B5013.探偵はひとりぼっち

2013年5月 6日 (月)

探偵はひとりぼっち / 東直己

またまた東直己の書評で申し訳ありません。
自分は現在、文庫本化されているススキノ探偵シリーズ(ススキノ便利屋シリーズとも言う)は、全て読了しています。
物語の時系列で言うと、「半端者」、「探偵はバーにいる」、「バーにかかって来た電話」、「消えた少年」、「向こう側にすわった男」、「探偵はひとりぼっち」、「探偵は吹雪の果てに」、「駆けてきた少女」、「ライト・グットバイ」、「探偵、暁に走る」、「旧友は春に帰る」となります。
バーにかかって来た電話の2作後の作品になります。

自分は、この作品の書評を書くつもりはなかったのですが、この原作が映画化される事になり、書評を書く事にしました。

これはハードボイルド小説ですが、ハードボイルドについては、拙著の最初の部分をご覧下さい。

オカマバーの筋肉担当のオカマ、マサコちゃんが、11月末の東京の手品のテレビ番組に出て、準優勝した。
俺は札幌のオカマバー、トムボーイズ・パーティで、テレビ放送とタイムリーに、多くのオカマたちと共に応援して、店は歓喜に包まれた。

それから2日後、トムボーイズ・パーティのフローラから、東京に帰って来てすぐ、自宅マンションの駐車場で、マサコちゃんが撲殺された事を知った。
優しい心遣いで、皆から好かれていたマサコチャンの死に、オカマバーの関係者は悲しみに暮れた。
当初、犯人を探し出すと皆意気洋々だったが、警察の捜査のじゃまをしないようにと、誰も積極的に犯人探しはしなかった。

それから3ヶ月近く経った翌2月下旬になっても、マサコちゃんの殺人事件の捜査は、進んでいないように思われた。
その事を思い出した俺は、誰に依頼された訳でもないが、マサコちゃんの殺人事件の真相を突き止める決心をした。
オカマ達に聞き込みを始めたが、皆犯人探しに積極的ではなく、一様に口を閉ざしている。

調べて行くと、マサコちゃんが若い頃、北海道の革新派大物政治家、宗脇厳蔵(むなわき げんぞう)の愛人だったと言うウワサに出会った。
そのせいかどうか、警察はマサコちゃんの殺人事件の解明には積極的でなく、むしろ魔女狩りのようにオカマ達の交友関係を暴いていた。
オカマ達は皆、俺に捜査するなと警告した。
若いオカマが、マサコちゃんが若い頃、宗脇厳蔵の愛人だった事を仲間に話した途端、失踪していた。

雑誌の記事で、占い師の聖清澄(ひじり せいちょう)女史が、マサコちゃんの誠実な人柄に触れていた。
聖清澄に会いに行くと、事件解明の協力を快諾してくれた。

知り合いの暴力団組長、桐原も、この件には指一本動かす気はないと言う。
俺は各方面に、自分がマサコちゃんの殺人事件の真相を暴こうとしている事をアピールした。

そして宗脇厳蔵の最大の支持者で、こぼれた恩恵にあずかっている新堂忠夫(しんどう ただお)についても、調べ始めた。
新堂忠夫は、河川敷を違法に自動車教習センターの敷地として、無償で長年使い続けている。
1970年代半ばに、何者かに襲われ、腹を刺された事があった。

その直後、自宅前で頭を殴られ気絶したり、怪しい市民団体の堤芳信(つつみ よしのぶ)が近づいて来たり、酒を飲んでいてトイレで襲われた。
友人の高田は、自分達に車が突っ込んで来たので、跳ね飛ばしたら、別な車にぶつかって負傷した。
いつも入り浸っているケラーには、怪しい男達がたむろして行けなくなった。
ケラーを見張っていると、怪しい男達がケラーから出て来た途端、銃で撃たれた。
自宅前に張り込んでいた怪しい男に襲われたりした。

知り合いの北海道警察の刑事、種谷も相手にしてくれない。
寝る所を探して行ったサウナのフィンランドセンターでも、怪しい男達につけ回された。
行くところがなくなり、窮余で聖清澄の事務所に、1晩だけ逃げ込んだ。

調べて行くと、事件当夜、宗脇厳蔵にはアリバイがなく、かつ花束を買っていた。
そして殺人現場に、宗脇厳蔵が買ったと思われる花束があった。

知り合いの地方紙編集長、牧園がグランドホテルに部屋を取ってくれた。
友達の北海道日報、松尾がホテルに来て、新堂忠夫の甥、新堂勝利(しんどう かつとし)に会って、協議するよう奨められた。
今は宗脇は罪に服するわけには行かないが、数年したら必ず、この件に片を付けると言う。
俺は、申し出を拒否した。

牧園から、写真週刊誌「ファインダー」で、この件を載せないか提案して来た。
こちらは、仮名、目線を入れる(目に黒線を入れるあれですね)条件で承諾した。

俺は、マサコちゃん時間の犯人を突き止める事が出来るのだろうか?

東直己のススキノ便利屋探偵シリーズの中でも、この作品も500Pオーバーとページ数が多く、作者の熱気が伝わって来ます。
いつも、風呂敷広げ過ぎと書いていますが、このような陰謀ものの主題だと、それはしょうがないでしょう。
自分、あらすじを書いていて思ったのですが、東直己のススキノ探偵シリーズ以外の話、例えば榊原健三のシリーズとか、畝原のシリーズは、割とまとまりがあるのに、この東直己のススキノ探偵シリーズに関しては行き当たりばったり、そしてとっ散らかった感が付きまといます。
これは、主人公の性格に合わせて、作者が意図しているんだろうとは思いますが、この作品を少しだけ読みにくくしており、残念な事の1つでもあります。

通常、どんなに親しかったとしても、この状況で、事件解明に乗り出すのはあり得ませんよね。
でもお気楽キャラのススキノ便利屋探偵だからこそ、すんなり受け入れられます。

暴力団組長の桐原が、この件に首を突っ込むの止めろと忠告し、「みんなトラブルは嫌いなんだよ」と言うと、「俺、小学校の時から不思議だったんだ。もしかしたら俺は、みんなとは違う人間じゃないかってな。今、確信できたよ。俺はやっぱり、みんなとは違うんだ」

冒頭の、レビューを書く気がなかった理由は、ラストですね。
東直己のススキノ探偵シリーズお約束の、最後のどんでん返しではありますが、気に入らなかったのです。
他の方の書評は読んでいませんが、奇想天外ではあるものの、批判の的にもなるストーリーですね。

個人的には、予定調和的にストーリーが進み、その中からどうやって切り抜けるか・・・と言う素直なストーリーの方が良かったように思います。
それ以外は、とても良かったのですが、起承転結の結が良くないと、その作品は好きになるのは難しいです。

本来ならあらすじに、占い師の聖清澄(ひじり せいちょう)の事を書かなかったでしょう。
それなりに重要な役回りではありますが、主要なストーリーの傍流ではあります。
すぐに映画の事も、ブログにアップしますので、そこで何故、聖清澄を書いたのか、明らかにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A.食べ歩き | A100.旬の料理 | A1000.食材と調理法 | A1001.食材と調理法(野菜) | A1002.食材と調理法(青菜) | A1006.食材と調理法(ソース) | A101.印象に残った料理 | A102.魅惑の中国料理 | A1021.食材と調理法(料理/日本) | A1023.食材と調理法(料理/フランス) | A1025.食材と調理法(料理/インド) | A103.魅惑のナポリ・ピッツァ | A104.魅惑の南インド料理 | A105.魅惑のコーヒー | A106.レシピ | A12.港区:虎ノ門・神谷町界隈 | A2012.2012年に食べた料理ベスト3 | A2013.2013年に食べた料理ベスト3 | A2014.2014年に食べた料理ベスト3 | A999.食文化その他 | B.書評 | B0001.小杉健治 | B0002.東直己 | B0003.ディック・フランシス | B0004.佐々木譲 | B0005.今野敏 | B0006.越智春海 | B0007.三上延 | B0008.三浦しをん | B4901.ススキノ便利屋探偵シリーズ | B4902.隠蔽捜査シリーズ | B4903.ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ | B4904.まほろ駅前シリーズ | B5001.検察者 | B5002.探偵はバーにいる | B5003.バーにかかってきた電話 | B5004.利腕 | B5005.笑う警官 | B5006.向こう端にすわった男 | B5007.探偵は吹雪の果てに | B5008.隠蔽捜査 | B5009.ビルマ決戦記 | B5010.隠蔽捜査2 果断 | B5011.探偵、暁に走る | B5012.ビブリア古書堂の事件手帖 | B5013.探偵はひとりぼっち | B5014.ニューギニア決戦記 | CINEMA.映画評論 | CINEMA0001.探偵はbarにいる | CM | D.ドラマ | H2011.2011年 競馬予想 | H2012.2012年 競馬予想 | H2013.2013年 競馬予想 | H2014.2014年 競馬予想 | H2015.2015年競馬予想 | H3001.伝説の名レース | H3101.平成三強物語 | H3102.イナリワン | H3103.オグリキャップ | H3104.スーパークリーク | H3105.平成三強物語外伝 | H3106.チヤンピオンスター | H3107.ヤエノムテキ | H3108.タマモクロス | H3109.サッカーボーイ | H3110.フエートノーザン | H3111.ロジータ | H3601.トウケイニセイ | H3602.ルージュバック | H5011.2011年 海外競馬 | H5012.2012年 海外競馬 | H5013.2013年 海外競馬 | H5014.2014年 海外競馬 | H5015.2015年 海外競馬 | H5016.2016年 海外競馬 | H6011.2011年 地方競馬 | H6012.2012年 地方競馬 | H6013.2013年 地方競馬 | H6014.2014年 地方競馬 | H6015.2015年 地方競馬 | H6016.2016年 地方競馬 | H7011.競馬その他 | H8014.2014年 JRA GⅠレース | H8015.2015年 JRA GⅠレース | H8016.2016年 JRA GⅠレース | Music | Music.AB'S | Music.Airplay | Music.Al Jarreau | Music.Al Mckay | Music.Allen Vizzutti | Music.Bill Champlin | Music.Boom Boom Satellites | Music.Bootsy Collins | Music.Boz Scaggs | Music.Brian Auger | Music.Buzz Feiten | Music.Chick Corea | Music.Chickenshack | Music.David Foster | Music.David Sanborn | Music.Derek Trucks | Music.Dis Bonjur a la Dame | Music.Earth, Wind & Fire | Music.FREESTYLE | Music.Full Moon | Music.Greg Mathieson | Music.Herbie Hancock | Music.Hummingbird | Music.Jay Graydon | Music.Jeff Beck | Music.Jeff Porcaro | Music.John Frusciante | Music.John Mayer | Music.Kayo | Music.Larry Carlton | Music.Larsen Feiten Band | Music.Lee Ritenour | Music.Linda Lewis | Music.Marcus Miller | Music.Max Middleton | Music.Maze featuring Frankie Beverly | Music.miwa | Music.Neil Larsen | Music.Nile Rodgers | Music.Perfume | Music.Queen | Music.RADWIMPS | Music.Red Hot Chili Peppers | Music.Robben Ford | Music.Russell Ferrante | Music.Santana | Music.Speedometer | Music.Stanley Clarke | Music.Stanley Jordan | Music.Steely Dan | Music.STEREO PLASTIC | Music.Steve Lukather | Music.T-Bone_Walker | Music.TOTO | Music.Vinnie Colaiuta | Music.やまがたすみこ | Music.上原ひろみ | Music.在日ファンク | Music.松原正樹 | Music.梅津和時 | O.その他 | P1001.プロレス | 節電情報