H5013.2013年 海外競馬

2013年11月 4日 (月)

2013年 ブリーダーズカップ

2013年11月01日から03日、アメリカ競馬の祭典、ブリーダーズカップが、サンタアニタ競馬場でありました。

ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル・フィリーズ・ターフ(GⅠ芝8F=約1609m)
3歳以上牝馬の芝馬チャンピオン決定戦で、日本ではアメリカと芝とダートの人気が逆転していますので、全日本2歳優駿(JpnⅠ川崎ダート1600m)の牝馬版と言うところでしょうか?

3コーナーから進出した先行したアイルランドから参戦したクリスリアムが、直線向いて外から先行勢を並ぶ間なしに差し切り、2 1/2馬身差つけて優勝します。

勝ちタイム=1:33.72


ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル・ターフ(GⅠ芝8F=約1609m)
3歳以上牡馬の芝馬チャンピオン決定戦で、日本ではアメリカと芝とダートの人気が逆転していますので、全日本2歳優駿(JpnⅠ川崎ダート1600m)の牡馬版と言うところでしょうか?

終始中団を進んだ、イギリスから参戦したアウトストリップが、直線向いて粘る先行勢に1完歩ずつ迫り、ゴール前で差し切りました。

勝ちタイム=1:33.20


ブリーダーズカップ・ダート・マイルGⅠ(ダート8F=約1609m)
日本で言うと、安田記念です。

快調に逃げたゴールデンセンツに、道中ブロードウェイエンパイアが絡みますが、4コーナー手前では足色がおかしくなり脱落して、後はゴールデンセンツの1人旅で2 3/4馬身差の快勝。
1番人気の3歳ヴェラザーノは、いいところなく4着。

勝ちタイム=1:35.12


ブリーダーズカップ・ディスタフ(GⅠダート9F=約1810m)
3歳以上牝馬のチャンピオン決定戦で、日本で言うと、エリザベス女王杯です。
昨年まで、ブリーダーズカップ・レディース・クラッシックと言うレース名でした。
2007年まで、ブリーダーズカップ・ディスタフと呼ばれていて、元の名前に戻したんですね。

逃げるオーセンティシティに、ビホルダーが絡み、その直後に1番人気のロイヤルデルタ。
4コーナー手前では、ビホルダーの脚色が勝り、直線4 1/4馬身差で勝ちました。
鞍上は、今年8年振りに復活した50歳、ゲイリー・スティーヴンス。
1994年ワンドリーマー以来の19年振り、ブリーダーズカップ・ディスタフ優勝です。

勝ちタイム=1.47.77


ブリーダーズカップ・フィリー&メア・ターフ(GⅠ芝10F=約2012m)
3歳以上牝馬の芝決定戦です。

2番手を進んだダンクが、直線向いて先頭に並びかけ、1/2馬身差で押し切り優勝します。

勝ちタイム=1:58.73


ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル・フィリーズ・ダート(GⅠダート8F=約1609m)
2歳牝馬のチャンピオン決定戦で、日本で言うと、阪神JFです。

逃げたシーズアタイガーが、直線向いて苦しがって外に逃げ、後ろから迫って来たリアアントニアに接触します。
そのまま今度は内に逃げますが、そのまま先頭でゴール。
しかしリアアントニアに接触した事で、降着となり、繰り上がりでリアアントニアが優勝となりました。
シーズアタイガーの鞍上は、ゲイリー・スティーヴンス。
惜しい優勝を逃しました。

勝ちタイム=---


ブリーダーズカップ・フィリー&メア・スプリント(GⅠダート7F=約1408m)
3歳以上牝馬の短距離チャンピオン決定戦です。

先行した昨年の覇者、グルーピードールが3コーナーでは先団に取り付き、直線で先頭に立ち、中団から追い込んで来たジュディザビューティを1/2馬身押さえて優勝。
グルーピードールは、このレース昨年に引き続き連覇。

勝ちタイム=1.20.75


ブリーダーズカップ・マイルGⅠ(芝8F=約1609m)
3歳以上の芝マイル・チャンピオン決定戦です。

終始を進んだワイズダンが、大外から脚を伸ばし、粘るザアプローヴァルを1/2馬身ねじ伏せました。
昨年に引き続き、ワイズダンが優勝しました。

勝ちタイム=1:32.47


ブリーダーズカップ・ターフ・スプリント(GⅠ芝6.5F=約1307m)

終始中団を進んだミズディレクションが、先頭に立つレネースゴットジップと競り、ゴール前ねじ伏せ優勝します。
ミズディレクションは、昨年に続く2連覇。

勝ちタイム=1:12.25


ブリーダーズカップ・スプリント(GⅠダート6F=約1207m)
日本で言うと、スプリンターズSです。

中団を進んだシークレットサークルが、ジャントルメンズベッドを交し、追い込んで来たラーフトラックをクビ差しのいで優勝します。

勝ちタイム=1.08.73


ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(GⅠダート8.5F=約1710m)
2歳牡馬のチャンピオン決定戦で、日本で言うと、朝日FSです。

先行した1番人気ハバナが3コーナで進出し、4コーナー手前で先頭に並びかけ直線先頭に躍り出ます。
このまま押し切るかと思いきや、中団を進み、4コーナー手前に内から進出して来たニューイオヤーズデイが内をすくい1 1/4馬身差し切ります。

勝ちタイム=1.43.52


ブリーダーズカップ・ターフ(GⅠ芝12F=約2414m)。
アメリカは、ダート競馬中心ですが、芝12Fの最強決定戦です。

ヨーロッパでGⅠ2連勝したザフューグが、凱旋門賞をあきらめ、こちらに出走して来ました。
ザフューグは道中、中団に位置し、向こう正面で徐々に上がって行き、直線は先頭に並びかける横綱相撲でしたが、後方から凄い脚で追い込んで来た愛2000ギニー(GⅠ芝6F=約1207m)勝ちのマジシャンに差し切られました。

勝ちタイム=2:23.23


ブリーダーズカップ・マラソン(GⅡダート14F=約2816)。
日本で同じ条件のレースはありませんが、ステイヤーズSでしょうか

終始後方を進んだロンドンブリッジが、直線後方から豪脚を見せ、逃げ粘るブルースカイズレインボウズを差し切りました。

勝ちタイム=2.58.32


ブリーダーズカップ・クラッシック(GⅠダート10F=約2012m)。
日本で言うと、有馬記念です。

昨年12月から6連勝、GⅠ3連勝、アメリカの宝塚記念、ハリウッドGC2連覇の年度代表馬候補、ゲームオンデュードが1番人気。
昨年のこのレース2着、前走オーサムアゲインSで初GⅠ勝ちのムーチョマッチョマンが2番人気。
アイルランドから参戦した、インターナショナルS(GⅠ芝T10F88Y=約約2092m)勝のデクレレーションオブウォーが3番人気。

2番手で3-4コーナーで先頭に立ったゲームオンデュードに、その後ろからムーチョマッチョマンが並びかけ、差し切ります。
ゲームオンデュードはそのまま沈み、ウィルテイクチャージ、デクレレーションオブウォーがムーチョマッチョマンに迫ったところがゴール。
ムーチョマッチョマンは、昨年2着の雪辱を果たしました。
鞍上は、今年8年振りに復活した50歳、ゲイリー・スティーヴンス。
ブリーダーズカップ・クラッシック初制覇です。
ブリーダーズカップ・ディスタフに続いて、今年ブリーダーズカップ2勝目。

ゲームオンデュード9着。
勝ちタイム=2:00.72


優駿たちの蹄跡から情報を引用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

2013年 凱旋門賞(レース結果)

2013年10月06日、ヨーロッパの平地最高峰レース、凱旋門賞(芝2400m)がありました。
日本で言うと、有馬記念です。

枠順は、以下の通りです。

1枠 1番 ベリーナイスネーム 牡4 59.5 P.コンヴェルティーノ A.ドゥミユール(仏)
2枠 5番 ミアンドル 牡5 59.5 U.リスポリ A.シャヴイエヴ(捷)
3枠 9番 ピリカ 牝5 58.0 P.ブド A.ファーブル(仏)
4枠 7番 ゴーイングサムウェア 牡4 59.0 G.ブノワ D.スマガ(仏)
5枠 11番 リーディングライト 牡3 56.0 G.モッセ A.オブライエン(愛)
6枠 15番 ルーラーオブザワールド 牡3 56.0 R.ムーア A.オブライエン(愛)
7枠 10番 フリントシャー 牡3 56.0 M.ギュイヨン A.ファーブル(仏)
8枠 6番 オルフェーヴル 牡5 59.5 C.スミヨン 池江泰寿(日)
9枠 17番 アンテロ 牡3 56.0 O.ペリエ A.ファーブル(仏)
10枠 13番 ペンライパビリオン 牡3 56.0 M.バルザローナ A.ファーブル(仏)
11枠 14番 キズナ 牡3 56.0 武豊 佐々木晶三(日)
12枠 2番 ノヴェリスト 牡4 59.5 J.ムルタ A.ヴェーラー(独)
13枠 12番 オコヴァンゴ 牡3 56.0 S.パスキエ A.ファーブル(仏)
14枠 4番 ジョシュアツリー 牡6 59.5 R.ヒューズ E.ダンロップ(英)
15枠 18番 トレヴ 牝5 54.5 T.ジャルネ C.ヘッドマーレック(仏)
16枠 16番 サハワール 牡3 56.0 T.テュリエ C.フェルラン(仏)
17枠 8番 ハヤランダ 牝5 58.0 F.ブロンデル L.オードン(仏)
18枠 3番 アルカジーム 牡5 59.5 J.ドイル R.チャールトン(英)

捷克=チェコ

馬場は、やや重ではなかったかと思います。
ジョシュアツリーが逃げましたが、かなりスローに見えました。
オルフェーヴルは、中団やや後方、キズナは後ろから2番目に付けます。
レスは淡々と流れ、直線向いて、馬群の間からオルフェーヴルが抜け、キズナと並走して上がって行きます。
キズナの武豊はもしかすると、オルフェーヴルの外を塞ぎ、馬群から出しにくくするつもりだったかも知れません。
先行したトレヴが先に抜け出すと、その後ろからアンテロがついて来ました。
オルフェーヴルは一杯に追いますが、アンテロに並走して、競り負かすのが精一杯でした。
キズナは、オルフェーヴルに置いて行かれ、さらにアンテロにも追いつけず4着。

1着 トレヴ
2着 オルフェーヴル
3着 アンテロ

オルフェーヴルは今年も2着。
でもこの着差・・・完全なる力負けです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

2013年 凱旋門賞(枠順発表)

2013年10月06日、ヨーロッパの平地最高峰レース、凱旋門賞(芝2400m)があります。
日本で言うと、有馬記念です。

枠順は、以下の通りです。

1枠 1番 ベリーナイスネーム 牡4 59.5 P.コンヴェルティーノ A.ドゥミユール(仏)
2枠 5番 ミアンドル 牡5 59.5 U.リスポリ A.シャヴイエヴ(捷)
3枠 9番 ピリカ 牝5 58.0 P.ブド A.ファーブル(仏)
4枠 7番 ゴーイングサムウェア 牡4 59.0 G.ブノワ D.スマガ(仏)
5枠 11番 リーディングライト 牡3 56.0 G.モッセ A.オブライエン(愛)
6枠 15番 ルーラーオブザワールド 牡3 56.0 R.ムーア A.オブライエン(愛)
7枠 10番 フリントシャー 牡3 56.0 M.ギュイヨン A.ファーブル(仏)
8枠 6番 オルフェーヴル 牡5 59.5 C.スミヨン 池江泰寿(日)
9枠 17番 アンテロ 牡3 56.0 O.ペリエ A.ファーブル(仏)
10枠 13番 ペンライパビリオン 牡3 56.0 M.バルザローナ A.ファーブル(仏)
11枠 14番 キズナ 牡3 56.0 武豊 佐々木晶三(日)
12枠 2番 ノヴェリスト 牡4 59.5 J.ムルタ A.ヴェーラー(独)
13枠 12番 オコヴァンゴ 牡3 56.0 S.パスキエ A.ファーブル(仏)
14枠 4番 ジョシュアツリー 牡6 59.5 R.ヒューズ E.ダンロップ(英)
15枠 18番 トレヴ 牝5 54.5 T.ジャルネ C.ヘッドマーレック(仏)
16枠 16番 サハワール 牡3 56.0 T.テュリエ C.フェルラン(仏)
17枠 8番 ハヤランダ 牝5 58.0 F.ブロンデル L.オードン(仏)
18枠 3番 アルカジーム 牡5 59.5 J.ドイル R.チャールトン(英)

捷克=チェコ

枠は枠番で、内側からの枠順。
番は、馬のゼッケン番号です。
ゴーイングサムウェアが59なのは、南半球生産馬だからです。

2005年の凱旋門賞は、当時のヨーロッパで絶対的強さを見せていたハリケーンラン、シロッコに加え、日本からディープインパクトも参戦し、逃亡馬続出、7頭立てでした。
日本とは違い、ヨーロッパ主要国(英、愛、仏)の調教師は、勝てそうにないとか、馬の得意な馬場状態でない場合、すぐに回避します。
オルフェーブルのフォア賞のパフォーマンスを見て、敵前逃亡が多数出るのではないかと思っていたのですが・・・18頭立て。

木曜までは雨が降っていましたが、そこから日曜まで晴れの予報だそうで、馬場予想はやや重~良だそうです。
オルフェーヴルはこれまでロンシャンで、パンパンの良馬場では走っていませんが、その辺に勝機ありと思ったか?
はたまたオルフェーヴルの気の悪さに、チャンスありと見たか?

しかしもし良馬場になっても、それまでかなりの降雨量だったそうで、2011年の凱旋門賞のような固い馬場にはならず、柔かく、時計のかかる馬場の見込みだそうです。

今年の凱旋門賞は、意外に豪華メンバーです。
・ミアンドル(2012サンクルー大賞)
・ゴーイングサムウェア(2012カルロスペレグリーニ大賞※南米の有馬記念みたいなもん)
・リーディングライト(2013英セントレジャー)
・ルーラーオブザワールド(2013英ダービー
・フリントシャー(2013パリ大賞)
・オルフェーヴル(2011日3冠、2011有馬記念、2012宝塚記念、2012凱旋門賞2着)
・アンテロ(2013仏ダービー
・キズナ(2013日ダービー)
・ノヴェリスト(2013サンクルー大賞、2013Kジョージ
・ジョシュアツリー(2010、2012カナディアン国際S)
・トレヴ(2013仏オークス、2013ベルメイユ賞)
・アルカジーム(2013タッターソールズGC、2013プリンスオブウェールズS 、2013エクリプスS)

まあジョシュアツリーの勝ったカナディアン国際Sは一応GⅠ、ゴーイングサムウェアの勝ったカルロスペレグリーニ大賞はその年のレベルによります。
2012年カルロスペレグリーニ大賞は、インディポイントと言うアルゼンチン3冠馬を内からすくって勝ったもので、今年は未勝利、フォア賞でもいいとこなしでした。

10月1日時点、ブックメーカー大手のウィリアムヒルによると、1番人気オルフェーヴル(3倍)、2番人気トレヴ(5.5倍)、3番人気ノヴェリスト(6.5倍)、4番人気キズナ(7倍)です。

日本でもお馴染みの、A.ファーブル調教師は勝つ気満々、5頭出しです。
内、フリントシャーとアンテロは、同率5番人気です。
フリントシャーは、ニエル賞でキズナに敗れる前は、凱旋門賞1番人気でした。

ニエル賞でキズナの2着だった英ダービー馬ルーラーオブザワールドは、同じく同率5番人気。
かの有名なA.オブライエン厩舎の馬で、リーディングライトと共に、A.オブライエン厩舎も勝つ気満々で2頭出しです。

果たしてオルフェーヴル、キズナ日本勢が、歓喜をもたらしてくれるのか?楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

2013年 フォア賞

09月15日、4歳上の凱旋門賞(GⅠ芝2400m)ステップレース、フォア賞GⅡ(芝2400m)がありました。
日本で言うと、全く同じレースはありませんが、京都新聞杯GⅡ(芝2400m)と言うところでしょうか?
日本から、凱旋門賞出走を予定している、オルフェーブルが出走しました。
昨年の2000ギニー、英ダービー、愛ダービー制覇のキャメロットが回避しました。

9頭立てで、比較的小粒なメンバーです。
1番人気は昨年の凱旋門賞2着馬、オルフェーブル。
2番人気がデュナデン。フランスの宝塚記念、サンクルー大賞GⅠで、Kジョージ勝ち馬、ノベリストの2着です。
ノベリストは、日本馬にとって凱旋門賞最大のライバルですが、サンクルー大賞もKジョージも、出走メンバー小粒でしたからね。
3番人気はマンドールですが、戦績は不明。アメリカ産馬なので、もしかしてアメリカから転戦?

逃げたのは、キズナの帯同馬、ステラウインド。
鞍上は武豊で、勝つ気なのか超スローに持ち込みました。
オルフェーブルは、以前なら引っかかってもおかしくありませんでしたが、3番手の内馬場で折り合います。
レースは淡々と流れ、直線向くと、逃げたステラウインドは勝つ気満々で、内を開けません。
2番手を進んでいた馬が垂れて、ステラウインドの外が開くと、オルフェーブルは持ったままで先頭に立ちます。
他の馬は、いっぱいに追っています。
Cスミヨンがちょっと気合をつけると、後続を突き放し4-5馬身差、最後は手綱を押さえる大楽勝でした。
英字ニュースで、オルフェーブルのワルツと書かれたほどです。

この結果からすると、オルフェーブルは本番でも1番人気間違えありませんね。
2着はベリーナイスネーム、3着はピリカ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年 ニエル賞

09月15日、3歳の凱旋門賞(GⅠ芝2400m)ステップレース、ニエル賞GⅡ(芝2400m)がありました。
日本で言うと、全く同じレースはありませんが、神戸新聞杯GⅡ(芝2400m)、京都新聞杯GⅡ(芝2400m)と言うところでしょうか?
日本から、凱旋門賞出走を予定している、キズナが出走しました。

10頭立てで、比較的小粒なメンバーです。
1番人気が地元フランス馬で、前走同距離GⅠを優勝している、フリントシャー。
2番人気がキズナ。
3番人気は英ダービー馬、ルーラーオブザワールド

直線向いて、逃げた馬は失速。
内からオコヴァンゴ、外からキズナ、キズナの後ろから、内をルーラーオブザワールドが突っ込んで来ます。

キズナは勝負根性で、最後まで抜かさせず頭差くらいで優勝。
2着はルーラーオブザワールド。

この結果からすると、キズナは本番でも人気になるかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

2013年 キングジョージⅥ世&クイーンエリザベス・ステークス

07月27日、ヨーロッパの平地レース総決算、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベス・ステークス(芝12F約2414m)がありました。
略称で、キングジョージと呼ばれているレースですね。
日本で言うと、宝塚記念です。

今年は8頭立てと、まずまずの出走数。
しかしメンバーは、振るいません。
残念ながら、日本からの出走もありませんでした。
1番人気がフランス馬で、古馬の中堅どころのシリュスデゼーグル。
2番人気が愛ダービー馬のトレーディングレザー
3番人気はヒルスターと言う自分は知らない馬でした。

簡単に直線だけ書きますと、中団前目に付けていたノベリストが、直線向くとじわじわ伸びて先頭に立ち、少しずつ後続を突き放し、最後は5馬身差の優勝。
タイムは何と、日本のレースかと思うような2分24秒6と言う破格のレコードタイム。

1着 ノベリスト 2:24.60
2着 トレーディングレザー 5身
3着 ヒルスター 3/4身

優勝したノベリストは、3歳時圧倒的1番人気で独ダービー2着に敗れ、次走のGⅠバーデン大賞でもかのドイツの凱旋門賞馬デインドリームにも敗れましたが、暮れのイタリア、ミラノのGⅠレース、ジョッキークラブ大賞、今年5月にGⅡバーデン企業大賞、6月にフランスの宝塚記念、サンクルー大賞と3連勝中でした。
4番人気でしたが、これはドイツ馬だったからでしょう。
ヨーロッパでは、イギリス、フランス、アイルランド以外の調教馬は、低く見られています。

ドイツ馬らしく、珍血統で、7代遡った先祖が大種牡馬ブランドフォード。
その間は、知らない馬ばかりです。
ブランドフォード系で記憶に新しいのが、ニュージーランド馬ボーザムとか、JCをタマモクロス、オグリキャップを破って優勝したペイザバトラー、さらに古くは日本調教馬で海外重賞を初めて制したハクチカラ等。
最近は、全く活躍した馬を知りませんでしたが、こうして細々サイアーラインをつなげているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

2013年 アイリッシュ・ダービー(アイルランドダービー)

6月29日、アイルランド・キルデア州のカラ競馬場で、アイリッシュ・ダービー(芝12F約2414m)がありました。
アイリッシュ・ダービーは、今年もエプソムダービージョッケクルブ賞の中3週後の日程でしたね。
キングジョージの1ヶ月くらい前なので、エプソムダービージョッケクルブ賞の勝ち馬も参加する事がある、重要レースです。
そしてここからキングジョージに挑戦したりする訳です。

1着 トレーディングレザー
2着 ボーンザシー
3着 ライトヘビー

直線だけ簡単に。
逃げていた馬、追走していた馬は、4コーナー回ると一杯になり、トレーディングレザーが中団から脚を伸ばして、スタミナと底力で先頭に立ちます。
ボーンザシーが、後ろから食い下がりますが交せず2着。
3着はインコースを突いたライトヘビー。
後方から直線に賭けたエプソムダービー馬、ルーラーオブザワールドは伸びず10馬身も離された5着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

2013年 ベルモントステークス

6月8日、アメリカ合衆国ニューヨーク州の、ベルモントパーク競馬場で、ベルモントステークス(GⅠダ12F約2414m)が行われました。

1着 パレスマリス 2:30.70
2着 オクスボウ 3 1/4
3着 オーブ 1 3/4

オクスボウは逃げえられず、フラックダディが逃げ、オクスボウは3番手。
しかしその後、フラックダディを交してオクスボウが先頭に立ちます。しかしオクスボウは、フリーダムチャイルドに抜かれる、ガチャガチャした展開。
離れた2番集団の先頭がパレスマリス。
3-4コーナー中間から、オクスボウがフリーダムチャイルドを交しにかかり、その後ろからパレスマリスが進出して来ます。
4コーナー手前では、フリーダムチャイルドは完全に脱落して、オクスボウをパレスマリスが交しにかかります。
後方からレボリューショナリーとオーブが、進出して来ました。
直線向いてパレスマリスがオクスボウを切り捨て、先頭に立つとじわじわ後続との差を広げます。
オーブが後ろから迫って来ますが、2番手のオクスボウを交せずに、脚色が一緒になってしまいました。

パレスマリスは、未勝利戦以来の勝利が、このGⅠ、ベルモントステークスでした。
2着、3着と、プリークネスステークス馬ケンタッキーダービー馬のそろい踏みとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

2013年 ジョッケクルブ賞(仏ダービー)

6月3日(日本では6月4日)、フランスのシャンティイの、シャンティ馬場で、ジョッケクルブ賞(芝2100m)が行われました。

1着 インテロ 2:07.89
2着 モランディ 2
3着 スカイハンター 短クビ

今年は、19頭立て。Poule d'Essai des Pouliches(仏2000ギニー)3着に敗れたインテロが1番人気でしたので、混戦だったのでしょう。
直線向いて、先行勢のすぐ後ろにいたインテロが早め先頭に立ち、そのまま押し切る横綱相撲。
2着は後方から突っ込んで来た3番人気モランディ。
3着は直線手前でモランディに交された2番人気スカイハンター。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

2013年 ダービー・ステークス(英ダービー)

6月1日(日本では6月2日)、イギリスのエプソムダウンズの、エプソム馬場で、ダービー・ステークス(芝12F10Y約2423m)が行われました。

1着 ルーラーオブザワールド 2:39.06
2着 リバタリアン 1 1/2
3着 ガリレオロック 短頭

何と!?オブライエン厩舎の5頭出しです。
1番人気は2歳チャンピオンで、無敗の7連勝で2000ギニーを制したドーンアプローチ。
時間がないので結果だけ書きますが、トッテナムコーナー過ぎて、リバタリアンが先頭に立ちます。
後方に控えていたルーラーオブザワールドが猛然と追い込んで、残り2F(約402.33m)で先頭に立ち、抜け出しました。
リバタリアンは粘りますが、ゴール直前にはガリレオロック、バトルオブマレンゴが突っ込んで来て、3頭は際どい勝負となりました。
昨年のキャメロットに引き続き、今年もアイルランドの名門オブライエン厩舎の、ルーラーオブザワールドの優勝となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A.食べ歩き | A100.旬の料理 | A1000.食材と調理法 | A1001.食材と調理法(野菜) | A1002.食材と調理法(青菜) | A1006.食材と調理法(ソース) | A101.印象に残った料理 | A102.魅惑の中国料理 | A1021.食材と調理法(料理/日本) | A1023.食材と調理法(料理/フランス) | A1025.食材と調理法(料理/インド) | A103.魅惑のナポリ・ピッツァ | A104.魅惑の南インド料理 | A105.魅惑のコーヒー | A106.レシピ | A12.港区:虎ノ門・神谷町界隈 | A2012.2012年に食べた料理ベスト3 | A2013.2013年に食べた料理ベスト3 | A2014.2014年に食べた料理ベスト3 | A999.食文化その他 | B.書評 | B0001.小杉健治 | B0002.東直己 | B0003.ディック・フランシス | B0004.佐々木譲 | B0005.今野敏 | B0006.越智春海 | B0007.三上延 | B0008.三浦しをん | B4901.ススキノ便利屋探偵シリーズ | B4902.隠蔽捜査シリーズ | B4903.ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ | B4904.まほろ駅前シリーズ | B5001.検察者 | B5002.探偵はバーにいる | B5003.バーにかかってきた電話 | B5004.利腕 | B5005.笑う警官 | B5006.向こう端にすわった男 | B5007.探偵は吹雪の果てに | B5008.隠蔽捜査 | B5009.ビルマ決戦記 | B5010.隠蔽捜査2 果断 | B5011.探偵、暁に走る | B5012.ビブリア古書堂の事件手帖 | B5013.探偵はひとりぼっち | B5014.ニューギニア決戦記 | CINEMA.映画評論 | CINEMA0001.探偵はbarにいる | CM | D.ドラマ | H2011.2011年 競馬予想 | H2012.2012年 競馬予想 | H2013.2013年 競馬予想 | H2014.2014年 競馬予想 | H2015.2015年競馬予想 | H3001.伝説の名レース | H3101.平成三強物語 | H3102.イナリワン | H3103.オグリキャップ | H3104.スーパークリーク | H3105.平成三強物語外伝 | H3106.チヤンピオンスター | H3107.ヤエノムテキ | H3108.タマモクロス | H3109.サッカーボーイ | H3110.フエートノーザン | H3111.ロジータ | H3601.トウケイニセイ | H3602.ルージュバック | H5011.2011年 海外競馬 | H5012.2012年 海外競馬 | H5013.2013年 海外競馬 | H5014.2014年 海外競馬 | H5015.2015年 海外競馬 | H5016.2016年 海外競馬 | H6011.2011年 地方競馬 | H6012.2012年 地方競馬 | H6013.2013年 地方競馬 | H6014.2014年 地方競馬 | H6015.2015年 地方競馬 | H6016.2016年 地方競馬 | H7011.競馬その他 | H8014.2014年 JRA GⅠレース | H8015.2015年 JRA GⅠレース | H8016.2016年 JRA GⅠレース | Music | Music.AB'S | Music.Airplay | Music.Al Jarreau | Music.Al Mckay | Music.Allen Vizzutti | Music.Bill Champlin | Music.Boom Boom Satellites | Music.Bootsy Collins | Music.Boz Scaggs | Music.Brian Auger | Music.Buzz Feiten | Music.Chick Corea | Music.Chickenshack | Music.David Foster | Music.David Sanborn | Music.Derek Trucks | Music.Dis Bonjur a la Dame | Music.Earth, Wind & Fire | Music.FREESTYLE | Music.Full Moon | Music.Greg Mathieson | Music.Herbie Hancock | Music.Hummingbird | Music.Jay Graydon | Music.Jeff Beck | Music.Jeff Porcaro | Music.John Frusciante | Music.John Mayer | Music.Kayo | Music.Larry Carlton | Music.Larsen Feiten Band | Music.Lee Ritenour | Music.Linda Lewis | Music.Marcus Miller | Music.Max Middleton | Music.Maze featuring Frankie Beverly | Music.miwa | Music.Neil Larsen | Music.Nile Rodgers | Music.Perfume | Music.Queen | Music.RADWIMPS | Music.Red Hot Chili Peppers | Music.Robben Ford | Music.Russell Ferrante | Music.Santana | Music.Speedometer | Music.Stanley Clarke | Music.Stanley Jordan | Music.Steely Dan | Music.STEREO PLASTIC | Music.Steve Lukather | Music.T-Bone_Walker | Music.TOTO | Music.Vinnie Colaiuta | Music.やまがたすみこ | Music.上原ひろみ | Music.在日ファンク | Music.松原正樹 | Music.梅津和時 | O.その他 | P1001.プロレス | 節電情報