A106.レシピ

2015年5月26日 (火)

鶏挽肉のガパオ炒めごはん ~ レシピ

 今後、このブログでもレシピもアップしたいと思います。
 かのサイトからコピペしますので、いつもの「ですます調」ではなく、体言止めの文体とします。


コンセプト


料理名について

 鶏挽肉のガパオ炒めごはん鶏挽肉のバジル炒めごはんとか、さまざま呼ばれているが、同じ料理だ。
 色々なところで書いているが、海外の料理を、日本語に無理やり訳すると、各人の訳の違いから、同じ料理が別の呼び名となる事が多い。
 分かる人は、生のホーリー・バジルの葉=バイ・ガパオなので、両者が同じ料理だと気付くが、タイ料理に詳しくない人なら、別の料理だと思っても不思議はない。

 一般的なタイ語の料理名だと、パッ・ガパオ・ガイあたりだろうか?
 この料理、さまざまなバリエーションがあり、例えば鶏挽肉ではなく、大降りにカットした鶏肉を使うとか、ガパオも葉ではバイ・ガパオと呼ぶのが正しい。
 なので、誤解を受けないよう正確に表記すると、パッ・バイ・ガパオ・ガイ・サップ・ラート・カオ・カイ・ダオとなる。
 個々の単語は、パッ=炒める、バイ・ガパオホーリー・バジルの葉、ガイ=鶏肉、サップ=挽肉、ラート=~の上に、カオ=ごはん、カイ・ダオ=目玉焼き・・・となる。
 料理名が、じゅげむ状態(笑)。


タイ国内で食べられているポピュラーなレシピとは?

 自分のタイ料理の好物でもあり、友人からは作るのは難しくないとの事だった。
 作ってみて、少しだけ塩辛かったのを除けば、1度で上手に作れた。

 この料理は、完成されていて、オリジナルテイストを加えるのは蛇足に過ぎないと考える。
 なので、ここに記すレシピも、タイ料理のポピュラーなレシピ。

 ・・・と書くと、あえてレシピを公開しなくとも良いのではないか?・・・と思われるかも知れないが、実はこの料理、日本でタイ料理のポピュラーなレシピのものを出す店は1パーセント以下の少なさ。
 つまり、日本でパッ・ガパオ・ガイを食べた事しかない人は、ポピュラーじゃないレシピものを食べているのだ。

 そのせいかどうか、ネットの日本語情報でも、間違った日本で出されているパッ・ガパオ・ガイのレシピの方が多い。
 ネットが普及すると、情報だけはたっぷり氾濫しているが、それ故何が真実なのか分かりにくくなっている気がする。

 ネット上では、簡単で美味しい鶏挽肉のガパオ炒めごはん」とか書いている情報で溢れている。
 本当に「簡単で美味しく」作れるなら、世の中の料理人は皆失業する。
 「簡単で美味しい」と言う文言は、料理の得意でない、また料理することが好きでない世の大多数に記事を読んでもらい、時にはアフェリエイトとで稼ごうとする、姑息な手段に過ぎない。
 真実の道(つまりは本物のレシピ)に、回り道など無いのである。

 タイ語のサイトのレシピ、いくつかを見て思うのは、タイ王国では鶏挽肉とバイ・ガパオだけで作っているケースが多い。
 日本では、99パーセントに野菜が入っている。
 例えば玉ネギやピーマン、タケノコ等を入れると、色合い、食感の違いが出るものの、これらは主役食材の鶏肉を美味くするだろうか?
 料理において、意味のない不要な食材を入れるのは、料理を不味くしこそすれ、美味くする事はない。

 辛うじて、玉ネギと鶏肉は相性が良いものの、鶏肉は玉ネギを入れなければ臭味があるようなシロモノでもない。
 むしろ、食感のじゃまになるように思う。
 そもそも玉ネギを入れて美味くなるなら、タイ人が同じように食べているだろう。


鶏挽肉の調理法

 料理名は、鶏挽肉となっているが、鶏の固まり肉を手切りして、粗目の挽肉にする。
 市販されている鶏挽肉では、挽きが細か過ぎて、調味料と共に炒めた時に、鶏挽肉の味が抜けてしまう。
 バイ・ガパオは、日本のタイ料理店では考えられないほど大量・・・50枚くらい入れる。
 粗目に切った鶏挽肉の食感と、バイ・ガパオの香りの組み合わせが、たまらない。


バイ・ガパオは大量に入れる

 そして、日本のタイ料理店のパッ・ガパオ・ガイは、平均してバイ・ガパオホーリー・バジル)を10枚以下の少量しか入れない。
 それに対して、タイ語のサイトを見ると、個人のレシピ、または屋台で食事したブログを見ると、大量のバイ・ガパオを使っている。

 2000年代以前はバイ・ガパオは高価で、一部のタイ食材店以外でバイ・ガパオを見かける事はなかったが、近年気の利いたスーパーでも見かけるようになった。
 2005年ごろ、上野のセンター街の地下で見かけた時には、輸入物推定250枚(5人前分)くらいが200円台の安さだった。
 これだけ値が下がったのなら、もうそろそろタイ人が経営するタイ料理店で、バイ・ガパオを大量に入れても良いのではないか?

 近年では、日本国内でもバイ・ガパオが栽培されているが、まだまだ高価なようだ。

 ちなみにネットでよく言われているように、スイート・バジルで代用可能・・・と言う事は決してない。
 両者を比べれば分かるが、香りが全然違う。
 スイート・バジルしかないなら、自分はこの料理を作らない。
 バジルに限らず、料理において代用が利くものなど多くはない。


調味料について

 調味料は、タイ王国内ならナム・プラ、シー・ユー・カオ(タイの薄口醤油)、ナム・マン・ホイ(タイのオイスター・ソース)、ダシ汁、ニンニク、砂糖を使用する。
 自分もシー・ユー・カオナム・マン・ホイを買って来て作ってみたが、シー・ユー・カオの風味はイマイチ。
 これって、まっとうに作った醤油なのだろうか?
 ナム・マン・ホイに至っては、調味料として1人前あたり5グラムくらいしか使用しないのに、食べると舌が化学調味料でビリビリすると言う、凄まじい破壊力(苦笑)。
 残念ながらタイの調味料は諦めて、醤油は日本のちゃんとした井上醤油店の古式しょうゆ、添加物・化学調味料不使用の亜細亜食品オイスター・ソースを使用した。
 味は変わってしまうが、まっとうなシー・ユー・カオナム・マン・ホイが入手出来ないので、やむを得ない。

 この料理は、汁気が多いと、ごはんが水っぽくなって美味くない。
 汁気が多過ぎないように、適度に煮詰める必要がある。


ごはんについて

 この料理では、ぜひともタイのジャスミン・ライスを使ってもらいたい。
 日本料理では、日本の米が合うが、タイ料理ならばタイの米が合う。

 タイでは伝統的には、湯取法と言うタップリの湯に米を入れて茹で、湯を捨てて蒸らす炊き方だった。
 湯取法は、誰でもそこそこ美味しくごはんが炊け、米がパラパラする利点があるが、反面米を茹でた際、湯の対流によって米の表面が荒れる難点がある。

 日本では技術が難しい炊干法で、米が炊かれて来た。
 炊干法を自動的に行えるようにしたのが日本の炊飯器で、現在タイでも炊飯器でごはんを炊くのがポピュラー。

 両方試してみると良いと思うが、この料理において、米の表面が荒れ、米の食感が悪くなる湯取法のメリットは無いと考える。
 むしろジャスミン・ライスの香りを活かす意味でも、炊飯器で炊いた。


目玉焼きについて

 目玉焼きは、タイ国内で良くある固焼きではなく、半熟で作った。
 タイ人は半熟の目玉焼きを気持ち悪がるので、玉子を固焼きにする。
 自分としては、玉子は半熟が美味いと思う。

 調理が簡単なのに美味しくて、化学調味料が入らないので、すっきりとした味わいになる。



材料(1人前)

 <食材>
 ①ジャスミン・ライス 150g
 ②鶏モモ肉 150g
 ③バイ・ガパオホーリー・バジル) 約50枚
 ④生唐辛子 大1/2本(小なら1本程度)
 ⑤ニンニク 少1片
 ⑥パク・チー 2本

 <合わせ調味料>
 ⑦ダシ汁 15ml
 ⑧醤油(井上醤油店 古式しょうゆ) 5g
 ⑨ナム・プラ 8g
 ⑩オイスターソース亜細亜食品) 4g
 ⑪三温糖 4g



食材の準備

 a.鶏肉を2-3ミリ角に手切りする
 b.ニンニクをみじん切りにする
 c.生唐辛子を輪切りにする



合わせ調味料の準備

 a.⑦から⑪の調味料を合わせる
 ※もし塩気が足りなかったら、塩で調整



調理

 a.ジャスミン・ライスを1時間程度水に漬け、炊飯器で炊く
 b.強火でニンニクを炒め、表面に火が通ったら唐辛子を入れて炒める
 c.鶏肉を加えて炒め、表面が白くなったら合わせ調味料を入れて炒める
 d.合わせ調味料が適度な量になるまで煮詰め、バイ・ガパオを入れてサッと炒める
 e.ジャスミン・ライスと炒めた鶏挽肉を盛りつけ、パク・チーで飾る
 f.目玉焼きを焼いて、ジャスミン・ライスの上に乗せる



できあがり

 この料理の主役は、ジャスミン・ライスであり、鶏肉でもあり、バイ・ガパオでもあるが、一番のポイントは調味料のバランス。
 塩気、甘味、香り、旨味をバランス良く配合する事。
 味が決まれば、ジャスミン・ライス、鶏肉、バイ・ガパオの香り、少量の調味料の味わいが加わり、得も言われぬ味となる。

 余談だが、目玉焼きをセルクルに入れて焼いたのだが、白身がセルクルにくっついてしまった。
 何か上手い方法がないものか?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A.食べ歩き A100.旬の料理 A1000.食材と調理法 A1001.食材と調理法(野菜) A1002.食材と調理法(青菜) A1006.食材と調理法(ソース) A101.印象に残った料理 A102.魅惑の中国料理 A1021.食材と調理法(料理/日本) A1023.食材と調理法(料理/フランス) A1025.食材と調理法(料理/インド) A103.魅惑のナポリ・ピッツァ A104.魅惑の南インド料理 A105.魅惑のコーヒー A106.レシピ A12.港区:虎ノ門・神谷町界隈 A2012.2012年に食べた料理ベスト3 A2013.2013年に食べた料理ベスト3 A2014.2014年に食べた料理ベスト3 A999.食文化その他 B.書評 B0001.小杉健治 B0002.東直己 B0003.ディック・フランシス B0004.佐々木譲 B0005.今野敏 B0006.越智春海 B0007.三上延 B0008.三浦しをん B4901.ススキノ便利屋探偵シリーズ B4902.隠蔽捜査シリーズ B4903.ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ B4904.まほろ駅前シリーズ B5001.検察者 B5002.探偵はバーにいる B5003.バーにかかってきた電話 B5004.利腕 B5005.笑う警官 B5006.向こう端にすわった男 B5007.探偵は吹雪の果てに B5008.隠蔽捜査 B5009.ビルマ決戦記 B5010.隠蔽捜査2 果断 B5011.探偵、暁に走る B5012.ビブリア古書堂の事件手帖 B5013.探偵はひとりぼっち B5014.ニューギニア決戦記 CINEMA.映画評論 CINEMA0001.探偵はbarにいる CM D.ドラマ H2011.2011年 競馬予想 H2012.2012年 競馬予想 H2013.2013年 競馬予想 H2014.2014年 競馬予想 H2015.2015年競馬予想 H3001.伝説の名レース H3101.平成三強物語 H3102.イナリワン H3103.オグリキャップ H3104.スーパークリーク H3105.平成三強物語外伝 H3106.チヤンピオンスター H3107.ヤエノムテキ H3108.タマモクロス H3109.サッカーボーイ H3110.フエートノーザン H3111.ロジータ H3601.トウケイニセイ H3602.ルージュバック H5011.2011年 海外競馬 H5012.2012年 海外競馬 H5013.2013年 海外競馬 H5014.2014年 海外競馬 H5015.2015年 海外競馬 H5016.2016年 海外競馬 H6011.2011年 地方競馬 H6012.2012年 地方競馬 H6013.2013年 地方競馬 H6014.2014年 地方競馬 H6015.2015年 地方競馬 H6016.2016年 地方競馬 H7011.競馬その他 H8014.2014年 JRA GⅠレース H8015.2015年 JRA GⅠレース H8016.2016年 JRA GⅠレース Music Music.AB'S Music.Airplay Music.Al Jarreau Music.Al Mckay Music.Allen Vizzutti Music.Bill Champlin Music.Boom Boom Satellites Music.Bootsy Collins Music.Boz Scaggs Music.Brian Auger Music.Buzz Feiten Music.Chick Corea Music.Chickenshack Music.David Foster Music.David Sanborn Music.Derek Trucks Music.Dis Bonjur a la Dame Music.Earth, Wind & Fire Music.FREESTYLE Music.Full Moon Music.Greg Mathieson Music.Herbie Hancock Music.Hummingbird Music.Jay Graydon Music.Jeff Beck Music.Jeff Porcaro Music.John Frusciante Music.John Mayer Music.Kayo Music.Larry Carlton Music.Larsen Feiten Band Music.Lee Ritenour Music.Linda Lewis Music.Marcus Miller Music.Max Middleton Music.Maze featuring Frankie Beverly Music.miwa Music.Neil Larsen Music.Nile Rodgers Music.Perfume Music.Queen Music.RADWIMPS Music.Red Hot Chili Peppers Music.Robben Ford Music.Russell Ferrante Music.Santana Music.Speedometer Music.Stanley Clarke Music.Stanley Jordan Music.Steely Dan Music.STEREO PLASTIC Music.Steve Lukather Music.T-Bone_Walker Music.TOTO Music.Vinnie Colaiuta Music.やまがたすみこ Music.上原ひろみ Music.在日ファンク Music.松原正樹 Music.梅津和時 O.その他 P1001.プロレス 節電情報