H6012.2012年 地方競馬

2013年2月 3日 (日)

2012年 東京大賞典

今さらですが、記事にするのを忘れていたので、書きます。
12月29日、大井競馬場で、ダート2000mの、3歳以上統一GⅠ交流競走の東京大賞典がありました。
中央競馬なら、有馬記念に相当するレースです。

1番人気は、JBCクラッシック優勝馬、ワンダーアキュート。
2番人気は、ジャパンカップダートは4着だったものの、それ以前は6連勝していた、ローマンレジェンド。
3番人気は、ジャパンカップダートは8着だったものの、ジャパンダートダービー優勝馬、ハタノヴァンクール。
他には永らく休んでいた古豪、GⅠ6勝馬、8歳のフリオーソが引退レースとして出走して来ました。

ゲートが開いて、GⅠ7勝馬エスポワールシチーがつまずいて後方から。
スタートが良く、ダッシュも良かったフリオーソが先頭、2番手モエレビクトリー、3番手ナムラタイタン。
ワンダーアキュート、ローマンレジェンド、ハタノヴァンクールは、その直後を追走します。
GⅠ6勝馬、トランセンドは中団やや後方から。
道中淡々と流れますが、3コーナー過ぎからナムラタイタンが上がって行きます。
3-4コーナーではワンダーアキュート、ローマンレジェンド、ハタノヴァンクールが、上がって行こうと手綱を動かし始めます。
4コーナーでは、ナムラタイタン、ワンダーアキュート、ローマンレジェンド、ハタノヴァンクールが、逃げているフリオーソに取り付きました。
直線向いて、フリオーソの外から、ローマンレジェンドが良い脚で並びかけ、競り落とします。
ローマンレジェンドの外から、ワンダーアキュートが良い脚で追いかけて来ます。
ワンダーアキュートは、一瞬交しますが、そこからローマンレジェンドは二枚腰を見せ、再び引き離します。
ワンダーアキュートにはもう脚が残ってなく、内からハタノヴァンクールが突っ込んで、交しました。
ローマンレジェンド優勝。GⅠ初制覇です。
2着はハタノヴァンクール、3着はワンダーアキュート。

出遅れたエスポワールシチー5着、フリオーソ6着、トランセンド7着、ボンネビルレコード9着。

ここが引退レースの地方競馬のフリオーソは、中央の強豪に伍して、よくぞGⅠを6勝しました。
お疲れ様でした。
そして実はもう1頭、GⅠ3勝馬、地方競馬のボンネビルレコードもこのレースで引退しました。
お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

2012年 JBCスプリント

本当はタイムリーで書きたかったんですけどね。
11月5日、川崎競馬場で、ダート1400mの、3歳以上統一GⅠ交流競走のJBCスプリントがありました。

JBCは、ジャパン・ブリーディング・ファームズ・カップの略で、アメリカのブリーダーズ・カップを参考に、生産者が企画・運営するダート競馬の祭典として、2001年に創設されました。
開催競馬場は、毎年公営競馬上の持ち回りとなっています。

1番人気は、前走は3着でしたが、その前は統一グレードレース4連勝中だったセイクリムズン。
2番人気は、近走好調なタイセイレジェンド。
3番人気は、前走セイクリムズン、タイセイレジェンドを負かして東京盃優勝のラブミーチャン。

スタートダッシュ良く、内枠を利してタイセイレジェンドが先頭、外からダッシュして2番手シャイニングアワー、3番手ラブミーチャン。
向こう正面で、内からオオエライジンが3番手に上り、4コーナー過ぎには、このレース2勝しているスーニーも仕掛けます。
4コーナー回って、逃げているタイセイレジェンドの脚色良く、スーニーが追走しますが差が広がります。
セイクリムズンが先団からスーニーを差しますが、勝負はそこまで。
タイセイレジェンドはGⅠ初制覇、2着はタイセイレジェンド、3着はスーニー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 JBCレディスクラッシック

本当はタイムリーで書きたかったんですけどね。
11月5日、川崎競馬場で、ダート1600mの、3歳以上牝馬重賞競走のJBCレディスクラッシックがありました。
1着賞金4000万とGⅢ級の高さですが、創設2年目と言う事なのか、未だクレードなしの重賞競走の扱いです。

JBCは、ジャパン・ブリーディング・ファームズ・カップの略で、アメリカのブリーダーズ・カップを参考に、生産者が企画・運営するダート競馬の祭典として、2001年に創設されました。
開催競馬場は、毎年公営競馬上の持ち回りとなっています。

1番人気は、昨年の優勝馬ミラクルレジェンド。
2番人気は、牝馬にして南関東2冠馬のクラーベセクレタ。でも近走は、勝ったり負けたりです。
3番人気は、芝路線からダートに戻して来た、JRAの芝の重賞勝ち馬クィーンズバーン。

ゲートが開いて、サクラサクラサクラが先頭、2番手クィーンズバーン、クラーベセクレタ、ミラクルレジェンドは中団。
3コーナーまで淡々と流れ、4コーナー手前にミラクルレジェンドが仕掛けて上がって行きました。
外から逃げたサクラサクラサクラ、先行するプレシャスジェムズに並びかけると、力強く交しました。
2着は一瞬直線前がふさがったクラーベセクレタ、3着は逃げ粘ったサクラサクラサクラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 JBCクラッシック

本当はタイムリーで書きたかったんですけどね。
11月5日、川崎競馬場で、ダート2100mの、3歳以上統一GⅠ交流競走のJBCクラッシックがありました。
もう今の時期なら、ジャパンカップダート(JDC)の参考レースと言うところですね。

JBCは、ジャパン・ブリーディング・ファームズ・カップの略で、アメリカのブリーダーズ・カップを参考に、生産者が企画・運営するダート競馬の祭典として、2001年に創設されました。
開催競馬場は、毎年公営競馬上の持ち回りとなっています。

1番人気は、ドバイWC惨敗後、復帰明けの、統一GⅠ含めGⅠ4勝馬トランセンド。
2番人気は、3連勝中、東海S、日本テレビ杯と重賞連勝しているソリタリーキング。
3番人気は、マーキュリーC、ブリーダーズゴールドCと重賞を2連勝しているシビルウォー。

ゲートが開いて、スタートが良く、ダッシュも良かったマグニフィカが先頭、2番手ワンダーアキュートの外から押っつけるように並びかけるトランセンド。
1コーナー過ぎから、トランセンド、GⅠホースのテスタマッタが、先頭マグニフィカに絡み始めます。
向こう正面でシビルウォーが仕掛け、それに連れ各馬仕掛け出します。
シビルウォーは、3コーナーには先頭に並びかける勢い。
マグニフィカは潰れ、押し出されるようにトランセンドが先頭、シビルウォーが交しにかかり、間にソリタリーキングと3頭並びますが、ソリタリーキングの脚色悪し。
4コーナー回ると、先行していたワンダーアキュートが先団を捉えると、並ぶ間なしにトランセンド、シビルウォーを交し先頭に立ちました。
ワンダーアキュートは、そこから5馬身突き離し、独走して優勝。GⅠ初制覇です。
2着はシビルウォー、3着はトランセンド。

ワンダーアキュートは強い勝ち方だったものの、トランセンドは休み明けでしたし、テスタマッタ、マグニフィカとGⅠホースも出ていましたが、近走不振。
出走メンバーのレベルは高くありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 マイルチャンピオンシップ南部杯

本当はタイムリーで書きたかったんですけどね。
10月28日に、盛岡競馬場で、統一GⅠ交流競走のマイルチャンピオンシップ南部杯(ダート1600m)がありました。
もう今の時期なら、ジャパンカップダート(JDC)の参考レースと言うところですね。

ダート古豪、エスポワールシチー1番人気、ナムラタイタンが2番人気なので、レベルが低いメンツでした。。
もっともエスポワールシチーは、今年のかしわ記念(統一GⅠ交流競走ダート1600m)も勝ってますけどね。

ナムラタイタンが落馬すると言う、波乱のスタート。
JRAのメイショウタメトモが逃げ、JRAのエスポワールシチー2番手、船橋のナイキマドリード3番手。
メイショウタメトモにエスポワールシチーが、道中びっしり絡んでいます。
3コーナから、エスポワールシチーが徐々に押し出されるように先頭になり、4コーナー手前で追い出すと、直緯線に向くと3馬身くらい差を付けました。
先行していたダイショウジェットが、2番手に上り追走しますが、差は広がる一方。
3番手も、先行していたアドマイヤロイヤル。
エスポワールシチーは最後、バテたのか?それとも余裕で手綱を緩めたのか?

それでも4馬身つけ優勝、2着ダイショウジェット、3着アドマイヤロイヤル。
エスポワールシチーはこれで、統一GⅠ含めGⅠ7勝となりました。

エスポワールシチーは復調したのでしょうか?
いえ重賞未勝利のダイショウジェット、アドマイヤロイヤルが馬券圏内に来るあたり、メンバーが手薄だったと言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

2012年 ジャパンダートダービー

7月11日、大井競馬場で、南関東3冠レース第3弾、統一GⅠ交流競走のジャパンダートダービー(ダート2000m)がありました。

昨年は、羽田盃、東京ダービーを牝馬で優勝したクラーベセクレタがいましたが、今年の南関東の3歳クラッシックは混戦ムード。
1番人気は、重賞未勝利ながら、ダートは4戦4勝のJRAハタノヴァンクール、2番人気は前走ユニコーンSを快勝したJRAのストローハット、3番人気は前走ユニコーンS2着、前々走兵庫チャンピオンシップ優勝のJRAオースミイチバン。
地方勢では、南関東のアートサハラが7番人気と、低く見られています。
他地区からは、愛知からマイネルセグメント、金沢から牝馬のアルドラが、出走して来ました。

JRAのフリートストリートが逃げ、JRAのトリップ2番手、JRAのオースミイチバン3番手。
1番人気のハタノヴァンクールは、先行勢の6番手。
2コーナから、向こう正面までは淡々と流れますが、3コーナー前に、先団グループの離れた後ろにつけていたアートサハラが仕掛け、上がって行きます。
3-4コーナー中間で、フリートストリートは一杯になり、押し出されるようにトリップが先頭に立ち、アートサハラが2番手に上り追走します。
4コーナー回って、大外からハタノヴァンクールが良い脚で上がって、アートサハラを並ぶ間なしに交し、先頭のトリップにじわじわ迫ります。
残り30メートルでトリップに並びかけ、勝負あり。
最後は1馬身差し切り、ハタノヴァンクールが初重賞制覇で、統一GⅠ制覇となりました。

2着は良く粘ったトリップ、3着は同じく粘り抜いた南関東のアートサハラ。
ハタノヴァンクールは秋に、スマートファルコン、トランセンド、フリーソ相手に、どこまで戦えるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

2012 年帝王賞

6月27日、大井競馬場で、南関東統一GⅠレース、帝王賞(大井ダート2000m JpnI)がありました。

逃げたのはランフォルセ、2番手は逃げようとした圧倒的一番人気、エスポワールシチー、3番手ゴルドブリッツ、その後ろのグループにはテスタマッタ。
レースは淡々と流れ、3-4コーナーで、エスポワールシチーが、逃げるランフォルセを交しにかかります。
ゴルドブリッツが、エスポワールシチーのさらに外から、並びかけます。
4コーナー回り、インコースから抜けて来たテスタマッタが抜け、エスポワールシチー、ゴルドブリッツと追い比べになります。
逃げようとして逃げられず、3-4コーナーで早目に脚を使ったエスポワールシチーでしたが、テスタマッタを交します。
直線半ばでは、外からゴルドブリッツが交し、最後3 1/2馬身突き抜けました。
2着エスポワールシチー、クビ差3着テスタマッタ。

JRAのゴルドブリッツは、仁川S、アンタレスSに続く3連勝で、GⅠ初制覇しました。
秋には、スマートファルコン、フリオーソ、トランセンドとの対決が、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

2012年 東京ダービー

6月6日、大井競馬場で、南関東3冠レース第2弾、東京ダービー(大井ダート2000m SI)がありました。

逃げたのは、キョウエイロブスト、2番手ディーオ、3番手カントリーウォーク、羽田盃馬アートサハラは後から3番手くらい。
3コーナー手前には、キョウエイロブストがベルモントレーサー、ゴールドキャヴィア、キタサンツバサに突っつかれ、並走したまま4コーナーを回ります。
ペースが速かったのか、4コーナにキタサンツバサが先頭に立ちますが、後ろからエミーズパラダイスが先頭に立ちます。
さらにその後ろから、プレティオラスが追い込んで、エミーズパラダイスを切って捨てます。
内から、プーラヴィーダが追い込んで、エミーズパラダイスを交して、プレティオラス3/4馬身まで迫ったところがゴール。

前走、羽田盃で3着した6番人気プレティオラスが、人気薄で優勝しました。
2着は、兵庫チャンピオンシップ3着のプーラヴィーダ、3着は羽田盃2着のエミーズパラダイス。
羽田盃馬アートサハラ5着。
今年の南関東3歳クラッシックは、混戦ムードです。

南関東3冠レース第3弾、統一グレード競争、ジャパンダートダービー(大井ダート2000m JpnI)は、7月11日となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

2012年 羽田盃

5月9日、大井競馬場で、南関東公営競馬の3歳の3冠レース第1弾、羽田盃(ダート1800m)がありました。
羽田盃は、南関東公営限定のレースで、統一グレード競争ではありません。
中央競馬だと、皐月賞になります。

1番人気は京浜盃を逃げて圧勝した京浜盃パンタレイ、条件馬の身ながら3戦全勝のロンドンアイが2番人気、東京2歳優駿牝馬競走2着、JRAのクイーンC、アネモネSにも挑戦し、古馬混合交流競走船橋のマリーンC4着のエミーズパラダイス3番人気。

パンタレイ、ロンドンアイ、ゴールドキャヴィアがハナ争いをやり合って、結局強引にゴールドキャヴィアが逃げ、ロンドンアイ2番手、パンタレイ3番手。
馬群は縦長になりますが、ほとんどの馬は先頭グループに付いて行き、2頭だけかなり後方で、ペースに付いて行けません。
3コーナー過ぎから、8番人気の伏兵アートサハラ、エミーズパラダイスが並んで上がって行き、4コーナー手前には先頭に立ちます。
直線向いてアートサハラ、エミーズパラダイスが叩き合いますが、残り250mにはアートサハラがねじ伏せ、1馬身3/4差をつけてゴール。
2着は何とか粘ったエミーズパラダイス、3着は後ろから突っ込んで来たプレティオラス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

2012年 かしわ記念

5月2日、船橋競馬場で、公営競馬の古馬4歳以上のGⅠ(JpnⅠ)かしわ記念(ダート1600m)がありました。
中央競馬だと、安田記念でしょうか?

ドバイWCで惨敗したJRAのトランセンド(GⅠ4勝)、スマートファルコン(GⅠ6勝)は参戦しませんでした。
船橋競馬のフリオーソ(GⅠ6勝)、JRAのエスポワールシチー(GⅠ5勝)が出走しました。
他には、今年フェブラリーSを勝った(GⅠ2勝)JRAテスタマッタ、前走ダイオライト記念を勝ったJRAランフォルセ、佐賀記念GⅢをレコード勝ちしたJRAピイラニハイウェイ、根岸S GⅢを勝ったJRAシルクフォーチュン等、好メンバーが揃いました。

フリオーソ、エスポワールシチーが好スタート、内枠の利を活かし、フリオーソが逃げ、エスポワールシチーが2番手につけます。
そのまま、フリオーソをマークして、エスポワールシチーが突っつくように、道中進んで行きます。
3コーナーからペースが速くなりますが、同時にエスポワールシチーが仕掛け、4コーナーまでにはフリオーソ、エスポワールシチーが並走。
フリオーソは、抜かれじと粘りますが、脚色はエスポワールシチーが優勢。
直線向いて、エスポワールシチーが抜け出し、フリオーソもバテなく2番手、3番手にテスタマッタが進出しますが抜かせそうになく、そのままの態勢でゴール。
エスポワールシチーが優勝して、GⅠ6勝、かしわ記念は2010年以来3度目の優勝となりました。
恐らく次走は、大井競馬場のGⅠ(JpnⅠ)、帝王賞(ダート2000m)じゃないかと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A.食べ歩き | A100.旬の料理 | A1000.食材と調理法 | A1001.食材と調理法(野菜) | A1002.食材と調理法(青菜) | A1006.食材と調理法(ソース) | A101.印象に残った料理 | A102.魅惑の中国料理 | A1021.食材と調理法(料理/日本) | A1023.食材と調理法(料理/フランス) | A1025.食材と調理法(料理/インド) | A103.魅惑のナポリ・ピッツァ | A104.魅惑の南インド料理 | A105.魅惑のコーヒー | A106.レシピ | A12.港区:虎ノ門・神谷町界隈 | A2012.2012年に食べた料理ベスト3 | A2013.2013年に食べた料理ベスト3 | A2014.2014年に食べた料理ベスト3 | A999.食文化その他 | B.書評 | B0001.小杉健治 | B0002.東直己 | B0003.ディック・フランシス | B0004.佐々木譲 | B0005.今野敏 | B0006.越智春海 | B0007.三上延 | B0008.三浦しをん | B4901.ススキノ便利屋探偵シリーズ | B4902.隠蔽捜査シリーズ | B4903.ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ | B4904.まほろ駅前シリーズ | B5001.検察者 | B5002.探偵はバーにいる | B5003.バーにかかってきた電話 | B5004.利腕 | B5005.笑う警官 | B5006.向こう端にすわった男 | B5007.探偵は吹雪の果てに | B5008.隠蔽捜査 | B5009.ビルマ決戦記 | B5010.隠蔽捜査2 果断 | B5011.探偵、暁に走る | B5012.ビブリア古書堂の事件手帖 | B5013.探偵はひとりぼっち | B5014.ニューギニア決戦記 | CINEMA.映画評論 | CINEMA0001.探偵はbarにいる | CM | D.ドラマ | H2011.2011年 競馬予想 | H2012.2012年 競馬予想 | H2013.2013年 競馬予想 | H2014.2014年 競馬予想 | H2015.2015年競馬予想 | H3001.伝説の名レース | H3101.平成三強物語 | H3102.イナリワン | H3103.オグリキャップ | H3104.スーパークリーク | H3105.平成三強物語外伝 | H3106.チヤンピオンスター | H3107.ヤエノムテキ | H3108.タマモクロス | H3109.サッカーボーイ | H3110.フエートノーザン | H3111.ロジータ | H3601.トウケイニセイ | H3602.ルージュバック | H5011.2011年 海外競馬 | H5012.2012年 海外競馬 | H5013.2013年 海外競馬 | H5014.2014年 海外競馬 | H5015.2015年 海外競馬 | H5016.2016年 海外競馬 | H6011.2011年 地方競馬 | H6012.2012年 地方競馬 | H6013.2013年 地方競馬 | H6014.2014年 地方競馬 | H6015.2015年 地方競馬 | H6016.2016年 地方競馬 | H7011.競馬その他 | H8014.2014年 JRA GⅠレース | H8015.2015年 JRA GⅠレース | H8016.2016年 JRA GⅠレース | Music | Music.AB'S | Music.Airplay | Music.Al Jarreau | Music.Al Mckay | Music.Allen Vizzutti | Music.Bill Champlin | Music.Boom Boom Satellites | Music.Bootsy Collins | Music.Boz Scaggs | Music.Brian Auger | Music.Buzz Feiten | Music.Chick Corea | Music.Chickenshack | Music.David Foster | Music.David Sanborn | Music.Derek Trucks | Music.Dis Bonjur a la Dame | Music.Earth, Wind & Fire | Music.FREESTYLE | Music.Full Moon | Music.Greg Mathieson | Music.Herbie Hancock | Music.Hummingbird | Music.Jay Graydon | Music.Jeff Beck | Music.Jeff Porcaro | Music.John Frusciante | Music.John Mayer | Music.Kayo | Music.Larry Carlton | Music.Larsen Feiten Band | Music.Lee Ritenour | Music.Linda Lewis | Music.Marcus Miller | Music.Max Middleton | Music.Maze featuring Frankie Beverly | Music.miwa | Music.Neil Larsen | Music.Nile Rodgers | Music.Perfume | Music.Queen | Music.RADWIMPS | Music.Red Hot Chili Peppers | Music.Robben Ford | Music.Russell Ferrante | Music.Santana | Music.Speedometer | Music.Stanley Clarke | Music.Stanley Jordan | Music.Steely Dan | Music.STEREO PLASTIC | Music.Steve Lukather | Music.T-Bone_Walker | Music.TOTO | Music.Vinnie Colaiuta | Music.やまがたすみこ | Music.上原ひろみ | Music.在日ファンク | Music.松原正樹 | Music.梅津和時 | O.その他 | P1001.プロレス | 節電情報