではなく、警察組織、警察機構の矛盾と戦いつつ、事件の解決に当たるストーリーがほとんどです。
ただ、今野敏の警察小説は、警察組織、警察機構の矛盾と戦いつつ・・・と言う点は、それほど強くありません。

今回は、前作の「隠蔽捜査」の後日談となります。

東大卒で警察庁長官官房、総務課長のだった竜崎伸也は、息子の起こした麻薬事件で息子を自首させ、覚悟の上大森警察署署長に降格された。
ある日、高輪署管内で消費者金融の強盗事件が発生し、逃走した3名の犯人確保のため、大森署にも緊急配備(キンパイ)指令が来た。
大森署の交通課長の手配に漏れがあり、気付いて配備させた時間差で、大森署管内からすり抜けた犯人が、碑文谷署管内で本庁機動隊に2名逮捕された。
逃走した1名の行方は、依然不明。
キンパイの最中に、大森署管内の小料理屋「磯菊」で喧嘩しているとの、通報が入った。

大森警察署の上位組織、第二方面本部の野間崎管理官が、キンパイの失態に、方面本部の面子が潰された、タルんでいると怒鳴り込んで来た。
野間崎管理官をあしらうため、同期で幼馴染の、第二方面本部の上位組織、刑事部長の伊丹に電話して口添えしてもらった。

竜崎は、大森署管内の「磯菊」の喧嘩の確認をするよう命じると、現場の警察官に向かって店内から発砲して来た。
単なる喧嘩の通報が、人質立てこもり事件となり、すぐに大森署に指揮本部が立ち上がった。
刑事部長の伊丹が、大森署到着し、指揮本部の本部長となる。
慣例では、所轄署署長が副本部長だが、本部に2人の指揮は不要と、竜崎は現場へ行った。
現場では捜査一課特殊班(以後SIT)いて、縄張り争いに興味のない竜崎は、大森署署員を専門家のSITの指揮下に入れた。

竜崎が到着して、1時間以上経過し、事件は膠着(こうちゃく)状態。現場に、対テロ、ハイジャックなどの突入の専門部隊、第六機動隊第七中隊(以後SAT)も到着した。
さらに2時間以上が経過し、立てこもり犯は発砲して来て、人質の安全も懸念されるため、SATは竜崎に突入の意見具申をした。
伊丹は、あくまで刑事部に所属するSITによる解決を主張したが、人質の安全確保、早期解決のため、竜崎はSATに突入を命じた。
SATは突入後して、人質は無事確保、犯人は射殺されて、発見された。

後で判明したのは、突入の際、犯人の銃は弾切れ。SATが丸腰の犯人を射殺したと、新聞で叩かれた。
警察内でも騒ぎ出し、立てこもり事件の指揮が適切だったか、警察庁の監察官が、事件の査問をする事となった。
査問の担当は、竜崎も知っている、優秀な官僚の小田切主席監察官。
警察官にとって、そもそも査問が不名誉であり、査問結果によっては懲戒、場合によってさらに地方に飛ばされかねない。
以前あしらった、野間崎管理官からは、竜崎に不利な報告が、監察官に上がっているように考えられた。

新聞社に、犯人の銃が弾切れだった事を漏らした警察官として、警察官としての態度が悪い、戸高部長刑事ではないかとのウワサがあった。
戸高をについて調べている過程で、戸高から、この立てこもり事件に、不審な点が多過ぎると指摘された。

良い小説家と、良い料理人は、似ていますね。
両者とも、どんな作品でも一定水準を超えると言う事です。
この作品は、一定水準を超えるどころか、前作に勝るとも劣らない名作ですけどね。

まず、前作「隠蔽捜査」での主人公、竜崎の設定は、東大卒、バリバリのエリート官僚、警察庁の長官官房総務課長。
しかし今回は、左遷により大森署署長として、事件に当たります。
現場捜査員ならともかく、捜査実務はしない警察署署長も、主人公にはしにくいですよね。

主人公の竜崎は、地位に汲々としている小役人なんかではなく、常に正しい原則に沿って行動する、いわば痛快な人物なんですね。
妻も、同期の伊丹も、そんな竜崎を変人扱いします。
前作同様、こんな強烈な主人公を考え出したら、小説としては半分成功したものでしょう。

今回は、前作とは違い、小説タイトルはありふれていて、ここからはストーリーは想定出来ません。
今回もストーリーは骨太で、シンプルなんですが、前作より凝っていて、どんでん返しもあります。

今回の事件では、事前に知りえた情報の範囲内で、竜崎の判断にミスはなかった。
しかしキンパイの犯人取り逃がし、その犯人による立てこもり、SAT突入、犯人の射殺、拳銃弾切れと、事態は悪い方へ進みます。
野間崎管理官との折り合いも悪く、窮地に立ちます。

今回のテーマは、戦う意義。
生きると言う事が、すでに戦っているようなものですが、一から十まで、何に対しても戦うことは不可能です。
しかし人は、本当に戦うべき時に、大人の判断と称して戦わなかったりしますね。
変人の竜崎は、己の信じるところに立ち向かい、戦います。
まあ、この強烈なキャラクターですから。

前作で、態度が悪い刑事として描かれていた戸高が、大活躍。
実は優秀な鬼刑事だったんですね。
興味のない事に無頓着になるのは、一芸に秀でた人に見られる傾向でもあります。

立てこもり犯が瀬島、人質が源田と来ると、太平洋戦争中の陸軍参謀本部作戦課の瀬島龍三と、海軍の航空畑の源田実をイメージしちゃいますね。
この辺からネーミングしたのかは、分かりませんが。

素晴しい登場人物に、素晴しいストーリー、これで面白くない訳がありません。

この作品も、前作同様、土曜ワイド劇場で映像化しています。
自分は再放送を見ました。
事件の発端が小説と異なり、どうしてなんだろうと思っていたら、ラストでお涙頂戴の演技にする、伏線でした。
ラストシーンは、土曜ワイド劇場お決まりの、断崖のシーン(笑)。
こう言う予定調和的なストーリーは、見飽きたし、いい加減白けるんですけどね。
キャスティングも疑問でした。
それ以外は、端折ってはいますが、ほぼ小説に忠実なストーリー・・・悪くはなかったんですが。

次作の、「隠蔽捜査3 疑心」も読了しました。その内、アップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

隠蔽捜査 / 今野敏

今野敏は、かなりの多作作家、ジャンルも、警察小説、テレビドラマで有名な安積班ものとか、空手・格闘技系の小説、SF、伝奇もの、超能力もの等々。
ちなみに、このブログで取り上げた、東直己佐々木譲今野敏、いずれも北海道出身作家ですが、これは単なる偶然です。
たまたま最近読んで面白かった作家に、北海道出身が多かっただけの事です。

特に最近よく出版され、売れている警察小説も、ブームになる遥か前から手がけていました。
TBSのドラマで放送している「ハンチョウ〜神南署安積班〜」なんかは、最初の作品「東京ベイエリア分署」が、1988年ですから。

警察小説とは、警察組織、警察機構を背景に、警察官が事件に当たる小説の事です。
その内容は、勧善懲悪的な、単純なストーリーではなく、警察組織、警察機構の矛盾と戦いつつ、事件の解決に当たるストーリーがほとんどです。
ただ、今野敏の警察小説は、警察組織、警察機構の矛盾と戦いつつ・・・と言う点は、それほど強くありません。
この作品は、2005年に発表され、それまで賞には縁がなかった今野敏に、吉川英治文学新人賞をもたらします。

東大卒で警察庁長官官房、総務課長の竜崎伸也の業務の1つは、マスコミ担当でもある。足立区綾瀬で起こった、暴力団員殺人事件の報告が来ない事に、いらだっていた。
しかも、殺害された暴力団員は、かつて1980年代末に足立区で起きた、誘拐、監禁、強姦、殺人、死体遺棄事件の実行犯の1人。
マスコミに嗅ぎつけられ、あらぬ方向で大騒ぎになったら、官房長官に対して、知りませんでしたでは済まない。

所轄の警視庁刑事部長、竜崎の幼馴染で同期の伊丹俊太郎に食ってかかったが、伊丹はちゃんと警察庁刑事局へは報告していた。
刑事事件の縄張り意識で、長官官房に情報を寄越さなかったのは、刑事局課長の坂上だった。

2件目、同じ足立区の事件の逮捕者が、さいたま市内の潰れたスナック跡地で、発見された。
同一犯の事件として、綾瀬に捜査本部を設置した。
刑事局からは、何の情報も来ず、幼馴染のよしみなのか、伊丹から連絡して来た。

そんな矢先、東大を目指し、浪人していた息子の邦彦が、部屋でタバコの先にヘロインを付着させて、吸っているのを発見した。
官僚本人ではなく、家族の事とは言え、監督不行き届きで、自分に処分が下る事は間違いない。
伊丹にどうした良いか相談したら、もみ消せと言う。
竜崎がこれまで築いたものが台無しになり、警察評判も落ちる。だれも事件を公にして、喜ばないと。
竜崎は、もみ消すと言う事は念頭にはなかったが、事件が発覚した際に、もっと悪い事態になるため、納得出来ない処置であった。

大森署で、多数の打撲傷のある変死体が発見された。被害者は、過去にホームレスの傷害、殺人で逮捕された。
一見犯行現場も、手口も異なる3件の殺人だが、いずれも凶悪な少年犯罪で、当時の少年法の元、量刑が軽かった事件だ。

3件の事件をカレンダー上で見て、所轄警察官の3交代制、日勤、第一当番、第二当番、非番のシフトと一致している事を発見した。
伊丹もその事に気付いていて、警察官を調査して、被疑者を特定しつつあった。

被疑者が非番の時、被疑者を監視していた警察官が、被疑者の行動を誤解して、捜査本部の指示なく、逮捕してしまった。
逮捕された警察官は、すぐに全面自供。
しかし、証拠が見つかるまで、発表は控えていた。

警察官が犯した殺人事件で、大騒ぎになるかと思われたが、様子がおかしい。
自供したにも関わらず、凶器の発見に、無為に手間取っている。
どうやら、現場捜査の上層部で、事件の隠蔽が指示されているように思えた。

東日新聞編集長、福本が、警察がこの事件を隠蔽しようとしているのではないかと、疑義を表明した。
事件の隠蔽をやめさせようと、竜崎は、伊丹の捜査本部へ向かった。

今野敏は、名前は知っていたものの、2007年頃読んだ、この作品が初めてです。

まず、凡人は、こんな設定の主人公にはしないでしょう。
雑草のような、現場たたき上げの主人公は数あれど、東大卒、バリバリのエリート官僚、警察庁の長官官房総務課長。
この総務課長ってのが、直接捜査に関係ないので、主人公にしにくいですよね。
自分がこの作品を読もうと思ったのも、この小説として成立しにくい、この主人公です。

主人公の竜崎は、地位に汲々としている小役人なんかではなく、常に正しいと信じる原則に沿って行動する、いわば痛快な人物なんですね。
地位もあるわけですから、もっと楽に、部下に丸投げして仕事をする事も可能なんでしょうが、2件目の殺人事件の際は、日曜にも関わらず、マスコミ対応に出勤して、伊丹をあきれさせます。
妻も、伊丹も、そんな竜崎を変人扱いします。
こんな、強烈な主人公を考え出したら、小説としては半分成功したものでしょう。

足立区綾瀬、誘拐、監禁、強姦、殺人、死体遺棄事件と来れば、モデルは、1989年「女子高生コンクリート詰め殺人事件」ですよね。
自分はこの事件詳細を途中まで読んで、あまりの酷さに読了せず、今でもトラウマになっています。

ホームレスの傷害、殺人の方は、1983年「横浜浮浪者襲撃殺人事件」ですね。

小説タイトルからと、1/3くらい読了して、自分はストーリーが大体見えました。
底の浅い作品でしょうか?・・・さにあらず。
ストーリーは骨太で、シンプルなんですが、登場人物のヒューマンストーリーで読ませる作品なんです。
だからこそ、この強烈な主人公。

事の軽重はともかく、だれでも失敗をやらかした事はあるでしょう。
そして簡単に考え、隠蔽しようとした事も。
そして、隠蔽した事で、事実が発覚した後、もっと悪い事態になった事はありませんか?

この小説は、そんな誰しも経験するであろう事柄を、事件に絡めて訴えかけているのです。
恐らく、ほとんどの人は、息子の邦彦の麻薬も、殺人事件も隠蔽しようとするんじゃないですかね?

結末は、読んでもらえば、予想通りだった事が分かります。
そして読み終えて、あなたは言うでしょう、この作品は面白かったと。

この作品、土曜ワイド劇場で映像化したようですが、自分は見ていません。

最後に、態度の悪い大森署の刑事、戸高が出て来ます。
この戸高は、次作、「隠蔽捜査2 果断」で大活躍します。
遠からず、「隠蔽捜査2 果断」の書評もアップ予定です。

空手道今野塾を主宰していまして、空手を題材にした小説も凄いんですよ。
こちらもそのうち、紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A.食べ歩き A100.旬の料理 A1000.食材と調理法 A1001.食材と調理法(野菜) A1002.食材と調理法(青菜) A1006.食材と調理法(ソース) A101.印象に残った料理 A102.魅惑の中国料理 A1021.食材と調理法(料理/日本) A1023.食材と調理法(料理/フランス) A1025.食材と調理法(料理/インド) A103.魅惑のナポリ・ピッツァ A104.魅惑の南インド料理 A105.魅惑のコーヒー A106.レシピ A12.港区:虎ノ門・神谷町界隈 A2012.2012年に食べた料理ベスト3 A2013.2013年に食べた料理ベスト3 A2014.2014年に食べた料理ベスト3 A999.食文化その他 B.書評 B0001.小杉健治 B0002.東直己 B0003.ディック・フランシス B0004.佐々木譲 B0005.今野敏 B0006.越智春海 B0007.三上延 B0008.三浦しをん B4901.ススキノ便利屋探偵シリーズ B4902.隠蔽捜査シリーズ B4903.ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ B4904.まほろ駅前シリーズ B5001.検察者 B5002.探偵はバーにいる B5003.バーにかかってきた電話 B5004.利腕 B5005.笑う警官 B5006.向こう端にすわった男 B5007.探偵は吹雪の果てに B5008.隠蔽捜査 B5009.ビルマ決戦記 B5010.隠蔽捜査2 果断 B5011.探偵、暁に走る B5012.ビブリア古書堂の事件手帖 B5013.探偵はひとりぼっち B5014.ニューギニア決戦記 CINEMA.映画評論 CINEMA0001.探偵はbarにいる CM D.ドラマ H2011.2011年 競馬予想 H2012.2012年 競馬予想 H2013.2013年 競馬予想 H2014.2014年 競馬予想 H2015.2015年競馬予想 H3001.伝説の名レース H3101.平成三強物語 H3102.イナリワン H3103.オグリキャップ H3104.スーパークリーク H3105.平成三強物語外伝 H3106.チヤンピオンスター H3107.ヤエノムテキ H3108.タマモクロス H3109.サッカーボーイ H3110.フエートノーザン H3111.ロジータ H3601.トウケイニセイ H3602.ルージュバック H5011.2011年 海外競馬 H5012.2012年 海外競馬 H5013.2013年 海外競馬 H5014.2014年 海外競馬 H5015.2015年 海外競馬 H5016.2016年 海外競馬 H6011.2011年 地方競馬 H6012.2012年 地方競馬 H6013.2013年 地方競馬 H6014.2014年 地方競馬 H6015.2015年 地方競馬 H6016.2016年 地方競馬 H7011.競馬その他 H8014.2014年 JRA GⅠレース H8015.2015年 JRA GⅠレース H8016.2016年 JRA GⅠレース Music Music.AB'S Music.Airplay Music.Al Jarreau Music.Al Mckay Music.Allen Vizzutti Music.Bill Champlin Music.Boom Boom Satellites Music.Bootsy Collins Music.Boz Scaggs Music.Brian Auger Music.Buzz Feiten Music.Chick Corea Music.Chickenshack Music.David Foster Music.David Sanborn Music.Derek Trucks Music.Dis Bonjur a la Dame Music.Earth, Wind & Fire Music.FREESTYLE Music.Full Moon Music.Greg Mathieson Music.Herbie Hancock Music.Hummingbird Music.Jay Graydon Music.Jeff Beck Music.Jeff Porcaro Music.John Frusciante Music.John Mayer Music.Kayo Music.Larry Carlton Music.Larsen Feiten Band Music.Lee Ritenour Music.Linda Lewis Music.Marcus Miller Music.Max Middleton Music.Maze featuring Frankie Beverly Music.miwa Music.Neil Larsen Music.Nile Rodgers Music.Perfume Music.Queen Music.RADWIMPS Music.Red Hot Chili Peppers Music.Robben Ford Music.Russell Ferrante Music.Santana Music.Speedometer Music.Stanley Clarke Music.Stanley Jordan Music.Steely Dan Music.STEREO PLASTIC Music.Steve Lukather Music.T-Bone_Walker Music.TOTO Music.Vinnie Colaiuta Music.やまがたすみこ Music.上原ひろみ Music.在日ファンク Music.松原正樹 Music.梅津和時 O.その他 P1001.プロレス 節電情報