H6013.2013年 地方競馬

2013年12月29日 (日)

2013年 東京大賞典

12月29日、大井競馬場で、ダート2000mの、3歳以上統一GⅠ交流競走の東京大賞典がありました。
中央競馬なら、有馬記念に相当するレースです。

1番人気は、ジャパンカップダートは4着だったものの、かしわ記念帝王賞JBCクラッシックとGⅠ3勝のホッコータルマエ。
2番人気は、2012年のJBCクラッシック優勝馬ですが、今年は川崎記念JBCクラッシックジャパンカップダートいずれのGⅠも2着のワンダーアキュート。
3番人気は、昨年のジャパンカップダート優勝、今年は帝王賞2着の、ニホンピロアワーズ。
他には昨年の優勝馬ローマンレジェンド、昨年の東京ダービー馬プレティオラス、笠松のトウホクビジン、金沢からガンズオブナバロン等が出走して来ました。

ゲートが開いて、外からJRAサトノプリンシパルが押して先頭に。
2番手はスタートが良かったニホンピロアワーズ、3番手ワンダーアキュート、4番手は意外にも前に行かなかったホッコータルマエ。
ワンダーアキュート、ローマンレジェンド、ハタノヴァンクールは、その直後を追走します。
道中一旦緩みますが、通過タイムは速くなく、サトノプリンシパルが離して逃げます。
自分の印象では、今の大井競馬場は、砂が深いのではないかと思います。
向こう正面でサトノプリンシパルがペースアップし、後続を離しにかかります。
馬群は縦長、公営勢は残念ながら、付いて行くのが精一杯。
3-4コーナーからニホンピロアワーズ、ワンダーアキュート、ホッコータルマエが並んで行き、4コーナーでは逃げていたサトノプリンシパルをアッサリ交します。
まずはコーナーを利してワンダーアキュート先頭、ローマンレジェンドは懸命に追いますが、脚色一杯。
ローマンレジェンドの外から、ホッコータルマエが良い脚で追いかけて来ます。
バテないワンダーアキュートに、ホッコータルマエがひと追い毎に差を詰めて、残り100mで並びかけると、ワンダーアキュートはここまでが精一杯。
ホッコータルマエが切って捨て、1馬身1/2差をつけて優勝。
またGⅠ2着ワンダーアキュート、3着はニホンピロアワーズ。
東京大賞典では珍しい、1番人気、2番人気、3番人気と順番できれいに入りました。

ホッコータルマエは、今年大活躍でしたね。
来年のさらなる飛躍を願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

2013年 JBCクラッシック

11月3日、金沢競馬場で、ダート2100mの、3歳以上統一GⅠ交流競走のJBCクラッシックがありました。
もう今の時期なら、ジャパンカップダート(JDC)の参考レースと言うところですね。

JBCは、ジャパン・ブリーディング・ファームズ・カップの略で、アメリカのブリーダーズ・カップを参考に、生産者が企画・運営するダート競馬の祭典として、2001年に創設されました。
開催競馬場は、毎年公営競馬場の持ち回りとなっています。
今年は、金沢競馬場の初開催。

1番人気は、かしわ記念帝王賞と、統一GⅠ2勝しているホッコータルマエ。
2番人気は、昨年のJBCクラッシック覇者、ワンダーアキュート。
3番人気は、今年のジャパンダートダービー覇者、クリソライト。

ゲートが開いて、愛知のサイモンロードのスタートが良かったですが、押してホッコータルマエが先頭、2番手サイモンロード、3番手 ワンダーアキュート。
道中は淡々と進み、2コーナー過ぎにはホッコータルマエが引き離し、サイモンロードの脚色怪しく、手が動き始めます。
ワンダーアキュートは離されまいと、追走します。インコースからソリタリーキングが上がって行きました。
3-4コーナーではペースが速まり、馬群がバラけて、ホッコータルマエ、ワンダーアキュート、ソリタリーキングと後続が離れて行きます。
直線、ホッコータルマエの脚色衰えず、ワンダーアキュート、ソリタリーキングは差を詰められません。
最後はゴール前で、ホッコータルマエの手綱を緩めたように見えました。
ホッコータルマエ優勝。これで統一GⅠ3勝目です。
2着はワンダーアキュート、3着はソリタリーキング。

ホッコータルマエはこの後、ジャパンカップダートに出るのでしょうか?
有力馬になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年 JBCスプリント

11月3日、大井競馬場で、ダート1400mの、3歳以上統一GⅠ交流競走のJBCスプリントがありました。

JBCは、ジャパン・ブリーディング・ファームズ・カップの略で、アメリカのブリーダーズ・カップを参考に、生産者が企画・運営するダート競馬の祭典として、2001年に創設されました。
開催競馬場は、毎年公営競馬場の持ち回りとなっています。
今年は、金沢競馬場の初開催。

1番人気は、前走南部杯で統一GⅠ8勝JRAエスポワールシチー。
2番人気は、前走統一GⅡ東京盃勝ちのタイセイレジェンド。
3番人気は、前走南部杯3着のセイクリムズン。

スタートダッシュ良く、大井のセイントメモリーが先頭、じわっと2番手セイクリムズンが進出、3番手外からスピードの違いで上がったエスポワールシチー。
そのままハイペースでレースが進んで行き、徐々に馬群が長くなります。
3コーナー手前では、セイントメモリーの外から、セイクリムズン、エスポワールシチーが並びかけて行きます。
3-4コーナーではエスポワールシチーの脚色良く、4コーナーには先頭に立ちます。
内からドリームバレンチノが突っ込んで来ますが、エスポワールシチーは貫禄で抜かせません。
エスポワールシチーが1 1/2馬身差で優勝、統一GⅠ9勝で、日本で最多勝利記録のヴァーミリアンと並びました。
2着はドリームバレンチノ、3着はセイクリムズン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年 JBCレディスクラッシック

11月3日、金沢競馬場で、ダート1500mの、3歳以上牝馬統一GⅠのJBCレディスクラッシックがありました。
今年から、統一GⅠとなったようです。
1着賞金4100万ですから、JRAだとGⅢまたはGⅡ級ですね。

JBCは、ジャパン・ブリーディング・ファームズ・カップの略で、アメリカのブリーダーズ・カップを参考に、生産者が企画・運営するダート競馬の祭典として、2001年に創設されました。
開催競馬場は、毎年公営競馬場の持ち回りとなっています。
今年は、金沢競馬場の初開催。

1番人気は、今年南関東の牝馬統一GⅢを4勝しているJRAメーデイア。
2番人気は、昨年牝馬にして全日本2歳優駿統一GⅠ優勝のサマリーズ。
3番人気は、JRAオープン馬のキモンレッド。

ゲートが開いて、JRAトシキャンディが先頭、2番手メーデイア、サマリーズ。
トシキャンディは徐々にペースを上げ、向こう正面では馬群が大きくバラけます。
メーデイアは、3コーナー手前から仕掛け、トシキャンディに並びかけて行きます。
4コーナー手前ではトシキャンディの外から、メーデイアが先頭に立ちます。
トシキャンディはここで一杯、その後ろからアクティビューティが追い込んで来ますが、メーデイアの脚色良く引き離す一方。
メーデイアが優勝しました。統一GⅠ初制覇。
2着はアクティビューティ、3着はキモンレッド。
南関東2冠馬クラーベセクレタも出走していましたが、いいところなく6着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年 ジャパンダートダービー

今さらなんですが、レポートするのを忘れていました。
7月10日、大井競馬場で、南関東3冠レース第3弾、統一GⅠ交流競走のジャパンダートダービー(ダート2000m)がありました。

1番人気は、重賞未勝利ながら、JRAクリソライト、2番人気はJRAのエーシンゴールド、3番人気は前走JRAのユニコーンS(GⅢ東京ダート1600m)に勝った、JRAベストウォーリア。
地方勢では、南関東の羽田盃優勝アウトジェネラルが4番人気、東京ダービー優勝インサイドザパーク8番人気と、低く見られています。
他地区からは、 北海優駿を勝ったミータロー、九州ダービー栄3歳優勝のダイリングローバル、高知優駿3歳優勝の牝馬アラマサシャープ、兵庫ダービー優勝の牝馬ユメノアトサキが出走して来ました。
今年はまさに、ダート3歳日本一決定戦。

逃げたのは好スタートを決めた兵庫のユメノアトサキ、2番手は東京ダービー2着のジェネラルグラント、3番手は東京ダービー3着のソルテ。
終始ユメノアトサキを外からジェネラルグラントが突く形ですが、道中は淡々と流れます。
3コーナ手前で、ユメノアトサキが脱落。押し出されるように、ジェネラルグラントが先頭。
3-4コーナーでは、ソルテがジェネラルグラントに並びかけます。
先行していたクリソライトも進出し、4コーナー手前には外からソルテ、ジェネラルグラントを交しにかかります。
4コーナー回って、クリソライトが追い出すと、脚色が他馬と異なり引き離す一方。
ソルテの後ろから上がって来ていたエーシンゴールドと、中団から追い込んで来たケイアイレオーネも来ますが、脚色は劣ります。
クリソライトが7馬身差圧勝、初重賞制覇で、統一GⅠ制覇となりました。

2着はエーシンゴールド、3着はケイアイレオーネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

2013年 マイルチャンピオンシップ南部杯

10月14日に、盛岡競馬場で、統一GⅠ交流競走のマイルチャンピオンシップ南部杯(ダート1600m)がありました。

かしわ記念、帝王賞と、交流GⅠ2連勝のホッコータルマエが1番人気、交流GⅠ7勝のダート古豪、エスポワールシチー2番人気、2011年ジャパンダートダービー優勝、2013年フェブラリーS優勝の交流GⅠ2勝、グレープブランデーが3番人気と言う、好メンバー揃い。
エスポワールシチーの鞍上は、落馬負傷後、約1年振りの今月10月5日に復帰した後藤浩輝騎手。
エスポワールシチーはこのレースで有力馬だけに、ある意味思い切った起用だと言えます。

スピードの違いでJRAのエスポワールシチーが逃げます。
JRAのホッコータルマエが2番手と無理をしません。
JRAのグレープブランデーが3番手。
そのまま淡々と流れ、楽にエスポワールシチーを逃げさせてしまいます。
3コーナから、ホッコータルマエがエスポワールシチーを交そうと手が動きますが、馬なりのエスポワールシチーを捉えられません。
実はここが、勝負の分かれ目だったかも知れません。
4コーナーでエスポワールシチーが追い出すと、2番手ホッコータルマエと4馬身くらい差を広げました。
ホッコータルマエが追い続け、エスポワールシチーもさすがにゴール前に脚が上がりますが、その前のセーフティリードが利いて、ホッコータルマエに1馬身1/2差まで詰められたところがゴール。
後藤浩輝騎手は、復帰後、早くもGⅠ制覇。

後藤浩輝騎手は無理させず、楽にエスポワールシチーを逃がしましたね。
4コーナーで差を広げたのも結果的にはセイフティリードとなりましたし、他馬は慌てて脚を使っていました。
この辺が勝因ではないかと思います。
正直、よもやこんなに早く、GⅠを勝利するとは思いませんでした。
おめでとうございます。
そしてお帰りなさい!

またエスポワールシチーは元々、2012年11月24日落馬負傷以降、現在療養中の佐藤哲三騎手のお手馬でした。
この勝利が、佐藤哲三騎手の力になってくれればと思います。

ホッコータルマエの幸騎手は、エスポワールシチーを楽に逃がし過ぎたのもありますが、3コーナ過ぎで捉えに行ったのは早過ぎではないでしょうか?
直線まで溜めて追い出せば、もっと伸びたのではないかと思います。
もしかすると、もっと際どい勝負になったのではないでしょうか?

3着には、その3馬身も後方で、グレープブランデーを交したセイクリムズン。

エスポワールシチーはこれで、マイルチャンピオンシップ南部杯3勝目、昨年に続く南部杯2連勝、統一GⅠ含めGⅠ8勝となりました。
とても8歳と思えない元気さです。

日本の統一GⅠ含む、最多GⅠ勝利は、ヴァーミリアンの持つGⅠ9勝です。
エスポワールシチーには是非、これを抜いて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

2013 年帝王賞

6月26日、大井競馬場で、南関東統一GⅠレース、帝王賞(大井ダート2000m JpnI)がありました。

1着 ホッコータルマエ 2:03.0
2着 ニホンピロアワーズ 1
3着 ワンダーアキュート 1 1/2

1番人気は昨年のJCD馬ニホンピロアワーズ、2番人気は昨年の東京大賞典馬ローマンレジェンド、3番人気は今年のかしわ記念馬ホッコータルマエ、4番人気は昨年のJBC馬ワンダーアキュート、5番人気は今年の川崎記念馬ハタノヴァンクール、さらにJDDとフェブラリーSのGⅠ2勝馬テスタマッタなど、そうそうたるGⅠホースが揃いました。
つまりは、混戦と言う事なんですが(苦笑)。

逃げたのはワンダーアキュート、2番手はニホンピロアワーズ、3番手トーセンルーチェ、その後ろにはローマンレジェンドとホッコータルマエ。
先頭から差なく、虎視眈々とスキあらば先頭に躍り出る構え。
3コーナーから並走するようにワンダーアキュート、ニホンピロアワーズ、ホッコータルマエが行き、トーセンルーチェは脱落。
4コーナー回り、ワンダーアキュート、ニホンピロアワーズ、ホッコータルマエが抜けますが、3番手から脚色が良いのがホッコータルマエ。
直線ワンダーアキュートが脱落して、ニホンピロアワーズ、ホッコータルマエの一騎打ちになりますが、残り100mでホッコータルマエがねじ伏せ、1馬身差をつけてゴールイン。
2着ニホンピロアワーズ、3着ワンダーアキュート。

JRAのホッコータルマエは、佐賀記念GⅢ、名古屋大賞典GⅢ、アンタレスS GⅢ、かしわ記念、そしてこのレースと、5連勝を飾りました。

この連勝が本物なのか、秋が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

2013年 東京ダービー

6月5日、大井競馬場で、南関東3冠レース第2弾、東京ダービー(大井ダート2000m SI)がありました。
中央競馬で言うと、日本ダービーになります。

1着 インサイドザパーク 2:07:2
2着 ジェネラルグラント 1/2
3着 ソルテ 1 1/4

ペースは調べていないので分かりませんが、3コーナー過ぎから出入りの激しい競馬になり、ジェネラルグラントがインコースから伸びて、ソルテとカイカヨソウを寄せ付けません。
ジェネラルグラントは一瞬勝ったと思ったでしょうが、外インサイドザパークが追い込んで、猛然と半馬身交してゴールイン。
2着は粘ったジェネラルグラント。
3着も同じく粘ったソルテ。
羽田盃馬、アウトジェネラルは伸びず6着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年 かしわ記念

5月9日、船橋競馬場で、公営競馬の古馬4歳以上のGⅠ(JpnⅠ)かしわ記念(ダート1600m)がありました。
中央競馬だと、安田記念でしょうか?

①ホッコータルマエ 1:37.8
②エスポワールシチー 1 1/2
③ローマンレジェンド 1

エスポワールシチーが果敢に逃げ、ホッコータルマエは先行します。
直線、エスポワールシチー粘り込むのをホッコータルマエが追走してねじ伏せ優勝。
ダート重賞4連勝目で、交流GⅠ初制覇。
2着はマイペースで逃げ粘ったエスポワールシチー
東京大賞典馬、ローマンレジェンドが1番人気でしたが、テスタマッタを交して3着が精一杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年 羽田盃

4月24日、大井競馬場で、南関東公営競馬の3歳の3冠レース第1弾、羽田盃(ダート1800m)がありました。
羽田盃は、南関東公営限定のレースで、統一グレード競争ではありません。
中央競馬だと、皐月賞になります。

すいません、レポートするのを忘れてました。

1着 アウトジェネラル 1:52.8
2着 ソルテ 4
3着 インサイドザパーク 4

ペースは調べていないので分かりませんが、3-4コーナーあたりから先行3頭がペースを上げ、先行3頭の1番外、アウトジェネラルが直線豪快に伸びて、4馬身差圧勝しました。
アウトジェネラルは、前哨戦の黒潮盃2着馬で、重賞初制覇が羽田盃優勝となりました。
2着は良く粘ったソルテ。
3着は外からやっと3着に届いたインサイドザパーク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A100.旬の料理 | A1000.食材と調理法 | A1001.食材と調理法(野菜) | A1002.食材と調理法(青菜) | A1006.食材と調理法(ソース) | A101.印象に残った料理 | A102.魅惑の中国料理 | A1021.食材と調理法(料理/日本) | A1025.食材と調理法(料理/インド) | A103.魅惑のナポリ・ピッツァ | A104.魅惑の南インド料理 | A105.魅惑のコーヒー | A12.港区:虎ノ門・神谷町界隈 | A2012.2012年に食べた料理ベスト3 | A2013.2013年に食べた料理ベスト3 | A2014.2014年に食べた料理ベスト3 | A999.食文化その他 | B.書評 | B0001.小杉健治 | B0002.東直己 | B0003.ディック・フランシス | B0004.佐々木譲 | B0005.今野敏 | B0006.越智春海 | B0007.三上延 | B0008.三浦しをん | B4901.ススキノ便利屋探偵シリーズ | B4902.隠蔽捜査シリーズ | B4903.ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ | B4904.まほろ駅前シリーズ | B5001.検察者 | B5002.探偵はバーにいる | B5003.バーにかかってきた電話 | B5004.利腕 | B5005.笑う警官 | B5006.向こう端にすわった男 | B5007.探偵は吹雪の果てに | B5008.隠蔽捜査 | B5009.ビルマ決戦記 | B5010.隠蔽捜査2 果断 | B5011.探偵、暁に走る | B5012.ビブリア古書堂の事件手帖 | B5013.探偵はひとりぼっち | B5014.ニューギニア決戦記 | CINEMA.映画評論 | CINEMA0001.探偵はbarにいる | CM | D.ドラマ | H2011.2011年 競馬予想 | H2012.2012年 競馬予想 | H2013.2013年 競馬予想 | H2014.2014年 競馬予想 | H3001.伝説の名レース | H3101.平成三強物語 | H3102.イナリワン | H3103.オグリキャップ | H3104.スーパークリーク | H3105.平成三強物語外伝 | H3106.チヤンピオンスター | H3107.ヤエノムテキ | H3108.タマモクロス | H3109.サッカーボーイ | H3110.フエートノーザン | H3111.ロジータ | H3601.トウケイニセイ | H3602.ルージュバック | H5011.2011年 海外競馬 | H5012.2012年 海外競馬 | H5013.2013年 海外競馬 | H5014.2014年 海外競馬 | H5015.2015年 海外競馬 | H6011.2011年 地方競馬 | H6012.2012年 地方競馬 | H6013.2013年 地方競馬 | H6014.2014年 地方競馬 | H6015.2015年 地方競馬 | H7011.競馬その他 | H8014.2014年 JRA GⅠレース | H8015.2015年 JRA GⅠレース | Music | Music.AB'S | Music.Airplay | Music.Al Jarreau | Music.Al Mckay | Music.Allen Vizzutti | Music.Bill Champlin | Music.Boom Boom Satellites | Music.Bootsy Collins | Music.Boz Scaggs | Music.Brian Auger | Music.Buzz Feiten | Music.Chick Corea | Music.Chickenshack | Music.David Foster | Music.David Sanborn | Music.Derek Trucks | Music.Dis Bonjur a la Dame | Music.Earth, Wind & Fire | Music.FREESTYLE | Music.Full Moon | Music.Greg Mathieson | Music.Herbie Hancock | Music.Hummingbird | Music.Jay Graydon | Music.Jeff Beck | Music.Jeff Porcaro | Music.John Frusciante | Music.John Mayer | Music.Kayo | Music.Larry Carlton | Music.Larsen Feiten Band | Music.Lee Ritenour | Music.Linda Lewis | Music.Marcus Miller | Music.Max Middleton | Music.Maze featuring Frankie Beverly | Music.miwa | Music.Neil Larsen | Music.Nile Rodgers | Music.Perfume | Music.Queen | Music.RADWIMPS | Music.Red Hot Chili Peppers | Music.Robben Ford | Music.Russell Ferrante | Music.Santana | Music.Speedometer | Music.Stanley Clarke | Music.Stanley Jordan | Music.Steely Dan | Music.STEREO PLASTIC | Music.Steve Lukather | Music.T-Bone_Walker | Music.TOTO | Music.Vinnie Colaiuta | Music.やまがたすみこ | Music.上原ひろみ | Music.在日ファンク | Music.松原正樹 | Music.梅津和時 | O.その他 | P1001.プロレス | 節電情報