Music.T-Bone_Walker

2011年10月27日 (木)

Don't Throw Your Love On Me So Strong / T-Bone Walker

今回は物凄く古い曲、Tボーン・ウォーカーの「Don't Throw Your Love On Me So Strong」を紹介します。
もしもブルース好きなら、めちゃくちゃ有名で、ベタな選択なんですけど、とりあえず、あまりブルースを知らない方向けに・・・と言う事で。
ちなみに自分も、そんなにむちゃくちゃブルースが詳しいわけじゃありませんよ。

Tボーン・ウォーカーは、モダン・ブルース・ギターの父と言われ、ブルースに初めてエレキギターを持ち込んだ人です。
ブルース、ロック、ジャズを含め、音楽史上、この人いがいなかったら、その後の音楽は今のようではなかったろう・・・と思う、偉大なミュージシャンがいますが、Tボーン・ウォーカーは間違えなくその1人です。

1910年生まれ、1929年に、Oak Cliff T-Bone名義で初めてレコーディングをし、その後1940年代から1950年代に、さまざまなジャズ楽団と共演して、人気を博します。
1942年に発売されたソロシングル、「Mean old World」の頃から、エレキギターを使い出した。
それまでギターは、大音量が出ないため、楽団との共演が出来ませんでした。
エレキギターは、ギターの音をピックアップ(マイクみたいなもの)で拾い、ギターアンプで大音量で鳴らす事が出来ますので、ジャズ楽団との共演を可能にしました。

ジャズ楽団との共演の傍ら、ソロアルバムを出しました。
それまで、テクニックより、フィーリングで勝負していた、泥臭いブルースに、ジャズの洗練した空気をブルースにも持ち込みました。
1950年代半ばから、アルバムリリースが途絶え、1960年代には、しばしば体調不良で活動休止となったが、1971年までには復活、その年「Good Feelin'」でグラミー賞を受賞した。

Tボーン・ウォーカーは、現代の生ける伝説のブルース王、B.Bキングの大先輩で、それどころか、デビュー当初のB.Bキングは、かなりフレーズにTボーン・ウォーカーの影響を見てとれます。

現在では、ブルースが好きなミュージシャンで、B.Bキングをリスペクトしていない人は、ほとんどいないほどです。
例えば、ここで取り上げたミュージシャンでも、ロベン・フォードラリー・カールトン、他で言うなら、ギターの神様、エリック・クランプトン等々、偉大なミュージシャン多数。

B.Bキングは言うに及ばず、ブルースの3大キングの他の2人、フレディ・キングアルバート・キングもTボーン・ウォーカーの影響を受けていますし、元祖ロックンロール、チャック・ベリー等々、枚挙にいとまがありません。

Tボーン・ウォーカーは、頭の後ろにギターを乗せて弾いたり、歯でギターを弾いたりしましたが、これは後にロックギターの革命児、ジミ・ヘンドリックスが真似をしました。

少なくとも、誰かがポピュラー音楽史を書いたとして、Tボーン・ウォーカーは、大きく扱わざるを得ないと言う事が、お分かり頂けますでしょうか?

さて曲に行きましょう。
この「Don't Throw Your Love On Me So Strong」の映像は、1962年のアメリカン・フォーク・ブルース・フェスティヴァルでのものです。
この曲は不思議な事に、1961年に発売してヒットした、アルバート・キングの曲です。
どうして、Tボーン・ウォーカー自身が書いた曲を演奏しないんでしょうね?それほど、この曲が気に入ったのでしょうか?
ブルースでは、スタンダードナンバーと化していて、多くのミュージシャンがカバーしています。

まず、ギターを弾く者なら、その変わったストラップ肩へのかけ方に驚くでしょう。
弾きにくいんじゃないか?・・・このストラップのかけ方、ギター位置なら、手首を激しく曲げなければならず、ギター位置が一定せず、恐らく、弾きにくいでしょうね。

このストラップのかけ方だと、頭の後ろには乗せやすいでしょう(笑)。

ギター全般に、大した早弾きもなく、音符を拾う事は難しくありません。
恐らく、がんばれば、どんな人でもこの曲が弾けるようになります。
しかし、Tボーン・ウォーカーのような味が出せるかと言えば、全然別の話ですね。

フレーズのタメ、もたりは、ある意味意識して弾いているもので、音の強弱と相まって、逆に言えばこれがメロディの歌わせ方、味と言えます。
ただ音符を弾けても、メロディが歌わなく、味がなくては意味がありません。

イントロが1分半!?長いでしょうか?
ブルースでは、こう言うの珍しくありません。もっと長いのもありますよ。
自分は、このイントロのギターだけで、ハートを掴れちゃいますね。
オープニングのストロークのインパクトに対し、0:10から静かにイントロが始まります。
ギターに絡むピアノのフレーズが素敵ですね。
ギターのフレーズを聴きながら、アドリブなんですが、時々ギターソロとかぶるので、笑ってしまいます。
0:46と1:25くらいからのⅤ7コードのフレーズは、ブルース定番の解決のフレーズです。
※解決のフレーズとは、曲のつなぎに使われるⅤ7コードに対して、次のフレーズに移行するフレーズを言います
1:05から、音符に出来ないようなもたりや、タメ・・・歌わせ方が素晴しいです。

Tボーン・ウォーカーの歌ですが、味があって素晴しいですね。
ギターばかりでなく、タメたり、本当にリズム感がしっかりしているんですね。

歌の合間のギターも、素晴しいです。2:17からのフレーズは、Tボーン・ウォーカー定番の手クセです。

2:48からの間奏のギターソロは、まず派手にコードストロークから始まるのに、ビックリです。
3:02に、急に弱く弾き、この静と動の使い分けがニクイですね。
そして、もたったかんじの、フレーズの歌わせ方も素晴しいです。
3:14からクロマティックに、同じフレーズの繰り返しで、音程をトリッキーに上げ下げしてますね。
・・・と思ったら、解決のフレーズ。非調和から調和へのドラマチックな移行。

どうでしょうか?単純に、ギターとして学ぶべき点は多いですし、それより何より、今でもいぶし銀のように輝く曲なのではないでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A.食べ歩き | A100.旬の料理 | A1000.食材と調理法 | A1001.食材と調理法(野菜) | A1002.食材と調理法(青菜) | A1006.食材と調理法(ソース) | A101.印象に残った料理 | A102.魅惑の中国料理 | A1021.食材と調理法(料理/日本) | A1023.食材と調理法(料理/フランス) | A1025.食材と調理法(料理/インド) | A103.魅惑のナポリ・ピッツァ | A104.魅惑の南インド料理 | A105.魅惑のコーヒー | A106.レシピ | A12.港区:虎ノ門・神谷町界隈 | A2012.2012年に食べた料理ベスト3 | A2013.2013年に食べた料理ベスト3 | A2014.2014年に食べた料理ベスト3 | A999.食文化その他 | B.書評 | B0001.小杉健治 | B0002.東直己 | B0003.ディック・フランシス | B0004.佐々木譲 | B0005.今野敏 | B0006.越智春海 | B0007.三上延 | B0008.三浦しをん | B4901.ススキノ便利屋探偵シリーズ | B4902.隠蔽捜査シリーズ | B4903.ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ | B4904.まほろ駅前シリーズ | B5001.検察者 | B5002.探偵はバーにいる | B5003.バーにかかってきた電話 | B5004.利腕 | B5005.笑う警官 | B5006.向こう端にすわった男 | B5007.探偵は吹雪の果てに | B5008.隠蔽捜査 | B5009.ビルマ決戦記 | B5010.隠蔽捜査2 果断 | B5011.探偵、暁に走る | B5012.ビブリア古書堂の事件手帖 | B5013.探偵はひとりぼっち | B5014.ニューギニア決戦記 | CINEMA.映画評論 | CINEMA0001.探偵はbarにいる | CM | D.ドラマ | H2011.2011年 競馬予想 | H2012.2012年 競馬予想 | H2013.2013年 競馬予想 | H2014.2014年 競馬予想 | H2015.2015年競馬予想 | H3001.伝説の名レース | H3101.平成三強物語 | H3102.イナリワン | H3103.オグリキャップ | H3104.スーパークリーク | H3105.平成三強物語外伝 | H3106.チヤンピオンスター | H3107.ヤエノムテキ | H3108.タマモクロス | H3109.サッカーボーイ | H3110.フエートノーザン | H3111.ロジータ | H3601.トウケイニセイ | H3602.ルージュバック | H5011.2011年 海外競馬 | H5012.2012年 海外競馬 | H5013.2013年 海外競馬 | H5014.2014年 海外競馬 | H5015.2015年 海外競馬 | H5016.2016年 海外競馬 | H6011.2011年 地方競馬 | H6012.2012年 地方競馬 | H6013.2013年 地方競馬 | H6014.2014年 地方競馬 | H6015.2015年 地方競馬 | H6016.2016年 地方競馬 | H7011.競馬その他 | H8014.2014年 JRA GⅠレース | H8015.2015年 JRA GⅠレース | H8016.2016年 JRA GⅠレース | Music | Music.AB'S | Music.Airplay | Music.Al Jarreau | Music.Al Mckay | Music.Allen Vizzutti | Music.Bill Champlin | Music.Boom Boom Satellites | Music.Bootsy Collins | Music.Boz Scaggs | Music.Brian Auger | Music.Buzz Feiten | Music.Chick Corea | Music.Chickenshack | Music.David Foster | Music.David Sanborn | Music.Derek Trucks | Music.Dis Bonjur a la Dame | Music.Earth, Wind & Fire | Music.FREESTYLE | Music.Full Moon | Music.Greg Mathieson | Music.Herbie Hancock | Music.Hummingbird | Music.Jay Graydon | Music.Jeff Beck | Music.Jeff Porcaro | Music.John Frusciante | Music.John Mayer | Music.Kayo | Music.Larry Carlton | Music.Larsen Feiten Band | Music.Lee Ritenour | Music.Linda Lewis | Music.Marcus Miller | Music.Max Middleton | Music.Maze featuring Frankie Beverly | Music.miwa | Music.Neil Larsen | Music.Nile Rodgers | Music.Perfume | Music.Queen | Music.RADWIMPS | Music.Red Hot Chili Peppers | Music.Robben Ford | Music.Russell Ferrante | Music.Santana | Music.Speedometer | Music.Stanley Clarke | Music.Stanley Jordan | Music.Steely Dan | Music.STEREO PLASTIC | Music.Steve Lukather | Music.T-Bone_Walker | Music.TOTO | Music.Vinnie Colaiuta | Music.やまがたすみこ | Music.上原ひろみ | Music.在日ファンク | Music.松原正樹 | Music.梅津和時 | O.その他 | P1001.プロレス | 節電情報