H3108.タマモクロス

2015年1月31日 (土)

平成三強物語 まとめページ

競馬には、あいつさえいなければ・・・と言う事は良くありますが、平成の初めに、3頭の偉大なサラブレッドが、しのぎを削って、GⅠレースを取り合った時代がありました。
これは、昭和の3強、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスになぞらえ、この3頭を平成3強と呼びました。

オグリキャップ・・・1988、1990 有馬記念、1989 マイルCS 1990 安田記念
イナリワン・・・1988 東京大賞典(大井)、1989 天皇賞春 1989 宝塚記念 1989 有馬記念
スーパークリーク・・・1988 菊花賞、1989 天皇賞秋、1990 天皇賞春

平成三強物語は当初、平成三強が相まみえた1989年秋シーズンから開始しましたが、その後平成三強のデビューにさかのぼり、1989年春シーズンまで書きました。
残念ながら、ココログは、ブログ記事の順番を自由には変えられないようです。
そのため、平成三強物語のカテゴリを開いても、時系列がバラバラです。
そこで、このページで、時系列に並べてリンクする事にしました。

長い期間の執筆だったので、書き方が途中で変化したりしましたが、気が付いた範囲で修正しました。
スーパークリークの扱いが雑だったので、1記事から3記事に分け、追記しました。
1989年のイナリワンの記事を修正して、2記事から3記事に分けました。
1989年 オールカマー(中山GⅡ芝2200m)、1989年、1990年 京都大賞典(京都GⅡ芝2400m)を新たに加筆しました。

本当はこの当時活躍した外国馬、トニービン、ホーリックス、ベタールースンアップの外伝も書きたいところだったのですが、レース映像が少ないので断念しました。

なお、可能な限り修正はしましたが、その後映像のデッド・リンクも出るでしょう、ご容赦願います。

平成三強物語 - 1986年-1987年 イナリワン(1)

平成三強物語 - 1987年-1988年 オグリキャップ(1)

平成三強物語 - 1988年 イナリワン(2)

平成三強物語外伝 - チヤンピオンスター

平成三強物語 - 1988年 スーパークリーク(1)

平成三強物語 - 1988年 オグリキャップ(2)

平成三強物語外伝 - ヤエノムテキ

平成三強物語外伝 - タマモクロス

平成三強物語 - 1988年 毎日王冠(東京GⅡ芝1800m) オグリキャップ(3)

平成三強物語 - 1988年 スーパークリーク(2)

平成三強物語 - 1988年 天皇賞秋(東京GⅠ芝2000m) オグリキャップ(4)

平成三強物語 - 1988年 菊花賞(京都GⅠ芝3000m) スーパークリーク(3)

平成三強物語外伝 - サッカーボーイ

平成三強物語 - 1988年 全日本サラブレッドカップ(笠松重賞ダート2500m) イナリワン(3)

平成三強物語外伝 - フエートノーザン

平成三強物語 - 1988年 ジャパンカップ(東京GⅠ芝2400m) オグリキャップ(5)

平成三強物語 - 1988年 有馬記念(中山GⅠ芝2500m)

平成三強物語 - 1988年 東京大賞典(大井重賞ダート3000m) イナリワン(4)

平成三強物語 - 1989年 イナリワン(5)

平成三強物語 - 1989年 天皇賞春(京都GⅠ芝3200m) イナリワン(6)

平成三強物語 - 1989年 宝塚記念(阪神GⅠ芝2200m) イナリワン(7)

平成三強物語 - 1989年 オールカマー(中山GⅡ芝2200m)

平成三強物語外伝 - ロジータ

平成三強物語 - 1989年 毎日王冠(東京GⅡ芝1800m)

平成三強物語 - 1989年 京都大賞典(京都GⅡ芝2400m)

平成三強物語 - 1989年 天皇賞秋(東京GⅠ芝2000m)

平成三強物語 - 1989年 マイルチャンピオンシップ(京都GⅠ芝1600m)

平成三強物語 - 1989年 ジャパンカップ(東京GⅠ芝2400m)前編

平成三強物語 - 1989年 ジャパンカップ(東京GⅠ芝2400m)後編

平成三強物語 - 1989年 有馬記念(中山GⅠ芝2500m)

平成三強物語 - 1990年 阪神大賞典(阪神GⅡ芝3000m)

平成三強物語 - 1990年 産經大阪杯(阪神GⅡ芝2000m)

平成三強物語 - 1990年 天皇賞春(京都GⅠ芝3200m)

平成三強物語 - 1990年 安田記念(東京GⅠ芝1600m)

平成三強物語 - 1990年 宝塚記念(阪神GⅠ芝2200m)

平成三強物語 - 1990年 京都大賞典(京都GⅡ芝2400m)

平成三強物語 - 1990年 天皇賞秋(東京GⅠ芝2000m)

平成三強物語 - 1990年 ジャパンカップ(東京GⅠ芝2400m)

平成三強物語 - 1990年 有馬記念(中山GⅠ芝2500m)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

平成三強物語 - 1988年 有馬記念(中山GⅠ芝2500m)

競馬には、あいつさえいなければ・・・と言う事は良くありますが、平成の初めに、3頭の偉大なサラブレッドが、しのぎを削って、GⅠレースを取り合った時代がありました。
これは、昭和の3強、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスになぞらえ、この3頭を平成3強と呼びました。

オグリキャップ・・・1988、1990 有馬記念、1989 マイルCS 1990 安田記念
イナリワン・・・1988 東京大賞典(大井)、1989 天皇賞春 1989 宝塚記念 1989 有馬記念
スーパークリーク・・・1988 菊花賞、1989 天皇賞秋、1990 天皇賞春

最初にこのページを読む前に、平成三強物語 - 1987年-1988年 オグリキャップ(1)平成三強物語 - 1988年 オグリキャップ(2)平成三強物語 - 1988年 毎日王冠(東京GⅡ芝1800m) オグリキャップ(3)平成三強物語 - 1988年 天皇賞秋(東京GⅠ芝2000m) オグリキャップ(4)平成三強物語 - 1988年 ジャパンカップ(東京GⅠ芝2400m) オグリキャップ(5)を一読願います。

今回は、オグリキャップとタマモクロスの3度目の対決、1988年12月25日の有馬記念について書きます。

オグリキャップとタマモクロスは、前々走天皇賞秋で初対決し、2000m芝とタマモクロスよりオグリキャップ向きの条件でしたが、タマモクロスの鞍上南井騎手の好騎乗もあり、タマモクロスの勝利。
前走ジャパンカップで対決し、2着タマモクロス、3着オグリキャップと、タマモクロスに先着を許してしまいました。
ちなみにジャパンカップ優勝は、アメリカのペイザバトラー。

現在の馬齢で言うと、この当時のオグリキャップは3歳。
人間の年齢だと、高校生くらいです。
人間で言うと20歳以上の大人のサラブレッドの年齢、4歳のタマモクロスとの差は少なく、負けて強しの内容でした。

そして当時天皇賞秋ジャパンカップと賞金額は同じながら、1年の競馬で最も盛り上がる有馬記念。
それは現在でも、日本の最強馬決定戦と呼んでも良いレースです。

2度もタマモクロスに先着を許したオグリキャップ陣営は、オーナーが鞍上の河内騎手の騎乗に不満を持ち、有馬記念のみ限定で、当時JRAのNo.1騎手と目されていた岡部騎手に変えました。
後付けで考えると、河内騎手の騎乗がベストとは言い難いと思います。
しかし差して勝って来たオグリキャップに、急に乗り方を変えて先行させるなんてしないでしょう。
ジャパンカップ天皇賞秋の敗戦を踏まえ、先行しましたが、勝負どころで前に行けませんでした。

オグリキャップはさらに、やれる事は全てやろうと、事前に初コースの中山競馬場を下見させます。

一方タマモクロスは鞍上南井騎手によると、天皇賞秋ジャパンカップで消耗していて、本調子ではなかったそうです。
タマモクロスは飼い食いの細い馬だったそうで、目一杯のレースを2戦して消耗していた可能性はあります。
この有馬記念を引退レースに、来期から種牡馬になる事が決まっていました。

この有馬記念には、後に平成3強としてしのぎを削る、菊花賞馬スーパークリーク、前走マイルCSを制したサッカーボーイも出走して来ました。
いずれ稀代の名馬で、例年なら4強対決となったでしょうが、しかし今回に限りこの2頭は脇役。
芦毛の主役2頭に、どこまで迫れるか?程度の扱いでした。

1番人気は単枠指定、単賞2.4倍のタマモクロス。
2番人気は単枠指定、単勝3.7倍のオグリキャップ。
3番人気は単枠指定、単賞4.8倍のサッカーボーイ。

単枠指定とは、この頃馬連はありませんでしたので、特に人気がかぶりそうな馬は、人気馬が取り消したら払い戻しされるよう、その枠に人気馬1頭しか入れない制度です。

4番人気は、武豊人気もあったでしょうが、単枠指定にはならなかった単賞7.4倍のスーパークリーク。
ここまでが10倍以下のオッズ。
逆に言えば単枠指定のせいもあったでしょうが、世間的にはサッカーボーイの方が、遥かに高く評価されていた事になります。
サッカーボーイの鞍上は、ジャパンカップまでオグリキャップの主戦だった河内騎手。
タマモクロス、オグリキャップ打倒に燃えていた事でしょう。

サッカーボーイとスーパークリークが参戦したおかげで、タマモクロスとオグリキャップの枠連、6-7は350円も付きました。

ゲートが空いて、サッカーボーイ出遅れで後ろから2番目、同じくスターと悪かったタマモクロスはサッカーボーイの後ろ・・・最後方。
逃げたのは予想通りレジェンドテイオー、2番手ハワイアンコーラル、3番手ランニングフリー。
オグリキャップは、ジャパンカップ同様先団直後で先行、スーパークリークはオグリキャップをマークするようにすぐ後ろに付けました。

スタート3.5F(700m)は43.7と、遅目のペースで、そのせいかどうかハワイアンコーラルは掛かり気味。
1100m通過1分9秒4と、ペースは上らず。
1コーナー手前には、タマモクロスが少し上って、サッカーボーイを交わしました。

3コーナー手前からペースが上り、各馬上がって行きます。
3-4コーナーで勝負どころと、脚のある馬が上って行きました。
2100m通過タイムは2分10秒0。
3-4コーナー中間からタマモクロスも上って行き、オグリキャップのすぐ後ろに付けました。
スーパークリークはじっとして動かず、サッカーボーイはまだ後方のまま。

直緯線向いて、少しレジェンドテイオーは粘るものの、そのまま後続場群に飲み込まれ、その外からオグリキャップ、タマモクロスが交わしにかかります。
満を持して、スーパークリークも追い出しました。
最後方から凄い足で、サッカーボーイが迫って来ます。

これまでの戦いで、勝負どころでは常にタマモクロスが前。
後ろからオグリキャップが追いかけて、どんなに凄い脚を使っても、タマモクロスと同じ脚色になりました。
このレースでは、オグリキャップが前。

オグリキャップは不器用な馬で、急に追い出すと手前を変える(利き脚を変える)のにモタモタするクセがありました。
天皇賞秋、ジャパンカップも、手前を変えてスピードに乗るまで間が空きました。
このレースのオグリキャップの鞍上、岡部騎手は、少しずつオグリキャップを加速させる事で、オグリキャップのモタモタする癖を出させず、スムーズに加速させました。

オグリキャップは物凄い脚で先頭に出、タマモクロスが追いかけますが、脚色同じで差は詰まりません。
馬群を縫ってスーパークリークが突っ込んで来ましたが、これまた脚色同じ。
前のオグリキャップ、タマモクロスを交わせません。
馬群を縫った際に、斜行してメジロデュレンの進路を妨害してしまいました。

サッカーボーイも出色の脚で突っ込んできましたが、中段からオグリキャップ、タマモクロス、スーパークリークに凄い脚を使われては4番手まで。
脚色でもスーパークリークにやや劣り、2500mの距離適性がどうだったか?

オグリキャップが、これまでの芦毛対決の雪辱を晴らして優勝。
優勝タイムの2分33秒9は速いタイムとは言い難いですが、これはペースが遅かった事もあります。
途中スローペースからペースが上がり、長く良い脚で、しかも切れ味が求められる特殊な競馬になりました。
この全てが、適距離とは言えないオグリキャップに、プラスに働いたように思います。

テン乗り(初乗り)ながら、オグリキャップを完璧に御し、かつモタモタするクセを出さなかった岡部騎手、さすがの騎乗でした。
2年後に安田記念、引退レースの有馬記念で騎乗した武豊騎手も、この有馬記念の時と同じ、ゆっくり加速してモタモタするクセを出させませんでした。
美浦の高松邦男調教師は、岡部騎手の有馬記念の騎乗が、最もオグリキャップにフィットしていたと語っています。

後に騎乗した武豊騎手、南井騎手によると、オグリキャップは真面目な馬で、鞍上の指示に素直に従う、乗りやすい馬だったと語っています。
しかし馬群に包まれるのが苦手ですし、モタモタするクセと相まって、誰でも御せる訳ではなかったように思います。

2着は1/2馬身差から、脚色同じで交わすに交わせなかったタマモクロス。
完調状態だったら、結果はどうだったでしょう?
ちなみに、岡部騎手も、完璧な状態で、完璧な騎乗をされたら、いかなオグリキャップでも、タマモクロスに勝てないんじゃないかと思っていたそうです。

3番手、タマモクロスの1/2馬身差で入選したスーパークリークは、進路妨害のため審議となり失格。
3着はスーパークリークから1馬身1/2差、4番手入選したサッカーボーイ。

1着 オグリキャップ 2:33.9
2着 タマモクロス 1/2
3着 サッカーボーイ 1 1/2

いずれ世紀の名馬が4番手までに入賞する、息も詰まるような名レースでした。
そして後にも先にも例がない、世紀の芦毛馬対決でした。
この時点ではスーパークリーク、サッカーボーイの2頭の名馬も、脇役にしか過ぎませんでした。

タマモクロスはこのレースを最後に、引退して種牡馬。
トニービン、サンデーサイレンス、ブライアンズタイム等の外国種牡馬が猛威を振るう中、マイソールサウンド、カネツクロスを始めとする重賞勝ち馬を20頭近く輩出しました。
残念ながら、GⅠ馬は出て来ませんでした。

オグリキャップはこの後、オーナーの佐橋氏が脱税で逮捕され、JRA馬主を剥奪。
その後、近藤氏がオーナーとなりますが、その辺の話は1989年 毎日王冠に書いています。
1989年天皇賞春、または安田記念を目標に調整されますが、2月に球節の捻挫、4月に右前脚に繋靭帯炎を発症して春季を全休。

スーパークリークも1989年天皇賞春を目標に調整しますが、後脚の筋肉痛の状態が回復せず、春期は全休。

サッカーボーイは、出走を予定していたマイラーズC(京都GⅡ1600m)調教中に骨折、秋に復帰したが再び脚部不安を発症して、結果的にこのレースを最後に、引退、社台グループで種牡馬入りします。
当時社台グループの社台スタリオン・ステーションでは、内国産馬は繋養しない方針でしたが、グループ総帥吉田善哉氏次男の吉田勝己氏が、サッカーボーイは種牡馬として成功すると主張して、例外的に認められます。
種牡馬としても成功し、キョウトシチー、ナリタトップロード、ティコティコタック、ヒシミラクル等のGⅠホースを輩出しました。

次回は、イナリワンの南関東公営最後のレース、1988年東京大賞典について書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

平成三強物語 - 1988年 ジャパンカップ(東京GⅠ芝2400m) オグリキャップ(5)

競馬には、あいつさえいなければ・・・と言う事は良くありますが、平成の初めに、3頭の偉大なサラブレッドが、しのぎを削って、GⅠレースを取り合った時代がありました。
これは、昭和の3強、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスになぞらえ、この3頭を平成3強と呼びました。

オグリキャップ・・・1988、1990 有馬記念、1989 マイルCS 1990 安田記念
イナリワン・・・1988 東京大賞典(大井)、1989 天皇賞春 1989 宝塚記念 1989 有馬記念
スーパークリーク・・・1988 菊花賞、1989 天皇賞秋、1990 天皇賞春

最初にこのページを読む前に、平成三強物語 - 1987年-1988年 オグリキャップ(1)平成三強物語 - 1988年 オグリキャップ(2)平成三強物語 - 1988年 毎日王冠(東京GⅡ芝1800m) オグリキャップ(3)平成三強物語 - 1988年 天皇賞秋(東京GⅠ芝2000m) オグリキャップ(4)を一読願います。

今回は、オグリキャップとタマモクロスの2度目の対決、1988年11月27日のジャパンカップ(東京GⅠ芝2400m・・・以後JC)について書きます。

オグリキャップとタマモクロスは、前走天皇賞秋で初対決し、2000m芝とタマモクロスよりオグリキャップ向きの条件でしたが、タマモクロスの鞍上南井騎手の好騎乗もあり、タマモクロスの勝利。
しかし現在の馬齢で言うと、この当時のオグリキャップは3歳。
人間の年齢だと、高校生くらいです。
人間で言うと20歳以上の大人のサラブレッドの年齢、4歳のタマモクロスとの差は少なく、負けて強しの内容でした。

そして世界中のサラブレッドが参加する、国際招待レース、JC。

この年のJCの話題は、JC初の凱旋門賞(ロンシャンGⅠ芝2400m)優勝馬参戦、トニービン。
これはサッカーに例えるなら、現マンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーが、モンテディオ山形に来て、1年プレイするようなもの。
はたまた野球に例えるなら、現ロサンゼルス・ドジャースのクレイトン・カーショウ(2014シーズンMVP投手)が、横浜ベイ・スターズで1年プレイするようなもの。

トニービンの場合、この時すでに、社台グループに買い取られていて、日本法人オーナーとなっていました。
だからこそ、同年の凱旋門賞馬がJCに出走出来たのです。
以前なら日本人が凱旋門賞馬を買うなんて、夢のような話でしたが、この頃巷はバブル景気で、街の小さな土建屋の社長まで、JRAの馬主になれたくらい、日本津々浦々まで景気が良い時代でした。

余談ですが、前のトニービンのオーナーは、セリエAのペルージャのオーナー、ルチアーノ・ガウッチ氏。
後に中田英寿は、当時J1の湘南ベルマーレからペルージャに移り、セリエAでもセンセーションを引き起こしました。

他にはこの年の目玉が、当時ニュージーランド最強馬と言われ、オーストラリアでも活躍していた、豪州GⅠ9勝馬ボーンクラッシャー。
主な勝ち鞍、コックスプレート(ムーニーヴァレーGⅠ芝2040m)、コーフィールドS(コーフィールドGⅠ芝2000m)、AJCダービー(ロイヤルランドウィックGⅠ芝2400m)、NZダービー(エラズリーGⅠ芝2400m)等。
ボーンクラッシャーのJCにかける思いは、並々ならぬものがありました。

現在でも芝のレースにおいて、競馬の中心はヨーロッパ。
オーストラリアは2-3枚低く見られていましたし、ニュージーランドは更にその格下。
ちなみに日本競馬は更に低く見られ、圏外でしたが。

ヨーロッパの馬とオーストラリア、ニュージーランドの馬が、同一のレースで走れるとあって、オーストラリア、ニュージーランドではJCが注目されていました。
そして1986年、ボーンクラッシャーは当時3歳にしてGⅠ7勝していて、ニュージーランドのアイドルホースで、勝ちっぷりから自信をもってJCのため来日しました。
ところが、南半球と北半球の気候の差か、肺炎を患い残念ながら出走を取り消しました。
女性調教師のF.T.リッチーは、ニュージーランドから駆けつけた2000人余の応援団に、記者会見で涙ながらに謝罪しました。
そしてあれから2年、リベンジを果たそうと再び来日しました。
再びニュージーランドから、再び2千人を越す応援団が来日しました。

他に英セントレジャー(ドンカスターGⅠ芝14F127Y約2937m)、サンクルー大賞(サンクルーGⅠ芝2400m)優勝のムーンマッドネス。
この年の英国際ステークス(ヨークGⅠ芝10F110Y約2092m)優勝のシェイディハイツ。
ちなみにシェイディハイツは、古岡秀人氏が馬主で、翌年から日本で種牡馬になる事が決まっていました。
そのためかシェイディハイツの鞍上は、日本の柴田政騎手でした。
柴田政騎手には申し訳ありませんが、恐らく厩舎側は不満だったろうと想像します。

1番人気は、タマモクロス
2番人気は、トニービン。
3番人気は、オグリキャップ。

事前に何が逃げるのか分かりにくかったのですが、先頭に立ったのはメジロデュレン。
2番手シェイディハイツ、3番手ランニングフリーが続きます。
意外だったのはオグリキャップは先団直後で先行、天皇賞秋とは異なり、タマモクロスが定位置の後方。
凱旋門賞馬トニービンは、オグリキャップのすぐ後ろにつけ、事前にはノーマークの人が多かったであろうペイザバトラーは、タマモクロスのすぐ前。

スタート3F(600m)は37.2と、スローペースで、そのせいかどうか向こう正面ではメジロデュレンを交わして、シェイディハイツが先頭に出ました。
あるいは、掛かってしまったかも知れませんが。
アメリカのセン馬、マイビックボーイが3番手に上りました。

1000m通過が61.4と、依然ペースは緩目に推移します。
このあたりからタマモクロスが、3コーナー手前には中段まで上りました。
これは、鞍上の南井騎手の作戦だったでしょう。
同じタイミングで、ペイザバトラーも少し位置を上げました。

けやきを過ぎたあたりでメジロデュレンが上り、シェイディハイツを交わしにかかります。
そのすぐ外にマイビックボーイ、ペイザバトラー、タマモクロスが上がって行きました。
オグリキャップはあせらず、手綱を絞って先行しています。

直緯線向いて、タマモクロスは先頭に立とうとしました。
天皇賞秋と同様に、押し切りを狙ったのでしょう。
しかしタマモクロスの先頭は叶わず、その内から豪腕でクリス・マッキャロン騎手がペイザバトラーを追い、するすると先頭に立ちました。
その後ろからオグリキャップが追い出し、伸びはするのですが、前にいるタマモクロスと脚色同じ。
それでも南井の豪腕で、ペイザバトラーに迫りますが、ペイザバトラーも良く粘り、タマモクロスは半馬身まで迫ったところでゴール。
オグリキャップも脚色衰えませんでしたが、追い出した位置が悪く、マイビッグボーイをアタマ差交わして、3着に上るのが精一杯。

大方の予想を裏切り、ノーマークのペイザバトラーが優勝しました。
当時のJCは、割と速いペースになりやすく、最初から速いペースで飛ばすアメリカ馬は良い成績でした。
しかし凱旋門賞馬トニービン、日本の2強タマモクロスとオグリキャップ、オーストラリア最強馬ボーンクラッシャーを差し置いて、GⅠ未勝利、GⅡまでしか勝っていないペイザバトラーを本命にした人がどれだけいたか。

鞍上クリス・マッキャロンは、アメリカ競馬有数の名手で、デビュー年の1974年にいきなり当時世界記録の年間546勝した生きる伝説の騎手。
2002年に引退した時は7141勝していました。
騎手の好騎乗もあったでしょうが、この当時日本最強だったタマモクロスとオグリキャップを振り切る馬がいようとは・・・
JCで日本馬がコンスタントに勝つようになるのは、1998年以降で、サンデーサイレンス系の隆盛と重なります。

トニービンは直線で骨折し、5着。
執念の出走を果たしたボーンクラッシャーは、残念ながら見せ場なく8着。
本調子ではなかったのか?はたまた馬場が合わなかったのか?

ちなみにJCは、1992年に国際GⅠに認定されましたが、それ以前は国際的には、グレードなし重賞でした。

1着 ペイザバトラー 2.25.5
2着 タマモクロス 1/2
3着 オグリキャップ 1 1/4

次回は、タマモクロスとオグリキャップ、スーパークリーク、サッカーボーイと言う稀代の名馬が、最初で最後一堂に会した1988年有馬記念について書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

平成三強物語 - 1988年 天皇賞秋(東京GⅠ芝2000m) オグリキャップ(4)

競馬には、あいつさえいなければ・・・と言う事は良くありますが、平成の初めに、3頭の偉大なサラブレッドが、しのぎを削って、GⅠレースを取り合った時代がありました。
これは、昭和の3強、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスになぞらえ、この3頭を平成3強と呼びました。

オグリキャップ・・・1988、1990 有馬記念、1989 マイルCS 1990 安田記念
イナリワン・・・1988 東京大賞典(大井)、1989 天皇賞春 1989 宝塚記念 1989 有馬記念
スーパークリーク・・・1988 菊花賞、1989 天皇賞秋、1990 天皇賞春

最初にこのページを読む前に、平成三強物語 - 1987年-1988年 オグリキャップ(1)平成三強物語 - 1988年 オグリキャップ(2)平成三強物語 - 1988年 毎日王冠(東京GⅡ芝1800m) オグリキャップ(3)を一読願います。

すいません、またまた、あまりに間隔が空き過ぎましたね。
サーバ入れ替えをして、忙しかったのが理由ですが、とっくに入れ替えは終わり、怠けてました。
そうしたら、JRAの天皇賞のCMですもんね(苦笑)。

これは、書くしかないな・・・と。

今回は、オグリキャップとタマモクロスの初対決、1988年10月30日の天皇賞秋(東京GⅠ芝2000m)について書きます。

オグリキャップはクラッシック登録がなく、菊花賞(京都GⅠ芝3000m)に出走出来ないので、毎日王冠(東京GⅡ芝1800m)を勝利し、天皇賞秋に進みました。
公営笠松から移って以来、ここまで6連勝で、全て重賞勝利です。
同様に、公営から来て連戦連勝したアイドルホース、ハイセイコーのあだ名と同じく、怪物とあだ名されました。
この怪物のあだ名のニュアンスには、想像をはるかに超えた強さ・・・と言うのがあったと思います。

タマモクロスは、ある日400万下の条件戦をぶっ千切って勝って以来、7連勝、内重賞5連勝、GⅠレースは天皇賞春(京都GⅠ芝3200m)、宝塚記念(阪神GⅠ芝2200m)と連勝中です。

1番人気は、オグリキャップ。
2番人気は、タマモクロス
しかも2頭とも、サラブレッドの出生率7%と言う、葦毛馬なのです。
3番人気は、1978年毎日王冠優勝、ここまで重賞5勝、1988年安田記念(東京GⅠ芝1600m)2着の女傑ダイナアクトレス。

他には、1985年日本ダービー(東京GⅠ2400m)優勝馬シリウスシンボリ、1988年天皇賞春2着馬、ランニングフリーも出走して来ましたが、いずれもオグリキャップが毎日王冠で負かしていました。
従いまして、オグリキャップ、タマモクロスのマッチレースムードでした。

逃げたのは、大方の予想通りレジェンドテイオー。飛ばして、先頭に立ちました。
そしてこれまた予想通り、ガルダン、カイラスアモンが続きます。
しかし意外だったのは、その直後にタマモクロスが付けた事。
タマモクロスはここまでのレースで、末脚が切れる印象でしたので、先行するとは思っていませんでした。
もしも競馬場にいたら、観客のどよめきが聞こえて来たかも知れません。
タマモクロス、かかったのか?
オグリキャップは、中団に付けました。

スタート3F(600m)が、35.7のハイペースでしたが、1000m通過が59.4と、逃げたレジェンドテイオーは、少しペースを緩めます。
タマモクロスは馬なりに、2番手につけます。オグリキャップは、中団のまま。
道中ガチャガチャやらず、淡々とそのまま流れます。
直緯線向いて、タマモクロスは余裕たっぷり。馬なりで、先頭のレジェンドテイオーとの差が詰まって行きます。
タマモクロスの南井騎手は、後ろを振り返り、オグリキャップを確認する余裕がありました。
いつも通り中団に付けて、本来なら勝ちパターンのオグリキャップは、追い出します。
タマモクロスが追い出したのは、残り300mくらい。
並ぶ間なしに、レジェンドテイオーを交し、先頭に立ちました。
オグリキャップが凄い脚で、突っ込んで来ました。
しかし1馬身1/4まで差が詰まったところで、タマモクロスとオグリキャップの脚色が一緒になり、態勢そのまま。

タマモクロスが優勝しました。
2着はオグリキャップ、3着は3馬身後方でしたが、粘り込んだレジェンドテイオー。

1着 タマモクロス 1.58.8
2着 オグリキャップ 1 1/4
3着 レジェンドテイオー 3

通常、GⅠレースに出走する場合、トライアルレースを使って、ひと叩きするのが通例です。
タマモクロスの調教師、小原伊佐美は、タマモクロスが飼い食いが細く、レースで使い減りするため、あえてトライアルレースを使わず、調教だけで仕上げる事にしたのだそうです。
南井騎手は恐らく、スピードのあるオグリキャップに、パワーとスタミナで対抗するべく先行して、粘り込む作戦だったのだろうと思います。
このレースの、南井騎手のレース回顧映像がありますが、無難に内容に終始していて、さすがに本音は話さないですね。

オグリキャップは、いつも通りの勝ちパターンで競馬しましたが、相手が悪かった。
オグリキャップの河内騎手は、果たして事前に、タマモクロスの分析をしたのかどうか。
いつも通りの、自分の競馬をすれば、勝てると思っていたのじゃないかと、思います。

葦毛のライバルは、次走ジャパンカップで再戦します。

次回は、1988年菊花賞、スーパークリークについて書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

平成三強物語外伝 - タマモクロス

競馬には、あいつさえいなければ・・・と言う事は良くありますが、平成の初めに、3頭の偉大なサラブレッドが、しのぎを削って、GⅠレースを取り合った時代がありました。
これは、昭和の3強、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスになぞらえ、この3頭を平成3強と呼びました。

オグリキャップ・・・1988、1990 有馬記念、1989 マイルCS 1990 安田記念
イナリワン・・・1988 東京大賞典(大井)、1989 天皇賞春 1989 宝塚記念 1989 有馬記念
スーパークリーク・・・1988 菊花賞、1989 天皇賞秋、1990 天皇賞春

今回は、平成三強以前、オグリキャップとの芦毛対決で、全国の競馬ファンを沸かせたタマモクロスについて書きます。
考えてみるとオグリキャップは、芦毛対決の名勝負、平成三強の名勝負と、2つのドラマがあるんですね。

タマモクロスの父シービークロス。
現役時代JRAで走り、馬群の離れた後ろから追い込んで来るので、「白い稲妻」とあだ名され、人気もありました。
金杯や目黒記念、毎日王冠には勝ったものの、しかし残念ながら、出走した宝塚記念や天皇賞では遂に勝てませんでした。

シービークロスを種牡馬にしたのは、シービークロスのレース振りに惚れた、錦野牧場の錦野昌章氏。
錦野昌章氏を中心として、生産牧場の千明牧場等でシンジケートを組み、事実上シービークロスを譲渡されました。

しかし、当時内国産馬は低く見られていて人気がありませんでした。
血統も、やや地味な父フォルティノで、グレイソブリンを通るナルスーラー系。
フォルティノ最大の活躍馬が、このシービークロスと言うくらいでした。

錦野昌章氏は、現役時代条件戦ながら6勝を上げた、錦野牧場期待の繁殖牝馬、グリーンシャトーにシービークロスをつけ、生まれたのがシービークロスの初年度産駒、タマモクロスです。

現在、様々な人の読み物では、錦野昌章氏が当歳時から、タマモクロスの能力を信じていたと書かれています。
それは真に、能力の片鱗を見せていたのか、錦野昌章氏の親バカ的なものだったのか、現在では分かりません。
恐らく生産者で、この馬は走らないと思い、生産する事はないはずです。

錦野牧場は当時、首が回らないほどの借金があり、牧場のすべてを抵当に入れ、限度いっぱいの借入れをしている状態でした。
シービークロスの仔では、世間の評価は厳しく、錦野昌章氏の望む金額で馬を買いたいと言う話はなく、結局借金の足しにもならない500万で売られる事になりました。

タマモクロスは神経質な馬で、すぐに飼い食いが細くなり、小原伊佐美調教師の前に連れて来られた時、痩せていて牝馬のような、みすぼらしい馬だったそうです。
ちなみにその後、活躍するようになっても、タマモクロスの馬体を、良い馬体と評した人は少ないですね。
むしろ小原伊佐美調教師は、500万下の馬にも劣る馬体と考えていたようです。

その一方で、借金を返す当てのない錦野牧場では、タマモクロスの活躍を信じ、生産者に支払われる、タマモクロスの賞金5%に期待して、債権者に返済を待ってもらっていました。

タマモクロスが結局デビューしたのは、かなり遅い3歳の春、1987年3月1日、阪神競馬場芝2000m。
鞍上は、後に名パートナーとなる南井克巳でしたが、能力の片鱗さえ見せず、先行して大バテ、7着。
0:31からが、デビュー戦映像となります。

芝で良いところがなかったため、次走は3月21日、阪神競馬場ダート1800m。
4着で、勝ち馬と1秒までは離されませんでした。

4月11日タマモクロスは、阪神競馬場の3歳未勝利戦ダート1700mに出走し、2着にクビ差でようやく初勝利。

5月10日タマモクロスは、京都競馬場の3歳400万下条件戦芝2000mに出走し、落馬競走中止。

6月28日タマモクロスは、札幌競馬場の古馬混合400万下条件戦ダート1800mに出走し、大差負け6着。

この頃錦野牧場では借金を支え切れず、牧場は手放し、所有馬は二束三文で売られ、一家離散。
錦野昌章氏は、借金を抱えたまま、悪質な取り立て屋を避けるため失踪しました。

7月11日タマモクロスは、札幌競馬場の古馬混合400万下条件戦、礼文特別(札幌400万下ダート2000m)に出走し、勝ち馬から1馬身差2着。

9月19日タマモクロスは、阪神競馬場の古馬混合400万下条件戦、能勢特別(阪神400万下ダート1800m)に出走し、勝ち馬から1馬身1/4差3着。

10月4日タマモクロスは、阪神競馬場の古馬混合400万下条件戦(阪神400万下ダート1700m)に出走し、勝ち馬から3馬身差3着。

10月18日タマモクロスは、鞍上南井騎手の提言で、それまでのダート路線から、芝の京都競馬場400万下条件戦(京都400万下芝2200m)に出走しました。
結果は、道中先行して、直線抜け出すと追えば追うほど伸び、2着に1.2秒差付ける、7馬身差大勝。
勝ちタイムの2分16秒2は、同年同日の京都新聞杯(京都GⅡ芝2200m)より、0.1秒早かったです。
上の映像、1:40に、この時の映像があります。

11月1日タマモクロスは、京都競馬場400万下条件戦、藤森特別(京都400万下芝2000m)に出走しました。
先行して3コーナーでは逃げ馬に並びかけ、交して、それなのに直線伸びて2着に8馬身差をつけて勝ちました。
上の映像、2:01に、この時の映像があります。

この2戦の勝ちっぷりが良かった事から、マスコミはタマモクロスの事を、菊花賞(京都GⅠ芝3000m)の秘密兵器と呼びます。
しかし調教師の小原伊佐美は、タマモクロスは奥手な馬で、馬が完成するのは来年と考えていました。
ここで無理をさせると、馬を壊してしまうと、菊花賞(京都GⅠ芝3000m)に出走させるつもりはありませんでした。

この時点でまだ、タマモクロスは900万下の条件馬。
オープン馬になるためには、あと条件戦を2勝しなければいけません。
何とそのオープンすら飛び越し、12月6日タマモクロスは、鳴尾記念(阪神GⅡ芝2500m)に出走しました。

これは、3階級飛び越しての挑戦と言うハンデの他、タマモクロスはこの時点でまだ3歳馬。人間で言えば、高校生くらいの年齢です。
鳴尾記念では、古馬(人間で言えば大人)との対戦となる訳です。

この鳴尾記念、ハンデ戦と言って、低い条件からの挑戦のタマモクロスには、負担重量を軽減してもらえるレースでもあります。
400万下を2連勝して現在900万下のタマモクロスは、負担重量53kg。
ちなみに同レースの最大重量は、前年の菊花賞馬メジロデュレンの58kg。
いかな重賞のハンデとは言え、負担重量が軽い条件馬が、おいそれと勝てるものじゃありません。

1番人気は、1987年皐月賞(中山GⅠ芝2000m)2着、1987年菊花賞(京都GⅠ芝3000m)2着した、斤量56.5kgのゴールドシチー。
2番人気は、1986年菊花賞(京都GⅠ芝3000m)優勝のメジロデュレン。
3番人気は、タマモクロス。

逃げたのは、斤量50kgの軽ハンデを味方にメイショウエイカン、2番手ヨシノサキガケ、3番手ターゴフレーム。
ゴールドシチーはその直後に先行、メジロデュレンも並走しています。
タマモクロスのスタートは悪くありませんでしたが、鞍上南井騎手が、意図的に下げ最後方に付けました。
スタートからの3.5F(700m)は42.7、1100m通過が1分6秒8ですから、早目のペース。

3-4コーナーでは、後方に控えたタマモクロスが仕掛け、中団まで来ましたが、それでも逃げ馬とかなりの差があります。
直線向くと、インコースの馬込みをすり抜け、豪脚を繰り出します。
逃げたメイショウエイカンを残り200mで並びかけると、そのまま6馬身突き抜けゴール。

1着 タマモクロス 2:33.0
2着 メイショウエイカン 6
3着 ニホンピロマーチ クビ

上の映像、2:38に、この時の映像があります。

タマモクロスは4戦目で落馬のあおりを受け、自身も落馬して、しばらく馬込みを恐がったそうですが、このレースでは克服して、上手に馬込みをすり抜けて来ました。
ちなみにこのレースで10着に敗れたメジロデュレンは、次走の有馬記念(中山GⅠ芝2500m)で優勝します。
この頃からタマモクロスは、「稲妻二世」とあだ名されるようになります。


明け1988年1月5日タマモクロスは、金杯(京都GⅢ芝2000m)に出走しました。
馬場状態はやや重。

元々馬主は、有馬記念に出したかったそうですが、小原伊佐美調教師が反対したため、代案として金杯に出す事を主張したそうです。
馬主の「金杯は縁起のいいレースなので、ここを勝てれば活躍が約束される」という縁起担ぎを理由とした強い要望で、金杯に出走せざるを得ませんでした。
タマモクロスは神経質な馬で、ただでさえ飼い食いが細いのに、鳴尾記念後、さらに飼い食いが細くなったため、小原伊佐美調教師は、もっとゆったりしたローテンションで使いたかったんだそうです。
有馬記念と金杯では、1週くらいして違わないのですが、有馬記念出走を断ったため、ここは金杯出走を飲まざるを得ませんでした。

金杯もハンデの重賞ですが、鳴尾記念を勝ったタマモクロスの負担重量は56kgにアップしました。

1番人気は、タマモクロス。
2番人気は、前走鳴尾記念(阪神GⅡ芝2500m)3着のニホンピロマーチ
3番人気は、前走トパーズS(京都オープン芝2000m)2着のメジロゴスホーク。

ゲートが開いて、タマモクロスはスタートこそ良かったものの、ダッシュが付かず、16頭の馬群の内から最後方。
ダイスプリンターが逃げ、2番手メジロゴスホーク、3番手ニホンピロマーチ。
スタートからの3F(600m)37.7、1000m通過が1分2秒6と、やや重のコンディションなので、やや早目のペース。

タマモクロスは、向こう正面には1頭交して、後ろから2番手、インコースに付けます。
馬群が詰まったまま、3-4コーナ、タマモクロスは前に上がれないまま、インコースの最後方に付けます。
直線向いて、結果を知っている自分でも、何度この映像を見ても、タマモクロスが勝てるように見えません。
インコースから起用に馬群をぬって、徐々に上がって行き、残り200mを過ぎても、まだ先頭に5馬身差あります。
そこからインコースをついて、鬼足を繰り出し、粘るハローポイントに3/4馬身差付けて優勝。
際どい勝利でした。

勝ちはしたものの、タマモクロスは体調万全ではなかったかも知れませんね。

1着 タマモクロス  2:03.7
2着 ハローポイント 3/4
3着 メジロゴスホーク アタマ


3月13日タマモクロスは、、阪神大賞典(阪神GⅡ芝3000m)に出走しました。
馬場状態はやや重。
レース間隔をあけたのは、飼い食いが落ちたのでしょうか?

1番人気は、タマモクロス。
2番人気は、1986年菊花賞(京都GⅠ芝3000m)優勝、前走1987年有馬記念(中山GⅠ芝2500m)優勝のメジロデュレン。
3番人気は、昨年のこのレースの覇者、スダホーク。

前年の有馬記念を優勝したメジロデュレンを押さえ、タマモクロスが1番人気になりました。

逃げたのは、ダイナカーペンター。
2番手マルブツファースト、3番手タマモクロス、4番手メジロデュレン。
スタートからの3F(600m)39.0、1000m通過が1分6秒6と、やや重のコンディションながら、名実況で知られる杉本清が、失笑するくらいの超スローペース。

タマモクロスは3-4コーナーで進出しますが、ダイナカーペンターはインコースを空かせず。
4コーナー回り、内に入れようとしますが、内は開かず、仕方なく、ダイナカーペンターのすぐ隣を突きます。
タマモクロスの外からは、マルブツファーストが被さって来る。
超スローペースで逃げたダイナカーペンターは、2枚腰、3枚腰で粘ります。
南井の剛腕と、タマモクロスの鬼脚で、ダイナカーペンターに並びかけたところがゴール。
タマモクロスとダイナカーペンターは、同着1着となりました。

1着 タマモクロス  3:12.1
1着 ダイナカーペンター 同着
3着 マルブツファースト ハナ

このレースは逃げたダイナカーペンターの絶妙なレース運びに、タマモクロスは危うく屈するところでした。
メジロデュレンは見せ場なく、4馬身離された4着。


4月29日タマモクロスは、春の目標のレースの1つ、天皇賞春(京都GⅠ芝3200m)に出走しました。
馬場状態はやや重。

1番人気は、ここまで5連勝のタマモクロス。
2番人気は、1986年菊花賞(京都GⅠ芝3000m)優勝、前走1987年有馬記念(中山GⅠ芝2500m)優勝のメジロデュレン。
3番人気は、1987年皐月賞(中山GⅠ芝2000m)2着、1987年菊花賞(京都GⅠ芝3000m)2着した、ゴールドシチー。

ゲートが開き、ダイナカーペンターは逃げられず、鳴尾記念を2着したメイショウエイカンが逃げます。
2番手リワードパンサー、3番手は固まりダイナカーペンターやレイクブラック等。
メジロデュレン、ゴールドシチーは中団に付け、タマモクロスは後方。
スタートからの3F(600m)36.6、1000m通過が1分1秒6と、やや重のコンディションながら、ハイペース。

スタンド前に来て、スローペースに、マヤノオリンピアが引っかかります。
向こう正面でタマモクロスは、後方外に出します。
3コーナー過ぎにメジロデュレンは先頭に並びかけ、同じく先行していた人気薄ランニングフリー、その後ろにスダホーク、タマモクロスもインコースを突いて、すぐ後ろに付きます。

直線向いて、メジロデュレンが先頭、ランニングフリーが追いすがりますが、タマモクロスは京都競馬場で必ず空く、インコースを突きました。
脚色違い、ここで勝負あり。
タマモクロスは1頭分だけ荒れていないインコースを独走して、3馬身差で優勝。
2着はメジロデュレンを交したランニングフリー。

1着 タマモクロス  3:21.8
2着 ランニングフリー 3
3着 メジロデュレン 2 1/2

鞍上の南井克己は何と、騎手生活18年目にして、初GⅠ制覇となりました。


6月12日タマモクロスは、春の目標のレースの1つ、宝塚記念(阪GⅠ芝2200m)に出走しました。
馬場状態はやや重。

1番人気は、1987年天皇賞秋(東京GⅠ芝1600m)、1987年マイルチャンピオンシップ(京都GⅠ芝1600m)、1988年安田記念(東京GⅠ芝1600m)とGⅠ3勝のスピード馬、ニッポーテイオー。
2番人気は、ここまで6連勝のタマモクロス。
3番人気は、1987年安田記念(東京GⅠ芝1600m)でニッポーテイオーを破り優勝したフレッシュボイス。

ニッポーテイオーは、逃げ、先行馬ですが、メジロフルマーが逃げ、ニッポーテイオー2番手、3番手プレジデントシチー 。
タマモクロスは後方。
スタートからの3F(600m)35.0、1000m通過が1分0秒0と、やや重のコンディションながら、ハイペース。

しかし向こう正面には、タマモクロスはインコースを通って、中団に押し上げました。
3コーナー過ぎから、ニッポーテイオーは逃げるメジロフルマーに被さり、タマモクロスも徐々に上がって行きました。
4コーナーでは、外からニッポーテイオーが先頭に立ちます。

直線向くとタマモクロスは、馬群の中から1頭だけ脚色違い、ぐんぐんニッポーテイオーに接近します。
苦しがって外によれたニッポーテイオーが、メジロフルマーを交して先頭。
タマモクロスは外につけて、並ぶ間なしに交し、後は2馬身1/2差引き離し優勝。
タマモクロスはこれで7連勝。
2着はニッポーテイオー。

1着 タマモクロス  2:13.2
2着 ニッポーテイオー 2 1/2
3着 スダホーク 1 1/4

ニッポーテイオーはこのレースで引退して種牡馬になりました。


タマモクロスはこのレースから、秋まで休養します。

片や笠松からやって来た怪物、無冠のオグリキャップと、秋には名勝負を繰り広げますが、これは平成三強物語で紹介します。
このタマモクロス伝も、平成三強物語の進行に従い、追記します。

平成三強物語 - 1988年 天皇賞秋(東京GⅠ芝2000m) オグリキャップ(4)

平成三強物語 - 1988年 ジャパンカップ(東京GⅠ芝2400m) オグリキャップ(5)

平成三強物語 - 1988年 有馬記念(中山GⅠ芝2500m)

タマモクロスはこのレースを最後に、引退して種牡馬。
トニービン、サンデーサイレンス、ブライアンズタイム等の外国種牡馬が猛威を振るう中、マイソールサウンド、カネツクロスを始めとする重賞勝ち馬を20頭近く輩出しました。
残念ながら、GⅠ馬は出て来ませんでした。

多くの競走馬は、例え奥手でも、早い内から素質の片鱗くらいは見せます。
タマモクロスのように馬体も冴えず、当初成績が振るわなかったのが、ある日突然本格化するのは珍しいですね。
恐らくデビューの頃は、全く体が出来ていなかったのでしょう。
無理させて、潰されなくて幸いでした。

タマモクロスはニッポーテイオーを子ども扱いし、オグリキャップにも2度先着して、サッカーボーイ、スーパークリークにも先着しています。
人によって、タマモクロスを史上最強馬に挙げますが、あり得ない話ではありません。

次回は、オグリキャップが秋のGⅠシーズンの休み明けのレース、毎日王冠(東京GⅡ芝1800m)について書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A100.旬の料理 | A1000.食材と調理法 | A1001.食材と調理法(野菜) | A1002.食材と調理法(青菜) | A1006.食材と調理法(ソース) | A101.印象に残った料理 | A102.魅惑の中国料理 | A1021.食材と調理法(料理/日本) | A1025.食材と調理法(料理/インド) | A103.魅惑のナポリ・ピッツァ | A104.魅惑の南インド料理 | A105.魅惑のコーヒー | A12.港区:虎ノ門・神谷町界隈 | A2012.2012年に食べた料理ベスト3 | A2013.2013年に食べた料理ベスト3 | A2014.2014年に食べた料理ベスト3 | A999.食文化その他 | B.書評 | B0001.小杉健治 | B0002.東直己 | B0003.ディック・フランシス | B0004.佐々木譲 | B0005.今野敏 | B0006.越智春海 | B0007.三上延 | B0008.三浦しをん | B4901.ススキノ便利屋探偵シリーズ | B4902.隠蔽捜査シリーズ | B4903.ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ | B4904.まほろ駅前シリーズ | B5001.検察者 | B5002.探偵はバーにいる | B5003.バーにかかってきた電話 | B5004.利腕 | B5005.笑う警官 | B5006.向こう端にすわった男 | B5007.探偵は吹雪の果てに | B5008.隠蔽捜査 | B5009.ビルマ決戦記 | B5010.隠蔽捜査2 果断 | B5011.探偵、暁に走る | B5012.ビブリア古書堂の事件手帖 | B5013.探偵はひとりぼっち | B5014.ニューギニア決戦記 | CINEMA.映画評論 | CINEMA0001.探偵はbarにいる | CM | D.ドラマ | H2011.2011年 競馬予想 | H2012.2012年 競馬予想 | H2013.2013年 競馬予想 | H2014.2014年 競馬予想 | H3001.伝説の名レース | H3101.平成三強物語 | H3102.イナリワン | H3103.オグリキャップ | H3104.スーパークリーク | H3105.平成三強物語外伝 | H3106.チヤンピオンスター | H3107.ヤエノムテキ | H3108.タマモクロス | H3109.サッカーボーイ | H3110.フエートノーザン | H3111.ロジータ | H3601.トウケイニセイ | H3602.ルージュバック | H5011.2011年 海外競馬 | H5012.2012年 海外競馬 | H5013.2013年 海外競馬 | H5014.2014年 海外競馬 | H5015.2015年 海外競馬 | H6011.2011年 地方競馬 | H6012.2012年 地方競馬 | H6013.2013年 地方競馬 | H6014.2014年 地方競馬 | H6015.2015年 地方競馬 | H7011.競馬その他 | H8014.2014年 JRA GⅠレース | H8015.2015年 JRA GⅠレース | Music | Music.AB'S | Music.Airplay | Music.Al Jarreau | Music.Al Mckay | Music.Allen Vizzutti | Music.Bill Champlin | Music.Boom Boom Satellites | Music.Bootsy Collins | Music.Boz Scaggs | Music.Brian Auger | Music.Buzz Feiten | Music.Chick Corea | Music.Chickenshack | Music.David Foster | Music.David Sanborn | Music.Derek Trucks | Music.Dis Bonjur a la Dame | Music.Earth, Wind & Fire | Music.FREESTYLE | Music.Full Moon | Music.Greg Mathieson | Music.Herbie Hancock | Music.Hummingbird | Music.Jay Graydon | Music.Jeff Beck | Music.Jeff Porcaro | Music.John Frusciante | Music.John Mayer | Music.Kayo | Music.Larry Carlton | Music.Larsen Feiten Band | Music.Lee Ritenour | Music.Linda Lewis | Music.Marcus Miller | Music.Max Middleton | Music.Maze featuring Frankie Beverly | Music.miwa | Music.Neil Larsen | Music.Nile Rodgers | Music.Perfume | Music.Queen | Music.RADWIMPS | Music.Red Hot Chili Peppers | Music.Robben Ford | Music.Russell Ferrante | Music.Santana | Music.Speedometer | Music.Stanley Clarke | Music.Stanley Jordan | Music.Steely Dan | Music.STEREO PLASTIC | Music.Steve Lukather | Music.T-Bone_Walker | Music.TOTO | Music.Vinnie Colaiuta | Music.やまがたすみこ | Music.上原ひろみ | Music.在日ファンク | Music.松原正樹 | Music.梅津和時 | O.その他 | P1001.プロレス | 節電情報