Music.Santana

2012年3月18日 (日)

Spirits dancing in the flesh / Santana

若い人にはギタリストで、カルロス・サンタナが好きな人は、少ないでしょうね。
インターネットで、良く、カルロス・サンタナって巧いんですか?みたいな書き込みを見ます。
でも、2003年「「ローリング・ストーン(誌)の選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」では15位に選ばれた人でもあります。
自分は好きなギタリストです。

自分の先輩に言わせると、バンドとしてのサンタナは、4枚目のアルバム、「Caravanserai」までが良くて、それ以降は売ろうとする商売気が見えて嫌いだそうです。
同じ事を言う人(皆年寄りw)も多いですね。

確かに、サンタナのアルバムセールスは、1969年から1972年にかけて1枚目から4枚目が1度目のピーク、一時低迷しますが、1976年「Amigos」がヒットします。
その後、再び低迷しますが、1999年「Supernatural」でグラミー賞を受賞しました。
低迷期が長いように感じるかも知れませんが、その間もそこそこ売れてはいました。

サンタナは、ロックにラテン音楽を持ち込んだ、初めてのバンドです。
しかしギタリストしてのカルロス・サンタナは、超絶テクニックの持ち主ではありません。

カルロス・サンタナのギターソロは、ほとんどが単音で、チョーキング、ハンマリング、プリング、スライドの基本テクニックが出来れば、弾けてしまうものです。
カルロス・サンタナはビブラートをしませんので、ビブラートが苦手な人(そんな人いるの?)なら、もってこいでしょう。
エレキギター初心者向けと言えます。
単にテクニックと言う点では、巧くはないです。
しかし、カルロス・サンタナのサウンドに迫ろうとすると、そんな単純な話ではありません。

カルロス・サンタナは、とにかくギターの音がいい!!
あんなナチュラルで綺麗な音が出せるなら、あとは何弾いてもいいってぐらい、音が良いです。
逆に聞きたいですが、ギターの音の良さだけで、興奮させられる人が、他にどれだけいますか?

カルロス・サンタナの1つの特徴に、シンセギター?って言うくらい、あり得ないほどのロングサスティン(つまり音が長く伸びる)があります。
これは、フィードバック奏法(奏法なのかw)のひとつの応用例ではありますが、それ以上にカルロス・サンタナはロングサスティンの出るギターに執着しています。

デビュー時は、ギブソンのレスポール、その後ヤマハSGの特別仕様(仏陀インレイのやつです)、現在はポール・リード・スミス(以後PRS)の特別仕様のギターです。
ヤマハサンタナモデルは、ロングサスティンを出すために、ただでさえ重たい通常のヤマハSGシリーズより、さらにボディが厚く激重だそうです。
PRSはボディが薄く軽そうですので、カルロス・サンタナも年ですし、重たいヤマハのサンタナモデルから、PRSに乗り換えてもしょうがないですね(笑)。
PRSではどうなのか知りませんが、ヤマハがサンタナモデルを作る際に、ピックアップ(ギターの音を拾うマイク)のコイルの巻き数まで、指定して来たそうです。
何が言いたいかというと、ギターのチョイスひとつ取っても、カルロス・サンタナの音なんて出せませんよと言う話。

カルロス・サンタナと言えば、泣きのギター。
カルロス・サンタナのピックは、大きな三角ベースピック。
ギター弾きなのに、大きくて扱いにくいベースピック。
中指を伸ばして、親指と挟んで引きます。
超絶に弾きにくいです。

大きいベースピックで、深くピッキングするからこそ、ギターの弦に対して、ピックの当たる面積が広くなります。
この超変態なピックと、ピックの持ち方が、あのサウンドの秘密の1つです。

自分が、カルロス・サンタナを好きな理由の1つが、シンプルなのにとても目立つフレーズを弾く事。
目立つと言うのは、音楽をしている人の多くが、思っている事。
ギターのテクニックは、ベーシックながら、フレーズの展開も、タイミングも大胆で、スリリング、エモーショナル。
アイデアマンで、実に省エネなフレーズだと言えます。

美しい音、個性的フレーズ、ロングサスティンと、他のギタリストにない魅力があります。

カルロス・サンタナは、若い頃も、ギターが上手かった訳ではありませんでした。
中には、「Caravanserai」以降、ギターが上手になったから、嫌いになったと言う人もいるほど(笑)。
しかし1990年代以降のライブは、明らかにパフォーマンスが落ち、ダメなライブは、とことんダメだったりします。

ジェフ・ベックは、今だにギターを弾くのが好きで好きでたまらないそうですが、カルロス・サンタナはレコーディングとか、ライブがなければ、弾かないそうです。
1990年代以降のライブのコンディションが悪いのは、つまりは、腕が衰えていると言う事ですね。

YouTubeにあるライブも、サンタナの代表曲、「Black Magic Woman(ブラック・マジック・ウーマン)」、「EUROPA(邦題:哀愁のヨーロッパ)」、「Samba Pa Ti (邦題:僕のサンバを聞いてくれ)」以外、良いライブはほとんどありません。
サンタナの曲には、他にも良い曲は一杯あるんですけどね。

「Full Moon」のライブ映像はありましたが、音質、画質とも悪過ぎ(涙)。
で、見つけたのがこの曲のライブ映像。

「Spirits dancing in the flesh」は、1990年発売のアルバムタイトルでもあり、アルバムの1曲目です。
アルバムバージョンは、記憶に残らず、あまり良い曲とは思いませんでした。
しかしこのライブは、カルロス・サンタナのギターの名演であり、こうして聞いて見ると、良い曲だったんですね。

さて曲に行きましょう。
可能なら、鼓膜が破れない程度に、大音量で聞いて下さい。
カルロス・サンタナの、こだわりのギターの音色のディティールが、聞き分けられます。

ライブ日時は正確に分かりませんが、恐らく「Spirits dancing in the flesh」の発売から、そう遠くない頃でしょう。
正確かどうか分かりませんが、その頃のサンタナのメンバーを以下に記します。
・Carlos Santana - Guitar
・Jorge Santana - Guitar
・Chester Thompson - Hammond B-3/Synth
・Myron Dove - Bass
・Rodney Holmes - Drums
・Raul Rekow - Percussion
・Karl Perazzo - Percussion
その他、ゲストも多数で、誰が誰やら・・・です(汗)。

最初のゆったりした雰囲気から、00:45からカルロス・サンタナのコードストローク、00:51ブレイクして、ドタバタパーカッション、テンポの良いラテンロックが始まります。
歌の後、01:06からキーボードのチェスター・トンプソンのオルガンソロ。
左手は、コルグのシンセサイザーで、エレクトリックピアノ(以後エレピ)の音色で、和音を弾いています。
自分は、Hammond B-3の使い手として、チェスター・トンプソンのプレイも好きですね。

01:44からカルロス・サンタナのギターソロ登場。
黄色のタイガーストライプのPRSのギターですね。
カルロス・サンタナはこれの色違いのブルーとか、グレーのモデルも持っています。
ギターにこだわるだけあって、きれいに歪んだ音だと思いませんか?
現在は分かりませんが、以前はアンプもメサ・ブギーのツインリバーブを使っていたと思います。
ギターの音は、アンプも大きな要因です。
録音の音が、少し固いのが残念です。

01:57からのフレーズはカルロス・サンタナらしい、ドラマチックなフレーズです。
こんなフレーズを弾くと、カルロス・サンタナの真似だと言われるので、弾けても誰も真似出来ないですよね。
02:04のチョーキングの音の泣かせ方も、良い意味でクサいです。
ここから02:16まで、カルロス・サンタナらしいフレーズのオンパレードです。

02:26からギターの音色が変わりますが、ギターのワウワウペダル(ギターのトーンを変化させるもの)とディレイ(エコー)の組み合わせです。
これも、カルロス・サンタナ定番の音色です。
02:35まで、この音色で、トリッキーなフレーズを弾きます。

02:36から、元の音色に戻り、独特のクサいフレーズを弾きます。
02:51からユニゾンで、02:54から独特のドラマチックなフレーズ。
03:04から、このフレーズって、正確に譜面に出来ないような、微妙なタイミング弾きますね。

03:07いつの間にか歌が入って来て、ギターソロはいったん終了。
03:32から再びチェスター・トンプソンのオルガン/シンセソロ。
先ほどとは異なり、右手でシンセ、左手でオルガンを弾いています。
シンセの音色は、ウインド系(サックやクラリネットオーボエ)の、息が聞こえるような音色ですね。

03:47からギターとオルガン/シンセソロの掛け合い。
04:31には両者がごった煮状態で、盛り上がりエンディング。

どうでしょうか?サンタナのプレイに、盛り上がれましたか?

http://www.youtube.com/watch?v=dV-jewqeGnI&feature=player_embedded

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A.食べ歩き A100.旬の料理 A1000.食材と調理法 A1001.食材と調理法(野菜) A1002.食材と調理法(青菜) A1006.食材と調理法(ソース) A101.印象に残った料理 A102.魅惑の中国料理 A1021.食材と調理法(料理/日本) A1023.食材と調理法(料理/フランス) A1025.食材と調理法(料理/インド) A103.魅惑のナポリ・ピッツァ A104.魅惑の南インド料理 A105.魅惑のコーヒー A106.レシピ A12.港区:虎ノ門・神谷町界隈 A2012.2012年に食べた料理ベスト3 A2013.2013年に食べた料理ベスト3 A2014.2014年に食べた料理ベスト3 A999.食文化その他 B.書評 B0001.小杉健治 B0002.東直己 B0003.ディック・フランシス B0004.佐々木譲 B0005.今野敏 B0006.越智春海 B0007.三上延 B0008.三浦しをん B4901.ススキノ便利屋探偵シリーズ B4902.隠蔽捜査シリーズ B4903.ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ B4904.まほろ駅前シリーズ B5001.検察者 B5002.探偵はバーにいる B5003.バーにかかってきた電話 B5004.利腕 B5005.笑う警官 B5006.向こう端にすわった男 B5007.探偵は吹雪の果てに B5008.隠蔽捜査 B5009.ビルマ決戦記 B5010.隠蔽捜査2 果断 B5011.探偵、暁に走る B5012.ビブリア古書堂の事件手帖 B5013.探偵はひとりぼっち B5014.ニューギニア決戦記 CINEMA.映画評論 CINEMA0001.探偵はbarにいる CM D.ドラマ H2011.2011年 競馬予想 H2012.2012年 競馬予想 H2013.2013年 競馬予想 H2014.2014年 競馬予想 H2015.2015年競馬予想 H3001.伝説の名レース H3101.平成三強物語 H3102.イナリワン H3103.オグリキャップ H3104.スーパークリーク H3105.平成三強物語外伝 H3106.チヤンピオンスター H3107.ヤエノムテキ H3108.タマモクロス H3109.サッカーボーイ H3110.フエートノーザン H3111.ロジータ H3601.トウケイニセイ H3602.ルージュバック H5011.2011年 海外競馬 H5012.2012年 海外競馬 H5013.2013年 海外競馬 H5014.2014年 海外競馬 H5015.2015年 海外競馬 H5016.2016年 海外競馬 H6011.2011年 地方競馬 H6012.2012年 地方競馬 H6013.2013年 地方競馬 H6014.2014年 地方競馬 H6015.2015年 地方競馬 H6016.2016年 地方競馬 H7011.競馬その他 H8014.2014年 JRA GⅠレース H8015.2015年 JRA GⅠレース H8016.2016年 JRA GⅠレース Music Music.AB'S Music.Airplay Music.Al Jarreau Music.Al Mckay Music.Allen Vizzutti Music.Bill Champlin Music.Boom Boom Satellites Music.Bootsy Collins Music.Boz Scaggs Music.Brian Auger Music.Buzz Feiten Music.Chick Corea Music.Chickenshack Music.David Foster Music.David Sanborn Music.Derek Trucks Music.Dis Bonjur a la Dame Music.Earth, Wind & Fire Music.FREESTYLE Music.Full Moon Music.Greg Mathieson Music.Herbie Hancock Music.Hummingbird Music.Jay Graydon Music.Jeff Beck Music.Jeff Porcaro Music.John Frusciante Music.John Mayer Music.Kayo Music.Larry Carlton Music.Larsen Feiten Band Music.Lee Ritenour Music.Linda Lewis Music.Marcus Miller Music.Max Middleton Music.Maze featuring Frankie Beverly Music.miwa Music.Neil Larsen Music.Nile Rodgers Music.Perfume Music.Queen Music.RADWIMPS Music.Red Hot Chili Peppers Music.Robben Ford Music.Russell Ferrante Music.Santana Music.Speedometer Music.Stanley Clarke Music.Stanley Jordan Music.Steely Dan Music.STEREO PLASTIC Music.Steve Lukather Music.T-Bone_Walker Music.TOTO Music.Vinnie Colaiuta Music.やまがたすみこ Music.上原ひろみ Music.在日ファンク Music.松原正樹 Music.梅津和時 O.その他 P1001.プロレス 節電情報