Music.Larsen Feiten Band

2015年5月 8日 (金)

Further Notice / Larsen Feiten Band

またまた、古い曲のギター・ソロを取り上げてしまいます。
かつて完コピした事もあり、譜面化しやすく、取り上げやすいのです。
数ヶ月前から、ギターを弾くのを再開していまして、かつて自分がコピーしたのを記録で残したい意図もあります。


Larsen Feiten Bandについて

Larsen Feiten Bandは、1972年にアルバム1枚だけリリースした後、消えて行ったバンド、Full Moonの主要メンバー、キーボードのニール・ラーセン、ギタリストのバジー・フェイトンを中心にしたロック/フュージョンバンドです。

Full Moonが解散した原因ですが、1つには商業的に成功しなかったと言う事もあったでしょう。
しかし一方で、プロのミュージシャンや音楽評論家から、伝説のアルバムとして当時から語られていましたから、2ndがリリースされてもおかしくなかったように思います。

後に判明したのは、主要メンバーのバジー・フェイトンの薬害(つまりラリった後遺症)だったそうです。
バジー・フェイトンは、表向き失踪と言う事になっていて、1978年に発表したニール・ラーセンのソロアルバム、「Jungle Fever」で久々表舞台に復帰、ニール・ラーセンとの名コンビが復活しました。

このコンビは1979年、ニール・ラーセンの2ndソロアルバム、「Hogh Gear」を経て、「Horizon」レーベルの倒産により、ワーナーパイオニアに移籍します。
Full Moon再びと結成したのが、Larsen Feiten Bandです。
1980年に、キーボードのニール・ラーセン、ギタリストのバジー・フェイトンを中心に、他のメンバーは一新して、アルバム「Larsen Feiten Band」を発表します。

Keyboards - Neil Laesen
Guitar - Bazz Feiten
Bass - Willie Weeks
Drums - Art Rodriguez
Percussions - Lenny Castro

今となっては、有名とは言い難いですが、当時はLAの中堅スタジオ・ミュージシャンとして名を馳せ、有名ミュージシャンのツアーメンバーをしていた、一芸に秀でた面々です。
つまり、バンド全体として、音楽技量が高いです。
ウイリー・ウィークスは地味に生き残り、現在も第一線で活躍しています。

「Jungle Fever」、「Hogh Gear」、そしてアルバム「Larsen Feiten Band」は、プロデューサーが、大プロデューサーのトミー・リピューマ。
当時から活動する音楽プロデューサー、宮住俊介氏のブログに、トミー・リピューマが、「Jungle Fever」をリリースした新人アーティスト、ニール・ラーセンの日本のライブに、サポートに来ていたエピソードが語られていました。

ニール・ラーセンは、「Jungle Fever」、「Hogh Gear」のプロデュースでお世話になったトミー・リピューマに、プロデュースを依頼しました。
トミー・リピューマについては、後述します。

その後、Larsen Feiten Bandはメンバーはそのままで、1982年にFull Moon名義のアルバム、「Full Moon featuring Neil Larsen & Buzz Feiten」を出しました。
アルバム「Larsen Feiten Band」から2年と間が空き過ぎていますし、Larsen Feiten Bandはそれなりに曲も売れ、知名度もありましたので、バンド名を変えるなど正気とは思えません。
「Full Moon featuring Neil Larsen & Buzz Feiten」では、「Twilight Moon」と「Standing In Line」のベースだけジミー・ヘイスリップ(当時イエロージャケッツのベーシスト)。
もしかして、メンバー不和?

1981年モントルー・ジャズ・・フェスティバルでアルバムに収録されていない、「Casino Lights」、「E Minor Song」の新曲を発表(ライブアルバム、Casino Lightsに収録)したりしましたが、その後アルバムをリリースする事はなく、バンドとしては活動停止。

1987年、恐らくYAMAHAの働きかけ(YAMAHAのシンセサイザーを売る目的があったと推察する)がきっかけではないかと思いますが、ニール・ラーセンがソロアルバム、「Through Any Window」を出した際に、再びバジー・フェイトンとコンビ再開。
1989年、ニール・ラーセンのソロアルバム、「Smooth Talk」で再びバジー・フェイトンと競演します。

1999年、バジー・フェイトンが「Buzz Feiten & The New Full Moon」と言うアルバムを出した時、不思議な事にキーボードはニール・ラーセンではありませんでした。
2007年、ニール・ラーセンのソロアルバム、「Orbit」でのギタリストは、不思議な事にロベン・フォード
バジー・フェイトンとニール・ラーセンの間に、何かあったのでしょうか?

自分は2人のファンなので、再び競演する事を期待します。



アルバム「Larsen Feiten Band」について

そんなLarsen Feiten Bandの1980年リリースのファーストアルバム名は、「Larsen Feiten Band」!?
まあ外人ミュージシャンには、良くあるアルバムタイトル(と言うよりアルバムタイトルなし)です。

メンバーは、下記の通りです。
Organ/Synth - Neil Larsen
Guitar - Buzz Feiton
Bass - Willie Weeks
Durms - Art Rodriguez
Percussion - Lenny Castro

プロデューサーは、AORブームと同じ頃に名を上げた、トミー・リピューマ。

トミー・リピューマは、アメリカの高名な音楽プロデューサー。
キャリアの内、30回ものグラミー賞ノミネート、内3回グラミー賞を受賞しています。
ジョージ・ベンソンや ナタリー・コール、サンドパイパーズを始めとして、イエロージャケッツ、ダイアナ・クラール、ジョー・サンプル、ドクター・ジョン、ランディ・クロフォード、ラリー・ゴールディングス等、プロデュース作品は枚挙にいとまがありません。

ちなみに、トミー・リピューマが手がけたアルバムのテイストが、アーティストによって著しく異なり、トミー・リピューマの色を感じないのを不思議に思っていました。
個人的にトミー・リピューマをご存知の、とある方に聞いたのですが、トミー・リピューマのプロデュースとは、アルバムの方向性を決め、どのように売るか・・・と言うのが専門だったそうです。
ご自分が打ち出したアルバムの方向性通りに曲を作れば、曲の細部に干渉しなかったようですよ。
トミー・リピューマはそれほど、音楽に詳しい方ではなかったようです。

現在ではトミー・リピューマがプロデュースした作品を、AORに分類する人がいます。
しかし、音楽的にAORじゃないプロデュースは数多くあり、そんな判で押したような分類は意味がないように思います。

ニール・ラーセンの、ファーストソロアルバムのプロデュースも、トミー・リピューマが手がけていました。
自分が思うに、このバンドは音楽性をポップ路線に発揮して、売り出したかったように思います。

そのせいか、このアルバムでは8曲中、6曲が歌もの、インストロメンタルは2曲しかありません。
このバンドは、フュージョンの手法を生かして、ポップな歌ものを志向していたように思います。
ジャズの音楽理論を活かした、ポップなロック・・・そうすると、ほとんどAORですけどね(笑)。

シングルカットした「Who'll Be The Fool Tonight」が、ビルボード40位以内と健闘し、続いて「Danger Zone」、「She's Not In Love」とシングルカットしました。
アルバムのビルボード順位は不明です。
少なくとも、売り上げが先細りしそうなフュージョン路線より、商業的には成功したと思います。

Larsen Feiten Bandのライブ録音(一応洋板で流通していたもの)を聞くと、ライブでは大部分がインストロメンタルをしていました。
バンド・・・特に中心的役割のニール・ラーセンには、歌モノが不本意だったのかも知れません。

そのせいかどうか、2ndアルバムの「Full Moon featuring Neil Larsen & Buzz Feiten」では8曲中4曲がインストロメンタルです。
インストロメンタルの良し悪しを理解出来ない人・・・特にAOR好きには、インストロメンタルの多い2ndアルバムはボロクソに評価されています。

自分の評価は逆で、このアルバム「Larsen Feiten Band」は急ごしらえした感が随所に見られ、曲によっては残念な出来に思えます。
それに対して、2ndアルバムの「Full Moon featuring Neil Larsen & Buzz Feiten」の方が、どの曲もしっかり練られ、クズ曲のない名アルバムだと思います。
アルバム「Larsen Feiten Band」から「Full Moon featuring Neil Larsen & Buzz Feiten」まで、2年かかっていますが、多少はアルバム完成度と関係しているように思います。

ただ残念ながら、「Full Moon featuring Neil Larsen & Buzz Feiten」のアルバム収録曲は、ファーストアルバムほどヒットしませんでした。
ヒットしたかどうかと、良い曲かどうかには、因果関係はありません。
ちなみに、自分のフェイバリット・アルバムでもあります。

それなのに、曲がヒットしたかどうかで、音楽の良し悪しを判断する人がいるのは、残念です。



Buzz Feitonについて

実は自分がバジー・フェイトンを知ったのは、神様ジェフ・ベックが1970年代の終わり頃に、バジー・フェイトンをフェイバリット・ギタリストの1人に挙げていたからです。
バジー・フェイトンの名を知らなかった自分は、バジー・フェイトンの参加アルバムを探し、ニール・ラーセンやLarsen Feiten Band、デビッド・サンボーン、フェリックス・キャバリエに出合いました。

本名、ハワード・フェイトン。
バジーはあだ名で、現在の芸名です。
経歴を調べると、元々ギターではなく、フレンチ・ホルン奏者として、身を立てようと考えいました。
母はピアニストで、幼い頃からハワード少年にクラッシックを習わせていたそうです。
その後、例えばリッキー・リー・ジョーンズのオーディション落ちたりしていまして、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドに、学生の身ながらフレンチ・ホルン奏者としてデビューします。

その後、ロック史に残るロックバンド、クリームのサポートメンバー(この時ギターだったかどうか不明)として参加。
また、ジミ・ヘンドリックスのバンドのベーシストとして、ツアーに参加。
この当時、あるライブハウスで、クリームのリーダーの神様エリック・クランプトン、神様ジェフ・ベック、ジミ・ヘンドリックスが飛び入り参加して一緒に演奏した際、バックメンバーを務めていたそうです。

ギタリストとしては、この後頭角を現し、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドのギタリストを皮切りに、スティービー・ワンダー、アレサ・フランクリン、ボブ・ディラン、リッキー・リー・ジョーンズ、フェリックス・キャバリエ、デビッド・サンボーン等、そうそうとした大アーティストのレコーディングのギタリスト、ツアーのサポート・ギタリストを務めます。

Youtubeに、大スター、オリビア・ニュートン=ジョンのライブで、マイケル・ランドウ(この人も名ギタリスト)とバジー・フェイトンがギター・ソロを取る映像がありました。
これって、マイケル・ランドウと共に、バジー・フェイトンが特別扱いされていると言う事です。
0:29からが、バジー・フェイトンのソロです。

1980年のリッキー・リー・ジョーンズ(この人もスターです)のライブでギターを弾いている映像があります
こちらも同日の映像です

以前はベッド・ミドラーやディオンヌ・ワーウィックのライブでも、ギターソロを取っていた映像がありましたが、残念ながら今はありません。

Buzz Feiten Tuning System(BFTS)と言う、チューニング法があり、バジー・フェイトンが特許を取っています。
1980年代に、自分もチューナーで合わせたはずのギターが、特定コードで汚い響きなのに気づき、チューニングで微調整していました。
自分の場合、良く使うコードがきれいに聞こえるように、合わせてチューニングしていましたので、BFTSまでにはたどり着いていませんでした。

その後もバジー・フェイトンは、現在までも、様々なアーティストのバックを務め、現在に至ります。
日本でのギター・クリニック映像を見ると、往年の機械のように正確なリズム感のギターも、少し衰えた気がしました。
どのような名人も、死ぬまで同じレベルを維持する事は、難しいようです。



「Further Notice」について

「Further Notice」は、アルバム「Larsen Feiten Band」の中で、異質なインストロメンタルの曲です。
ある意味、「Larsen Feiten Band」的な曲ではなく、ニール・ラーセンのソロアルバムの延長線上にあるような曲です。
1978年のライブ録音があるので、ニール・ラーセンのソロアルバムには入れられなかった曲なのでしょう。

イントロのキーボードですが、これはハモンド・オルガンじゃなく、シンセじゃないですかね?
ニール・ラーセンは1970年代半ばくらいから、レコーディングにシンセを使っていますし、自分の予想ではこれ、アープかオーバーハイムっぽく思います。
バッキングとオブリガード(主旋律を引き立てるために演奏される短いフレーズ)、両方に使われていますが、オーバー・ダブ(重ね録り)じゃないかと思います。

チャカポコと音を立てている、バジー・フェイトンのミュートカッティングが素敵です。

テーマに入って、主旋律はハモンドB3(オルガンの名機)。
ギターもユニゾンで旋律を奏でていますが、これはニール・ラーセンのファースト・ソロアルバム「Jungle Fever」からのお決まりのパターンです。
ニール・ラーセンを知る人は、ニール・ラーセンと言うとハモンドをイメージしますが、それはニール・ラーセンのソロアルバムと、このアルバム、2ndアルバムの「Full Moon featuring Neil Larsen & Buzz Feiten」の影響ですね。

ニール・ラーセンはキーボードのスタジオミュージシャンでもあり、このアルバムでも「Aztec Legend」で、素敵なピアノソロを披露しています。
アル・ジャロウのツアーメンバーの際は、ピアノ専門でした。
スタジオミュージシャンとしてのニール・ラーセンは、元々オルガンを弾くのは稀でした。
近年はむしろ、オルガンを弾かせるために、ニール・ラーセンを招く事の方が多いですけどね。

余談ですがちょうどこの頃、シンセサイザーが世に出だした事もあり、ギタリストの音楽仲間なんかは、ニール・ラーセンのハモンドオルガンの音を古臭いと断じていました。
オルガンなんぞ、シンセで代用出来ると。
ちなみに彼は、ギタリストなので、鍵盤が全く出来ず、シンセの知識もない人でした。
その判断は、ステレオタイプですらないなぁ・・・ただの分からず屋。

自分はと言うと、シンセ嫌いから一転、シンセ好きになると、積極的にシンセをいじり倒し、そのせいでキーボードの人に請われて、良く音のエディットをしました。
その自分にして、当時の100万以下の廉価な(当時としてはw)シンセで、オルガンの音を再現可能ではありましたが、本物のオルガンには到底かなわない、しょぼい音と言うのを知っていました。
オルガンのプレイに良く使われた、レスリー・スピーカーの再現なんて、夢のまた夢。
オルガンの音をシンセで代用なんてとんでもなく、本物のオルガンを買った方が、手っ取り早かった。
ちなみに、それほど複雑じゃないオルガンの音ならシンセでも、それなりに近い音には作れました。

それでも当時のプロのオルガン奏者は、オルガンからシンセに手を出すミュージシャンが多かったです。
ハモンド・オルガンの、存在感のある美しい音が見直され、復権するのは1980年代後半頃だったか。
同時期に、古臭い音と敬遠されていたアナログ・シンセサイザーも、美しい存在感のある音が見直されます。
楽器は、音が美しければ、なかなか死なないものです。

後年、ハモンド・オルガンを古いと断じたギタリストに当時の事を話したら、苦笑していました。
人間とは、それほど先を見通していないものです。



「Further Notice」におけるバジー・フェイトンのギターのセッティング

バジー・フェイトンは、ストラトタイプ、シングルコイル系のギターの音の印象があります。
エフェクターは、コンプレッサー、コーラス(もしかするとRoland CE-1?)、ディレイ、リバーブで、アンプで歪ませていると思います。
ギターの音は、こんだけエフェクターでキラキラした音にされると、元ギターが何が何やら。

遅目の深いディレイ音で、休符の後に、追いかけるようにディレイ音が来るのもこの当時の1つの特徴です。
1987年の「Through Any Window」以降は、曲によって、ディレイの設定を変えるようになりました。

あくまで私見ですが、ソロを出したばかりの高中正義は、音作りも手クセも、バジー・フェイトンの影響を受けていると思います。
高中正義が世に出て来た頃、フェンダーのストラトを使っていましたし、ギターの音作りはこの頃にそっくり。
不思議と、誰も指摘していませんけどね。

高中正義が、YAMAHA SG(SG-1000およびSG-2000)を使うようになったのは、そのすぐ後。
音作りは今度は、特注の仏陀もようのYAMAHA SG-175を使っていた、サンタナの影響を受けるようになりました。

バジー・フェイトンの所持ギターですが、自分の印象では、変態な、他の人が持っていないギターが多い気がします。
変態なギターとは、ハンパッキング×2、シングルコイル×2が付いたストラト・タイプのギターとか。
シングルコイルピックアップの位置を、上下に動かせるギターとか。
しかも、来日する度、異なる変態なギターを見かけました。

ちょうどこの頃、リッキー・リー・ジョーンズのバックをしていまして、前述のハンパッキング×2、シングルコイル×2が付いた変態なギターを弾いています。
ストラト風の黒いボディに、ローズネック(メイプルネックの指板にローズウッドを張っているもの)、ハンパッキング×2、シングルコイル×2が付いています。

テレビ番組で、口パクで「Who'll Be The Fool Tonight」を見せた時の映像です。
上の写真と同じギターを弾いています。

ネット上で調べたら、こちらのブログに情報がありました。

http://ilovemusic.exblog.jp/7386653/

フェンダー・ストラトの改造で、ハンパッキング×2、シングルコイル×2が付き。
ストラトの3ポジションスイッチで、シングルコイル×2、ハンパッキング×2、両方と言う切り替えが出来るそうです。
・・・つうかこのギター、やっぱり変態。

ライブでまれに、アームプレイも披露する事があります。
アルバム「Through Any Window」の「Last Call」でも、地味に(?)披露しています。

近年、ギターのプロデュースもしていますが、そのギターは常識にかなったものです。

バジー・フェイトンの機材ですが、自分には情報がありませんので、使用アンプが何かも分かりません。
一時期(1987年頃?)、マーシャルを使っていたとの情報はあります。
マーシャルを使っていた頃は、音作りが現在と異なりますので、違うように思います。



「Further Notice」におけるバジー・フェイトンのギター・ソロのスケール(音階)

スケールは、Cメジャースケール一本です。
スケールとは音階の事で、Fメジャースケールとは、Cから始まるメジャースケールと言うタイプの音階の事です。
メジャーコード(コード=和音)に合わせる音階です。
スケールとコードは、表裏一体です。

音階を表す時、C=ド、D=レ、E=ミ、F=ファ、G=ソ、A=ラ、B=シ(クラッシックではH)。

Cのメジャーコード、CまたはC△(他にもCM、Cmaj)の和音はⅠ-Ⅲ-Ⅴ、C-E-G。
メジャースケールの音階のタイプは、Ⅰ-Ⅱ-Ⅲ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵ-Ⅶ。
音の間隔は、Ⅰ(1音)Ⅱ(1音)Ⅲ(半音)Ⅳ(1音)Ⅴ(1音)Ⅵ(1音)Ⅶ(半音)となります。
ⅠをCに当てはめると、音階はC-D-E-F-G-A-Bとなります。
つまり、クラッシック的に言うとハ長調ですね。

C調の場合、ロックだとCメジャー・スケール(またはメジャー・ペンタトニック・スケール)、Cブルース・ペンタトニック・スケールだけでプレイ出来ます。
その内のCメジャー・スケール・・・と言う事ですね。

この辺ですでに、付いて行けない人多数でしょうね(苦笑)。

それが5小節目に、E♭が出て来ますが、スケールチェンジではありません。
スケールチェンジと言う解釈が成り立たないではありませんが、経過音として半音を使ったんだと思います。
先ほど、Cブルースペンタトニックスケールが使えると書きましたが、E♭は、Cブルースペンタトニックスケールの構成音です。
一瞬の響きは、Cブルースペンタトニックスケールっぽいですが、ここだけにしか出て来ていませんので、自分はただの経過音と判断します。

記憶に間違えなければ、バジー・フェイトンには、スケールチェンジする事があったはずです。



バジー・フェイトンのギター・プレイの傾向

ニール・ラーセンのハモンドの音がクール、そしてフレーズもクールなので、バジー・フェイトンのギターはホット、または扇情的と表現される事がありますが、果たしてそうでしょうか?
自分には、バジー・フェイトンのギター・ソロは、地味な職人技に思えます。

バジー・フェイトンと言うと、バッキング・ギター名人として知られています。
1970年代から1980年代にかけて、バッキング・ギター名人にレイ・パーカー・ジュニアがいました。
レイ・パーカー・ジュニアやナイル・ロジャース/ほどではないにしろ、様々なアルバムで、バッキング・ギターを弾き、当時白人ギタリストのカッティングでは有数との評価でした。

ギター・ソロでは休符や拍子の間や、フレーズを上手に使い、スリリングなギタープレイが多いように思います。
神様ジェフ・ベックも、スリリングなギタープレイが特徴ですので、違ったスリリングさを持つバジー・フェイトンのプレイが好きなのかも知れません。
バジー・フェイトンのスリリングなフレーズは、自分も多分に影響を受けています。

弦飛びフレーズの速弾き、その際にコードを意識した運指をする傾向があるように思います。
効果的な3連符や6連符の使用、歌い込まれた効果的チョーキング。

バッキング・ギター名人のせいか、ギター・ソロのリズム感が究極レベルです。
ロベン・フォードとは違い、タイミングを崩して弾いたりせず、フレーズが整っていて楽譜にしやすいです。

このあたりのフレーズ、プレイの安定感が、逆にギタープレイを地味に感じさせる一因のように思います。

バッキング・ギター、リードギター(ギター・ソロ)共に強い個性があり、一聴してバジー・フェイトンと分かります。
使う側も、バジー・フェイトンの個性が欲しくて、起用しているように思われ、個性が嫌われやすいスタジオ・ミュージシャンとしては、稀有の存在に思われます。

個性こそが、音楽をやる上で、かなり重要なポイントではないでしょうか?



「Further Notice」におけるギター・ソロ

ストラト系のギターを使う事が多い事もあり、サスティン(音の伸び)を活かしたフレーズはほぼ皆無で、休符を活かしたスリリングなフレーズです。
ストラト系はジョイント・ネック(ボディにネックをネジ止め)のため、サスティンが伸びないのです。
サスティン命のギタリストには、バジー・フェイトンはフレーズがあまりにアッサリしていて、ブチブチ音を切るので、拍子抜けするんだとか。

バジー・フェイトンも、本能のアドリブが素晴しいです。
同じ曲でも何の曲?・・・と言うくらい、全く異なるアドリブを弾きます。
このギター・ソロでも、フレーズは4小節とか8小節での解決を意識はしていますが、短かくてちょい足ししたり、小節をはみ出したりと、やんちゃをします(笑)。

このギター・ソロの場合、出だしから少しずつ16文音符を混ぜて、スリリングな感じを出しつつ、盛り上がる15小節目あたりから速弾きをして、最後から6小節目にはすぐに解決のフレーズに入ると言う、余裕の展開。
ここぞと言う時に決める、ピッキング・ハーモニックス(ピック弾きした後、ハーモニクスポイントにピックを持つ右手親指が触れる事で、ピック弾き音の後ハーモニクス音がする奏法)。
フレーズに全く、危なげありません。

この辺も、地味に感じさせるゆえんかも知れません。

メジャー・スケール一本でも、このスリリングさ、3連符や6連符、上手な休符の間、絶妙なリズム感、多少やんちゃなフレーズと相まって、ユニークな個性があり、フレーズに飽きが来ません。

以下、この曲のギター・ソロの譜面です。



1小節目-5小節目(1:28~1:37)

前の小節からギターソロがスタートする、弱起(小節の頭から始まらない)の展開。
音をゆったり伸ばすところと、メロディに16分音符を混ぜ、クールにフレーズ展開します。
5小節目、前のフレーズに付け足すように、フレーズを解決します。
恐らく、弾いてみたら1小節余ったんで付け足した・・・のではないかと、推察します(笑)。



6小節目-9小節目(1:38~1:44)

6小節目の1拍2音目の休符の後に、ディレイ音が来るのがお分かりでしょうか?
7小節目の頭抜きフレーズを経て、8小節目、9小節目の速いパッセージ。
拍の裏のタイミングで、次のフレーズに移るなど、何気ないですが非凡なセンスです。



10小節目-15小節目(1:45~1:55)

10小節目あたりから前もって、前半のギターソロの解決に向かいます。
11小節目、12小節目のフレーズを高い音に移し、盛り上げて行きます。
11小節目、12小節目と微妙に、フレーズを変えています。

13小節目は、ピッキング・ハーモニックス気味ですが、ピッキング・ハーモニックスを失敗したのでしょうか?

14小節のキメフレーズの後、15小節目から後半のソロに。
4小節パターンではありませんが、この2小節は、アレンジの都合で小節を増やしたのでしょう。

これに伴い、ドラムのアート・ロドリゲスのフィルインが、通常13小節目に入るところが、15小節目に入ってブレイクした後、フィルイン。
テーマのところにも出て来ますが、これドラマーとしては、意外なタイミングのフィルインです。
アルバム「Full Moon featuring Neil Larsen & Buzz Feiten」の「The Visitor」と言う曲でも、この不思議なタイミングのフィルインが、随所に出て来ます。



16小節目-19小節目(1:56~2:02)

16小節目に全音符のチョーキング(弦を引っ張って音程を変化させる奏法)の後、17小節目、18小節目と弦飛びフレーズの速弾き。
このフレーズは、バジー・フェイトンの手クセが混じっています。
弦飛びフレーズは、あまりスピード感を感じないものです。

19小節目、フレーズを解決させたと思いきや、最後にちょい足ししています。



20小節目-23小節目(2:03~2:11)

20小節目の拍子の裏のタイミングのフレーズから、21小節目の速いパッセージ、22小節目、23小節目の機械のように正確なタイミングの3連符が、カッコ良いです。
プロでも、突然3連符を繰り出すと、クセが出るものですけどね。



24小節目-29小節目(2:33~2:40)

ここから余裕を持って、フレーズの解決に入ります。
想像ですが、大まかにはフレーズ展開を考えているように思います。
ちょい足しっぽいフレーズから、細部はアドリブなんでしょうけど。

最後に決めフレーズがあるので、前半の解決のフレーズあたりのポジショニングですね。
27小節目は、きれいにピッキング・ハーモニックスを決めます。
そしてキメフレーズで、ギター・ソロ終了。
さらにドラムのアート・ロドリゲスのフィルインが、不思議なタイミングで来ます。


この曲、有名ではないのですが、それでもYouTubeにカバーしている人がいるので、このギター・ソロが好きな人もいると言う事ですね。

かく言う自分も、バジー・フェイトンのギター・ソロは大好きですし、バッキング・ギター含め勉強にもなり、影響も受けました。



| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

Maribu / Full Moon

フル・ムーンと聞いて、ピンと来た人は凄いですね。
ラーセン・フェイトン・バンドの前身と言えば、1970年代後半から、1980年代のフュージョンブームを通って来た人は、分かるのかも知れませんね。
フル・ムーンは、ようやくジャズのミュージシャンが、電子楽器で遊び出した1970年初めに、後のフュージョンを予言するかのような曲を出して、時代が早過ぎて、消えて行ったバンドです。

しかしフル・ムーンには、第2幕があって、1980年、フル・ムーンの中心人物、キーボーディスとのニール・ラーセン、ギターリストのバジー・フェイトンのバンド、ラーセン・フェイトン・バンドとして復活し、商業的にもまずまず成功します。
しかもフル・ムーンの夢が忘れられなかったのか、ラーセン・フェイトン・バンドの1982年に出したセカンドアルバムは、フル・ムーン名義でリリースしました。
このアルバムは、名盤です。

紹介するのは、第1次のフル・ムーンの曲です。
こんな時代に、こんな曲をやっていた凄さを知らしめよう・・・と言う意図もありますが、切実に、YouTubeにラーセン・フェイトン・バンドの曲とか、ニール・ラーセンの曲が少な過ぎると言うのもあります。
もしあれば、「The Visitor」を紹介したかったんですけどね。(ニコ動にはありますね)

まず、第1次のフル・ムーンについて、解説しなければなりませんね。
piano - Neil Larsen
guitar - Buzz Feiton
bass - Freddie Beckmeier
drums - Phillip Wilson
tenor sax - Brother Gene Dinwiddie
percussion - Ray Baretto

この頃は、ニール・ラーセンもバジー・フェイトンも、スタジオミュージシャンをしてましたが、世間的には有名なミュージシャンではなかったでしょう。
バジー・フェイトンなんかは、スティービー・ワンダーのバックなんかもしていたのですが。
バジー・フェイトンは、このアルバムの前に、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドでギターを弾いており、当時ドラマーのフィリップ・ウィルソン、ベースのフレディ・ベックマイヤー、サックスのブラザー・ジーン・ディンウィディも、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドのバックでした。

余談ですが、バジー・フェイトンは、1992年に独自のギターのチューニング方式、バジー・フェイトン・チューニング・システム(以後BFTS)を考案します。
画期的なBFTSは、多くのギタリストが取り入れました。
渋いギター職人、バジー・フェイトンの演奏は知らなくても、BFTSはほとんどのギタリストが知っています。
BFTSとは、それまで誰もが疑問に思わず行っていた、ギターのチューニングをして、Aコード(A,C#,E)はきれいに聞こえるが、Dコード(D,F#,A)はきれいに聞こえない事に不満を持ち、独自のチューニング方式で、ほとんどのコードをきれいに聞かせます。

実は自分、1980年代に、全く同じ事を考え、悩んでいました。
ブラスバンドをしていた(自分もしていましたがw)友人から、昔のクラッシックは、曲によっってチューニングを変えたという話を聞いて、ひらめいて、それ以後、曲によって良く使うコードが最も調和するよう、チューニングを変えるようにして、悩みを解消しました。
むしろそこから突っ込んで、更に微妙にチューニングをずらすと、チューニングメーター上はチューニングが合っていませんが、クリーンサウンドのカッティング時にカラッと抜けの良くなるチューニングとか、逆に泥臭い重たい和音に聞こえるチューニングとか、曲に合わせて使い分けていました。
ちなみにこの話を、当時の音楽仲間にしたところ、誰にも理解されず、「お前の思い過ごし」の一言で、片づけられてしまいました(笑)。
シロウトの自分が思いつくくらいだから、プロの方は、当然こんな事に気が付いてるんだろうと思っていたのですが・・・今から思うと、体系的に理論づけておけば、音楽史に自分の名前が残ったかもしれませんね(笑)。

記憶に間違えなければ、1972年のアルバム、「Full Moon」は、日本で発売されていないんじゃないかと思います。
輸入で、入って来ていたかは、不明です。
自分はもちろん、リアルで「Full Moon」のアルバム発売なんて知りませんでした。

1978年のニール・ラーセンのソロアルバム、銘盤「Jungle Fever」で、麻薬中毒から復活した盟友バジー・フェイトンと共演し、それがきっかけで、ラーセン・フェイトン・バンドが結成されました。
1980年のラーセン・フェイトン・バンドのアルバム、「Larsen Feiten Band(そのまんまや!)」が評判になると、前身である「Full Moon」についても、様々な人が言及しました。
当時はまだCDはありませんでしたので、「Full Moon」のレコードを持っている人、カセットテープで持っている人が、音楽雑誌で、「Full Moon」の先進性と、素晴らしさを語ると、聞きたくなるのが人情でしょう。

まともに「Full Moon」のアルバムが出て来たら、数万するんじゃない?は、当時仲の良かった中古レコード屋店主の弁。
自分もいろいろなツテを探りましたが、ついに「Full Moon」の音源を持っている人には出会いませんでした。

ちなみに、山下達郎は、バジー・フェイトンのギターが大好きだそうで、この「Full Moon」の音源も持っているという話でした。
当然ですが、山下達郎のツテなんてないし・・・

恐らく自分は、「Full Moon」のアルバムを一生聞く事はないんだろうな・・・と思っていた2000年、何と「Full Moon」のアルバムが市販されたではありませんか!!
もちろん買って聞きました。
アルバム自体は、巷間言われていた程、名盤とは思いませんでした。
しかし、クロスオーバーが出てきたかどうかの、まだまだ混沌としていた時期(フュージョンはその後です)に、6年後のフュージョンを予言するかのような曲に、やっぱりこいつら凄いなと思いました。

さて曲に行きましょう。
「Full Moon」のアルバムは全9曲中、2曲がインストゥルメンタル、他はファンキーなボーカルチューンです。
今回紹介するのは、後のフュージョンを予言するかのような曲、インストゥルメンタルの1曲です。
この曲を作曲したのは、ニール・ラーセンです。
自分の音楽仲間が皆言うには、ニール・ラーセンの曲は、おおむねテンポが緩く、地味過ぎるだそう。そうかな?

ゆっくりとしたベースのソロから、突然マリブのタイトル通り、カリフォルニアの太平洋海岸のような雰囲気のメロディが始まります。
テーマのメロディラインは、どこか憂いがあって、まるで夏の薄曇りの空のように、爽やかにはなり切らない感じです。
そしてそれが、どこかしらノスタルジックさを感じ、自分はこの曲に限らず、ニール・ラーセンが作曲したメロディが個性的で好きです。
胸がきゅんとしますね。

1972年当時、インストゥルメンタルとは、リズムがスィングするジャズが多数派で、アンダーグラウンドでは、ジャズとブルースの中間みたいなファンキーなインストゥルメンタルもあったようですが、かなりの少数派。
ましてやエイトビートで、爽やかな雰囲気のインストゥルメンタルは、ほとんどなかったはずです。
インストゥルメンタルと言う事で、全体的に演奏がジャズを意識しているのは、ちょっと可笑しくもありますね。

ホーンセクションのテーマメロディに、バジー・フェイトンのギターは、メロディっぽい、しかしバッキングのような、面白いフレーズです。
後に、ニール・ラーセンのソロアルバムとか、ラーセン・フェイトン・バンドで見られる特徴、テーマメロのユニゾン(同じ旋律を奏でる事)の原型があります。
後のニール・ラーセンは、テーマメロにハモンド・オルガンを多用し、ハモンド・オルガンの名手として名を馳せますが、この曲では当時、弾きこなす人が少なかったローズ・ピアノ(当時ならフェンダー・ローズ)で、バッキングを弾いています。

ベースのフレディ・ベックマイヤーのフレーズは、ちょっと跳ねるようなビート感が、ノリが良いですね。
このベースの音、ウッドベース(コントラバス)っぽい音ですが、エレキベースをミュートしてるんじゃないか?と思いますね。

先攻は、バジー・フェイトンのギターソロ。
バジー・フェイトンは、ロック畑の人で、解散直前のラスカルズのギタリストだった人。
ギターサウンドは、少し歪ませてはいますが、珍しくジャズっぽいクリーンなサウンドで弾いていますね。
後のニール・ラーセンのソロアルバムとか、ラーセン・フェイトン・バンドとは、全く違う音色です。
1:29の音程が上下する短いフレーズ、1:37の速引きフレーズは、バジー・フェイトンの手クセで、色々な曲に登場します。
それにしても、間のメロディの歌わせ方が、ジャズ風を意識しつつも、結局バジー・フェイトン特有の、ロックなギターの歌わせ方になって行きます。
2:04の速引きも、手クセですね。

後攻は、ニール・ラーセンのローズ・ピアノのソロ。
ローズ・ピアノは、このサイトでも度々言及していますが、ピアノ線が弱く、切れ易いので、弱いタッチで、けだるい雰囲気を出すのが、味わいです。
その意味では、このソロの入りなんか、ちょっと幻滅ですね。

時には流れるように、その後刻んでみたりと、音使いは素晴しいのですが、ローズ・ピアノの演奏としては、もうひとつです。
しかし、後半になるに従い、少しけだるさも出て、良いソロになって行ってます。

当時、恐らくまだ新鋭楽器のローズ・ピアノの演奏法なんて、確立していなかったでしょう。
後に、ローズ・ピアノのソロの大傑作、ハービー・ハンコックの「Chameleon」は、1973年の作品。
ハービー・ハンコックは、ローズ・ピアノと音の良く似た楽器、ヴィブラフォン(鉄琴)を思わせるようなフレーズで、その後のローズ・ピアノの演奏の方向付けをしました。

その後、テーマを2回演って、エンドとなります。
どうですか?何も言われないで聞いたら、普通にフュージョンの曲だと思うでしょう?
ビックリな事に、この曲がフュージョンブームの6年も前に、リリースされた曲なのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A.食べ歩き A100.旬の料理 A1000.食材と調理法 A1001.食材と調理法(野菜) A1002.食材と調理法(青菜) A1006.食材と調理法(ソース) A101.印象に残った料理 A102.魅惑の中国料理 A1021.食材と調理法(料理/日本) A1023.食材と調理法(料理/フランス) A1025.食材と調理法(料理/インド) A103.魅惑のナポリ・ピッツァ A104.魅惑の南インド料理 A105.魅惑のコーヒー A106.レシピ A12.港区:虎ノ門・神谷町界隈 A2012.2012年に食べた料理ベスト3 A2013.2013年に食べた料理ベスト3 A2014.2014年に食べた料理ベスト3 A999.食文化その他 B.書評 B0001.小杉健治 B0002.東直己 B0003.ディック・フランシス B0004.佐々木譲 B0005.今野敏 B0006.越智春海 B0007.三上延 B0008.三浦しをん B4901.ススキノ便利屋探偵シリーズ B4902.隠蔽捜査シリーズ B4903.ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ B4904.まほろ駅前シリーズ B5001.検察者 B5002.探偵はバーにいる B5003.バーにかかってきた電話 B5004.利腕 B5005.笑う警官 B5006.向こう端にすわった男 B5007.探偵は吹雪の果てに B5008.隠蔽捜査 B5009.ビルマ決戦記 B5010.隠蔽捜査2 果断 B5011.探偵、暁に走る B5012.ビブリア古書堂の事件手帖 B5013.探偵はひとりぼっち B5014.ニューギニア決戦記 CINEMA.映画評論 CINEMA0001.探偵はbarにいる CM D.ドラマ H2011.2011年 競馬予想 H2012.2012年 競馬予想 H2013.2013年 競馬予想 H2014.2014年 競馬予想 H2015.2015年競馬予想 H3001.伝説の名レース H3101.平成三強物語 H3102.イナリワン H3103.オグリキャップ H3104.スーパークリーク H3105.平成三強物語外伝 H3106.チヤンピオンスター H3107.ヤエノムテキ H3108.タマモクロス H3109.サッカーボーイ H3110.フエートノーザン H3111.ロジータ H3601.トウケイニセイ H3602.ルージュバック H5011.2011年 海外競馬 H5012.2012年 海外競馬 H5013.2013年 海外競馬 H5014.2014年 海外競馬 H5015.2015年 海外競馬 H5016.2016年 海外競馬 H6011.2011年 地方競馬 H6012.2012年 地方競馬 H6013.2013年 地方競馬 H6014.2014年 地方競馬 H6015.2015年 地方競馬 H6016.2016年 地方競馬 H7011.競馬その他 H8014.2014年 JRA GⅠレース H8015.2015年 JRA GⅠレース H8016.2016年 JRA GⅠレース Music Music.AB'S Music.Airplay Music.Al Jarreau Music.Al Mckay Music.Allen Vizzutti Music.Bill Champlin Music.Boom Boom Satellites Music.Bootsy Collins Music.Boz Scaggs Music.Brian Auger Music.Buzz Feiten Music.Chick Corea Music.Chickenshack Music.David Foster Music.David Sanborn Music.Derek Trucks Music.Dis Bonjur a la Dame Music.Earth, Wind & Fire Music.FREESTYLE Music.Full Moon Music.Greg Mathieson Music.Herbie Hancock Music.Hummingbird Music.Jay Graydon Music.Jeff Beck Music.Jeff Porcaro Music.John Frusciante Music.John Mayer Music.Kayo Music.Larry Carlton Music.Larsen Feiten Band Music.Lee Ritenour Music.Linda Lewis Music.Marcus Miller Music.Max Middleton Music.Maze featuring Frankie Beverly Music.miwa Music.Neil Larsen Music.Nile Rodgers Music.Perfume Music.Queen Music.RADWIMPS Music.Red Hot Chili Peppers Music.Robben Ford Music.Russell Ferrante Music.Santana Music.Speedometer Music.Stanley Clarke Music.Stanley Jordan Music.Steely Dan Music.STEREO PLASTIC Music.Steve Lukather Music.T-Bone_Walker Music.TOTO Music.Vinnie Colaiuta Music.やまがたすみこ Music.上原ひろみ Music.在日ファンク Music.松原正樹 Music.梅津和時 O.その他 P1001.プロレス 節電情報