Music.Russell Ferrante

2015年4月 5日 (日)

Save Your Nights For Me / Kazu Matsui Project

これは、過去に書いた記事ですが、この当時譜面を載せるつもりはありませんでした。
この曲は、そうするには惜しい曲ですので、簡単な曲のアナリーゼ(分析)と、ギターソロの譜面を含め加筆して再掲載します。


アルバム「Love's A Heatache(邦題:ホイールズ・オブ・ラブ)」について

1982年に、ロベン・フォードのセカンドアルバムとして日本で発売された、「Love's A Heatache(邦題:ホイールズ・オブ・ラブ)」は、数奇な運命のアルバムです。

ロベン・フォードの簡単な経歴は、こちらを見て頂きましょう。
マイケル・マクドナルドマイルス・デイヴィスのバックを勤める等、音楽性は多彩でなのですが、当時の雑誌のインタビューなんか見ても、ブルース大好きと発言しており、1990年代に入り、ほとんどソロ活動で、大好きなブルースを弾きまくっています。

ロベン・フォード好きの自分は、もちろんこのアルバムを購入(当時レコードで、後にCDも購入)しました。
ギター弾きまくりを想像していましたが、1曲目のしっとりしたボーカルの曲、Standing On The Outsideを聞いてノックアウトされました。
別に、ギター引きまくりじゃなくとも、駄曲のない名アルバムだったのです。

5曲目、Wheels Of Loveは、タイヤのCMで流れ、洋楽好きなら、この曲を知る人は多かったです。

1960年代の終わり頃から、ジャズのミュージシャンが、電子楽器を使い、ポピュラーな音楽へのアプローチを始め、それがロックミュージシャンも取り込み、一台ムーブメントとなりました。
これが、フュージョン(当初クロスオーバーと呼ばれていた)ブームの始まりですね。
1980年に入ると、フュージョンブームには翳りが見られますが、例えばリー・リトナーの「Is It You?」とか、グローバー・ワシントンJrの「Just The Two Of Us」等、フュージョンミュージシャンのボーカルチューンがヒットした事もあり、インストロメンタルの中に、ボーカルの曲を入れたアルバムが流行しました。

同時に、例えばルーサー・ヴァンドロスのように、当時売れっ子だったベーシスト、マーカス・ミラーと組んで、フュージョン的アプローチの、洗練したソウルミュージックなんかも、出て来ました。
以前紹介した、マーカス・ミラーも参加した、デヴイッド・サンボーンのアルバムのボーカルチューン、Back Againは、この頃の曲です。
しかしこれは、フュージョンブームの翳りに対する、延命措置とも言えたでしょうが、そのエッセンスは、同時に流行していたAOR、ソウル、ロック等の音楽に影響を与え、洗練させて行った側面もあります。

「Love's A Heatache」は、思いっきりボーカルをフューチャーした、オシャレなアルバムですが、フュージョンブーム終盤としては、ありそうなアルバムでした。
しかし今から考えると、当時日本でもそれなりに人気のギタリストで、ブルース大好きのロベン・フォードのアルバムとしては、異質なアルバムです。

1990年頃に、輸入CDを漁っていて、Kazu Matsui Project「Standing On The Outside」のアルバムを発見しました。
ビックリな事に、アルバム内容は、「Love's A Heatache」と全く同じ。
Kazu Matsuiとは、松居和、アメリカで活躍する尺八奏者です。
でも、「Love's A Heatache」には、尺八は入っていません。

真相を知ったのは、1990年代半ばで、このアルバムは元々、ロベン・フォードのソロアルバムなんかじゃなかったのです。
後に、ロベン・フォードもインタビューで、このアルバムを自分のソロアルバムと思って欲しくないと、答えています。

Kazu Matsuiがプロデュースしたアルバムが、日本に入って来ましたが、その際日本で知名度がないKazu Matsuiではなく、ロベン・フォード名義で発売したと言うのが、真相のようです。
ただ、輸入レコード(CDじゃありませんw)でも、ロベン・フォード名義の「Love's A Heatache」を見た事がありますので、こんな売り方をしたのは、日本だけじゃなさそうですね。

このアルバムは、発売当時は、それほど売れませんでしたが、1990年代のレアグルーブブームで、AORの銘盤として見直されました。
自分、このアルバムがAORって言うのは、ちょっと違和感あるかなぁ・・・
それでも残念ながら、このアルバムの素晴しい曲達は、親なし子のように、その後引き受ける演奏者もなく、現在も放置状態です。

しかし、この曲だけは別で、大ヒットした訳でもなく、それほど有名な曲だった訳でもないのに、オペラ歌手の大御所、3大テナーの1人、プラシド・ドミンゴが1985年のアルバムでカバーしています。

さて、曲に行きましょう。



Save Your Nights For Meについて

メンバーは、下記の通りです。
Vocal - Howard Smith
Guitar - Robben Ford
Piano - Russell Ferrante
Synth - Derek Nakamoto
Bass - Neil Stubenhaus
Durms - Vince Colaiuta(Vinnie Colaiuta)
Percussion - Michael Fisher

ドラムはこの頃、まだ無名だった、現世界一のセッションドラマー、ヴィニー・カリウタ。
ピアノのラッセル・フェランテは、人気フュージョングループ、イエロージャケッツのキーボード。
イエロージャケッツは、ロベン・フォードの「The Inside Story」のバックのメンバーのバンドです。
ニール・スチューベンハウスは、1980年代以降、かなり多くのミュージシャンのバックをこなした、中堅どころのセッション・ベーシスト。
ボーカル、シンセ、パーカッションは無名だと思います。

しっとりとしたソウルフルなバラードナンバーです。
曲を書いたのは、マーク・ミューラー(Mark Mueller)とケン・ヒルシュ(Ken Hirsch)。
マーク・ミューラーもケン・ヒルシュも、当時そこそこ有名だったソングライターのようですが、自分は知りませんでした。

アレンジはラッセル・フェランテ。
ピアノ主体の曲だから、当然でしょうね。
プロデュースは松居和。

松居和プロデュースの別のアルバムを聞くと、全く別のテイストだったりしますので、プロデュースと言っても、ある程度ミュージシャン任せだったのでしょう。
しかし松居和自身は、少しAORを意識していたかも知れません。

始まりはE調ですので、音階はE-F#-G#-A-B-C#-D#となります。
しかしギター・ソロのところで転調してF調となり、音階はF-G-A-B♭-C-D-Eとなります。
以後エンディングまでF調。

曲のパターンは、AA'BB'型。
曲全体としては、Intro-AA'BB'-Interlude-AA'BB'2-Guitar Solo-C-BB'-Endingとなります。


[A]
Silent you , silent me
The breeze blow the weary leaves to rest
Time passes time

[A']
As the hours slip on by
Somehow we speark without a sound
I need you around
So darlin' won't you

[B]
Please
Save your nights for me
In the dark you'll see
Just how much you mean to me
[B']
So please
In the moonlight we
Can share a memory
Just save your nights for me

ラッセル・フェランテのピアノから始まりますが、途中エレクトリック・ピアノ(これってSynth?)も入っていて、ちょっとしたキーボードアンサンブルです。
それに絡む、ニール・スチューベンハウスのベースも素敵です。
全編、場面に応じて強弱をつけて、叙情的に歌い上げる、ハワード・スミスの歌声も良いですね。

それにしても、ラッセル・フェランテのピアノの白玉(2分音符以上の音を伸ばすフレーズ)の和音の美しい事・・・

ロベン・フォードのギターのバッキングも、カッティングとアルペジオを織り交ぜていて、素敵ですね。



Save Your Nights For Meのギター・ソロについて

2:11から2:44のロベン・フォードの、エモーショナルなギター・ソロです。



ギターのセッティング

当時ロベン・フォードは、ギブソンES-335を好んで良く使っていましたが、このソロはギブソンES-335ではないような気がします。
もしかするとストラトを使い、フロントPUで音を出しているかも知れません。

エフェクターは、ナチュラルにディレイとリバーブでしょうね。
アンプの適度な歪みが、美しい音になっています。
アンプは何を使っているか分かりませんが、記憶に間違えなければロベン・フォードは昔、Mesa/Boogieを使っていたので、これもMesa/Boogieじゃないでしょうか?



ギター・ソロのスケール(音階)

ロベン・フォードはブルースが大好きで、台頭して来たフュージョンブームの時も、今聞くと絶妙な匙(さじ)加減で、ブルースフィーリングです。
しかしジャズやフュージョンの引き出しもあり、ブルースフィーリングも織り交ぜ、まね出来ない独特のフレーズを弾きます。
以前記事を書いた、ラリー・カールトンの現在のスタイルは、ロベン・フォードの影響だと、ラリー・カールトンの弟子みたいなカルロス・リオスが語っていました。

前述の通り、曲のサビからギター・ソロに入るところで、F調に転調します。
これも研究に値しますが、まあここの主題とはズレますので、割愛します。
1音転調なので、どって事ないです。

恐らく多くの人は、このギターソロを聞いて、きれいなソロだ・・・くらいにしか思わないのでしょうね。
自分は初めて聞いた時は、衝撃でした。

このギター・ソロを理解するためには、アベイラブルノートスケールを学ぶ必要があります。

始まりは、Fメジャースケールです。
スケールとは音階の事で、Fメジャースケールとは、Fから始まるメジャースケールと言うタイプの音階の事です。
メジャーコード(コード=和音)に合わせる音階です。
スケールとコードは、表裏一体です。

音階を表す時、C=ド、D=レ、E=ミ、F=ファ、G=ソ、A=ラ、B=シ(クラッシックではH)。

Fのメジャーコード、FまたはF△(他にもFM、Fmaj)の和音はⅠ-Ⅲ-Ⅴ、F-A-C。
メジャースケールの音階のタイプは、Ⅰ-Ⅱ-Ⅲ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵ-Ⅶ。
音の間隔は、Ⅰ(1音)Ⅱ(1音)Ⅲ(半音)Ⅳ(1音)Ⅴ(1音)Ⅵ(1音)Ⅶ(半音)となります。
ⅠをFに当てはめると、音階はF-G-A-B♭-C-D-Eとなります。

F調の場合、ロックだとFメジャースケール(またはメジャーペンタトニックスケール)、Fブルースペンタトニックスケールだけでプレイ出来ます。
その内のFメジャースケール・・・と言う事ですね。

この辺ですでに、付いて行けない人多数でしょうね(苦笑)。

それが5小節目から、Fマイナースケールにスケールチェンジします。
4小節循環として考えると、この譜面では、1小節目はつなぎのフレーズで、パターンの始まりは2小節目。
つまりパターン4小節目の、次のパターンとのつなぎの小節から、スケールチェンジしています。

マイナースケールとは、マイナーコード(コード=和音)に合わせる音階です。
Fのマイナーコードは、Fm、和音はⅠ-Ⅲ♭(Ⅱ#)-Ⅴ、F-A♭-C。
マイナースケールには、ナチュラルマイナースケールとハーモニック・マイナー・スケール、メロディックマイナースケールの3種あります。

ナチュラルマイナースケールの音階のタイプは、Ⅰ-Ⅱ-Ⅲ♭(Ⅱ#)-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵ♭(Ⅴ#)-Ⅶ♭(Ⅵ#)。
音の間隔は、Ⅰ(1音)Ⅱ(半音)Ⅲ(1音)Ⅳ(1音)Ⅴ(半音)Ⅵ(1音)Ⅶ(1音)となります。
ⅠをFに当てはめると、音階はF-G-A♭-B♭-C-D♭-E♭となります。

ハーモニック・マイナー・スケールの音階のタイプは、Ⅰ-Ⅱ-Ⅲ♭(Ⅱ#)-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵ♭(Ⅴ#)-Ⅶ。
音の間隔は、Ⅰ(1音)Ⅱ(半音)Ⅲ(1音)Ⅳ(1音)Ⅴ(半音)Ⅵ(1音半)Ⅶ(半音)となります。
ⅠをFに当てはめると、音階はF-G-A♭-B♭-C-D♭-Eとなります。

メロディックマイナースケールの音階のタイプは、上向系と下向系が異なります。
音の間隔は上向系、Ⅰ(1音)Ⅱ(半音)Ⅲ(1音)Ⅳ(1音)Ⅴ(1音)Ⅵ(1音)Ⅶ(半音)となります。
ⅠをFに当てはめると、音階はF-G-A♭-B♭-C-D-Eとなります。
音の間隔は下向系は、ナチュラルマイナースケールと同じになります。

マイナースケールの特徴的なⅢ♭とⅥ♭、Ⅶ♭音は、フレーズの音が下がっている時に使われ、音階はナチュラルマイナースケール。
メロディックマイナースケールの下向系は、ナチュラルマイナースケールと同じですので、メロディックマイナースケールと言う理解でも良いでしょう。

ぶっちゃけ、いずれにせよギター・ソロのメロディが、転調しているんですね。
アベイラブルノートスケールの考え方ですと、Fmの和音だからマイナースケールを使うと言う事なのですが、この曲の場合コードによらず、スケールチェンジしてみました・・・くらいのノリですね。
あえて言うなら、Fブルーススケールのふりして、マイナースケールを使ってみました・・・かな?

ちなみにこの短い文章(どこがやねん!)を100回読んで、完璧に理解出来なければ、アベイラブルノートスケールなんて絶対に理解出来ません。
この曲のスケールチェンジは、初歩の初歩です。
分かりにくいでしょうか?
実は、超親切に書いてます。

自然にスケールチェンジしていますので、とてもオシャレです。
音楽に詳しくない方なら、気付かないと思います。



フレーズの傾向

人間は、4小節とか8小節とかで循環する音楽に、予定調和的な心地良さを感じます。
先日の記事の、Then She Walked Away / Boz Scaggsのギターソロも、8小節のパターンでしたね。
また、By the Way / Red Hot Chili Peppersの譜面を見ても、4小節とか8小節で1つのパターンになっている事がお分かり頂けますでしょうか?

この曲のギター・ソロの入りは、フレーズから考えると2拍分早いです。
下記の上段の譜面は実際に弾いているタイミング、下段はフレーズから本来あるべきタイミングです。

赤丸をしているのは、このフレーズなら本来、この部分が小節の前後に来る・・・と言う意味です。

初めて聴いた時には、気持ち悪かったです。
このフレーズは転調と言う要因もあるでしょうが、ロベン・フォードが、本能のまま弾いたので、こんなフレーズになったのだと思います。
逆に上段のように、小節の頭から弾いたなら、1小節弾き続け、フレーズを解決するべきだったでしょうね。

自信を持って、弾ききっちゃっているので、自然に弾いているようにしか聞こえないですけどね。

ギタリストがアドリブと言っても、スケール(音階)を考え、アドリブの進行(例えば高い音で始まり、いったん低い音まで下がり、エンディングで高い音で締める・・・とか)くらいは考えておくものです。
アドリブの引き出しが豊富な人は、そうそういませんので、ギター・ソロの傾向は似ますね。

ロベン・フォードは、文字通り本能のまま弾き、アドリブの引き出しも豊富。
同じ曲のギター・ソロなのに、ライブによって、何の曲?って言うくらい、全く違うギター・ソロを弾きます。
そのせいかどうか、しばしばフレーズが脱線しますが、それがまた意表を突いて良いです。
脱線しても、ちゃんと自然に曲の流れに戻します。

だからロベン・フォードのギター・ソロは、パターンも傾向もあまりなく、譜面化が難しいものの、オンパレードです。

ここでも3小節かけてもとの流れに戻しますが、普通なら聞いていて違和感ないでしょうね。
でも、すぐスケールチェンジ。
ジェイ・グレイドンとは別の意味で、普通にはフレーズが来ませんね。



1小節目(2:11~2:14)

ソロ出だしが、2拍違うと指摘した箇所ですね。
ただこのフレーズ、それでもなおとても美しいですけど。



2小節目(2:15~2:17)

2拍違う影響を受け、この小節は半拍休符の変なタイミングからフレーズが入っています。



3小節目(2:18~2:20)

2小節目のフレーズを下方(音を下げると言う事)にずらして、似たようなフレーズを弾いています。
この小節の入りも半拍休符のタイミングです。



4小節目(2:21~2:23)

やっと小節の頭に音が来て、気持ちよくなったところですが、小節の終わりのタイミングで、次の小節に続くフレーズがあります。
このタイミングも独特ですね。

こんなの、アドリブでやっちゃうんだ。
どんなタイム感覚なんでしょう?



5小節目-6小節目(2:24~2:32)

音が下がって行き、6小節目の頭で見事解決させます。
このフレーズからFマイナースケールにチェンジ。
ちなみに、フレーズはブルースっぽいのに、そう聞こえないところがオシャレですね。
マイナースケールも、使い方によっては暗い雰囲気になるのですが、全くそんなところはないです。

余談ですが、ギター・フレーズを聴いて、盛り上げるべく、ドラムのヴィニー・カリウタがシンバルを入れているのが素敵です。
ヴィニー・カリウタは、瞬時に曲を理解して合うようにドラミングするから、現在世界一のセッションドラマーと呼ばれているのです。



7小節目-8小節目(2:33~2:40)

音が上ってきて、ここから盛り上がるのか?と思わせる部分です。
しかしアラアラ・・・音が下がってっちゃったよ!



9小節目(2:41~2:43)

結局きれいに終わりきらず、蛇足的にフレーズをこの次の小節に加え、終わらせています。


このギター・ソロが好きか嫌いかと聞かれると、大好きです。
その一方で、ロベン・フォードがきちんと曲を理解しないまま、本能で弾いた感ありありで、全体として見るとちぐはぐです。
それを帳尻合わせたような感がありますね。
並みのギタリストながらグダグダになったでしょうが、ロベン・フォードの場合オシャレにスケールチェンジまでして、こんなに素敵に聞こえるなんて・・・誰も真似できないでしょう。

ロベン・フォードは、どっちかと言うと、プロのギタリストに熱烈なファンが多いです。
音がきれい、ギターが上手い、そして独特のフレーズ、本能のアドリブ・・・と言う魅力があると思います。
特に1980年代から、2000年代半ばまで、多くのライブでは神が降りたか・・・と言う凄いパフォーマンスでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A.食べ歩き A100.旬の料理 A1000.食材と調理法 A1001.食材と調理法(野菜) A1002.食材と調理法(青菜) A1006.食材と調理法(ソース) A101.印象に残った料理 A102.魅惑の中国料理 A1021.食材と調理法(料理/日本) A1023.食材と調理法(料理/フランス) A1025.食材と調理法(料理/インド) A103.魅惑のナポリ・ピッツァ A104.魅惑の南インド料理 A105.魅惑のコーヒー A106.レシピ A12.港区:虎ノ門・神谷町界隈 A2012.2012年に食べた料理ベスト3 A2013.2013年に食べた料理ベスト3 A2014.2014年に食べた料理ベスト3 A999.食文化その他 B.書評 B0001.小杉健治 B0002.東直己 B0003.ディック・フランシス B0004.佐々木譲 B0005.今野敏 B0006.越智春海 B0007.三上延 B0008.三浦しをん B4901.ススキノ便利屋探偵シリーズ B4902.隠蔽捜査シリーズ B4903.ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ B4904.まほろ駅前シリーズ B5001.検察者 B5002.探偵はバーにいる B5003.バーにかかってきた電話 B5004.利腕 B5005.笑う警官 B5006.向こう端にすわった男 B5007.探偵は吹雪の果てに B5008.隠蔽捜査 B5009.ビルマ決戦記 B5010.隠蔽捜査2 果断 B5011.探偵、暁に走る B5012.ビブリア古書堂の事件手帖 B5013.探偵はひとりぼっち B5014.ニューギニア決戦記 CINEMA.映画評論 CINEMA0001.探偵はbarにいる CM D.ドラマ H2011.2011年 競馬予想 H2012.2012年 競馬予想 H2013.2013年 競馬予想 H2014.2014年 競馬予想 H2015.2015年競馬予想 H3001.伝説の名レース H3101.平成三強物語 H3102.イナリワン H3103.オグリキャップ H3104.スーパークリーク H3105.平成三強物語外伝 H3106.チヤンピオンスター H3107.ヤエノムテキ H3108.タマモクロス H3109.サッカーボーイ H3110.フエートノーザン H3111.ロジータ H3601.トウケイニセイ H3602.ルージュバック H5011.2011年 海外競馬 H5012.2012年 海外競馬 H5013.2013年 海外競馬 H5014.2014年 海外競馬 H5015.2015年 海外競馬 H5016.2016年 海外競馬 H6011.2011年 地方競馬 H6012.2012年 地方競馬 H6013.2013年 地方競馬 H6014.2014年 地方競馬 H6015.2015年 地方競馬 H6016.2016年 地方競馬 H7011.競馬その他 H8014.2014年 JRA GⅠレース H8015.2015年 JRA GⅠレース H8016.2016年 JRA GⅠレース Music Music.AB'S Music.Airplay Music.Al Jarreau Music.Al Mckay Music.Allen Vizzutti Music.Bill Champlin Music.Boom Boom Satellites Music.Bootsy Collins Music.Boz Scaggs Music.Brian Auger Music.Buzz Feiten Music.Chick Corea Music.Chickenshack Music.David Foster Music.David Sanborn Music.Derek Trucks Music.Dis Bonjur a la Dame Music.Earth, Wind & Fire Music.FREESTYLE Music.Full Moon Music.Greg Mathieson Music.Herbie Hancock Music.Hummingbird Music.Jay Graydon Music.Jeff Beck Music.Jeff Porcaro Music.John Frusciante Music.John Mayer Music.Kayo Music.Larry Carlton Music.Larsen Feiten Band Music.Lee Ritenour Music.Linda Lewis Music.Marcus Miller Music.Max Middleton Music.Maze featuring Frankie Beverly Music.miwa Music.Neil Larsen Music.Nile Rodgers Music.Perfume Music.Queen Music.RADWIMPS Music.Red Hot Chili Peppers Music.Robben Ford Music.Russell Ferrante Music.Santana Music.Speedometer Music.Stanley Clarke Music.Stanley Jordan Music.Steely Dan Music.STEREO PLASTIC Music.Steve Lukather Music.T-Bone_Walker Music.TOTO Music.Vinnie Colaiuta Music.やまがたすみこ Music.上原ひろみ Music.在日ファンク Music.松原正樹 Music.梅津和時 O.その他 P1001.プロレス 節電情報